パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『抗酸化物質を摂取すると体が錆びる!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

 

みなさんは抗酸化物質と聞くと、健康に良いというイメージをお持ちになるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ビタミンC,ポリフェノール、フラボノイド・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

この抗酸化物質といわれるものをサプリのように慢性摂取するとどうなるかという興味深い研究が報告されています(J Biol Chem. 2019 Feb 15;294(7):2340-2352)。

 

 

 

 

 

 

 

脂肪細胞を用いて、N-アセチルシステイン(去痰剤としても使用されている)、ビタミンE,グルタチオンといった抗酸化物質と言われる物質を作用させています。

 

 

 

 

 

 

その結果は驚くべきものでした・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

なんとミトコンドリア活性酸素ROS)が著明に増加したのです。

 

 

 




活性酸素が過剰に産生されるとどうなるのでしょう?

 

 

 

 

 

近傍にあるプーファと鉄と反応するのでしたね(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

活性酸素は、元はといえば、電子のフローが渋滞し、その自由電子が酸素と反応してできたものです。この活性酸素の発生自体は、酸素と電子の反応であり、これを「酸化」といいます。

 

 

 

 

 

 

このあと酸化で発生した活性酸素が、プーファと鉄と反応して、生命場を破壊するアルデヒドを発生させることが、”真の酸化”なのです。

 

 

 

 

 

つまり、「抗酸化物質が酸化作用をもたらしたということですね(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

しかも、抗酸化物質は組織周囲の酸素濃度を低下させた(つまり、発生した活性酸素が酸素を消費した)ために、脂肪細胞は低酸素状態になり、乳酸を産生する羽目になりました(病気の代謝シックネス・メタボリズム)。

 

 

 

 

 

 

 

脂肪細胞で活性酸素が増加することで、II型糖尿病の特徴であるインシュリン抵抗性になることは、拙著『慢性病は現代食から』に詳述しています。

 

 

 

 

 

この脂肪細胞のインシュリン抵抗性からリポリシスが起こり、全身に炎症は波及してきます(『病はリポリシスから』)

 

 

 

 

 

 

 

抗酸化物質とよばれる物質は、慢性摂取すると活性酸素を増加させて、全身に炎症を引き起こして現代病(慢性病)を引き起こすのです。

 

 

 

 

 

 

これが慢性病の原因(還元状態=抗酸化状態)を端的に例示するものです。

 

 

 

 

 

 

 

抗酸化物質の投与によって活性酸素がたくさんできる”状態”をもたらすことを「還元ストレス」と命名し、理解がスムーズになるように読み解きました(^_-)-

 

 

 

 

 

 

 

これは、活性酸素がたくさんできる状態では、細胞内は還元状態(アルカリ性)になっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

細胞内は元々は酸性でキープされているので、これがアルカリ性になると非常に強いストレスになります。酵素などすべての活動がストップします・・・・・・

 

 

 

還元ストレスが、糖尿病などのメタボ、リウマチなどの自己免疫疾患、心臓疾患、アルツハイマー病などの脳変性疾患やガンの直接的原因であることは、ようやくサイエンスでも言及されるようになってきました。

 

 

 

 

 

抗酸化物質、植物性~という言葉を聞くと、私は黄色信号(いやレッドかも知れません(#^.^#))が点滅します・・・・・

 

 

 

 

 

 

酸化・還元については、まだ語られていない本質的な話をウエルネスラジオ5/31でも詳しくお伝えしていきますね(#^.^#)

https://holistetique-vanilla.com/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA?fbclid=IwAR0uzaaV0QaMJknvYQ-0oQZoTirAmtD0GLMZddMImlTBqvrg4qBoTX8P1KQ

 

『なぜ田舎の方が不健康なのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

 

日本に居るときは、仕事や日常生活で煮詰まると、山に散策にいくとしています。

 

 

 

 

 

 

緑(森)がたくさんある山に行くと、本当に心身が静まりますね。

 

 

 

 

 

しかし、森を散策していても、自分の感情や思考に囚われていると、景色さえ目に入っていないことに最近は気づきます。山の一本一本の木々の様相をしっかり観て感じるように努めています(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

さて、緑が日常的に周囲に拡がっている田舎に住んでいる人はさぞかし健康だろうと想像するのですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

以前もお伝えしたことがあるのですが、ちょっと逆の傾向が出ています。

 

 

 

 

 

 

最新の研究で、この田舎に住んでいる人の方が都会に住んでいる人よりも肥満傾向になっているという現象が、なんと世界規模で認められるということが発表されました(Nature volume 569, pages260–264 (2019))。

 

 

 

 

日本でもその傾向があるように思います。透析の導入率も田舎の九州地方が最も高いというデータも出ています。。。。。

 

 

 

 

 

その原因として、

 

 

・田舎の方が食料の質が悪い(良いものは都会に向けて配送される)

 

・コンビニ、ファストフードやジャンクフードは、田舎にも浸透している。

 

・田舎の方が教育・経済レベルが低い。

 

・田舎は車で移動することが多い(身体活動も低くなっている)etc.

 

などが挙げられています。

 

 

 

私は以前から、田舎の人の「健康に対する意識の低さ」が問題だとお伝えしてきました。

 

 

 

 

 

 

これは、田舎の人は自然に恵まれた環境に育っているから鋭敏に健康に意識が向かないのかも知れません

 

 

 

 

 

 

 

都会のようにあまりよくない環境に居ると、自然と体調も悪くなるために健康に意識が向くこともあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ただし、都会に住んでいた人が田舎に移住するのは、意識があってのことですので、これは例外です。

 

 

 

 

 

 

 

私はそれ以外にも、かなり都会の汚染物が田舎に流れているのも大きな原因になっているのではないかと考えています。

 

 

 

 

 

 

都会の電力のために建設したとしている原発も田舎にあります。

 

 

 

 

 

日本は放射能汚染(意図的に全国に拡大している)が深刻ですが、それ以外にもいわゆる環境ホルモンとよばれる発ガン物質の水質・海洋汚染も大きな問題です。中国からのPM2.5もありますね( ;∀;)

 

 

 

 

このような環境汚染が都会、田舎区別なく拡大している現状では、よりセンシティブでない田舎の人の方が不利な状況に追い込まれているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

世界に目を移すと、いわゆる発展途上国の方が環境汚染は深刻です。

 

 

 

 

 

これは先進国といわれる諸国の工場となり、様々な汚染を押し付けられているからですね。

 

 

 

 

 

戦後の昭和の日本も、その一端を担っていたため、私が小学生だったころは、「光化学スモッグ」警報がよく鳴っていました。

 

 

 

 

 

 

その先進国や都会から押し付けられた汚染に対して、経済的にも豊かでない発展途上や田舎の人たちには対抗する手立てがありません。

 

 

 

 

世界中に環境汚染と不健康が拡大した現代社会は、もう逃げ場がないところまで追い込まれているのかも知れません。

 

 

 

 

 

しかし、この極まった状況こそが、私を突き動かしています。

 

 

 

 

私たち生命体は、困難の状況こそが活動の原動力(発明の母)ともなるのではないでしょうか(^_-)-☆。

『早く死にたければ朝食を抜くこと!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

みなさんは、朝食を毎日欠かさず摂取されているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

朝は出勤等の身支度で時間がないので、コーヒーだけという人もおられるようです。

 

 

 

 

 

私は、夜中にお腹が空いて目が覚めると、必ずハチミツ、ショ糖やフルーツジュースを摂取するくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

朝食を抜くなんてことは、私からすると考えられないことです・・・・・(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

さて、今回朝食を抜く人と毎日欠かさず摂取する人とを比較した観察研究の結果が報告されています(J Am Coll Cardiol. 2019 Apr 30;73(16):2025-203)。

 

 

 

 

 

その結果は予想どおり(^^♪。

 

 

 

 

 

 

朝食をスキップする人は、毎日摂取する人より、全死亡率は19%上昇しました。

 

 

 

 

 

 

 

とくに心筋梗塞脳卒中などの心臓血管疾患による死亡に関しては、倍近くの87%も上昇したという結果でした。

 

 

 

 

 

 

相変わらず、この論文では、この原因を「昼食、間食などの過食につながる」というような訳のわからない理由でもって、死亡率の増加を説明していました(;^_^A

 

 

 

 

 

 

朝食をスキップすることで、より肥満になる可能性があると言いたいのでしょう・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、起床時にはかなりの低血糖になっています。

 

 

 

 

 

 

特に現代人は、肝臓、腎臓などの糖のストックが少ない状態にあります。

 

 

 

 

 

 

寝ている間は、断食(ファスティング)を同じ状態ですが、私たちの身体は休まずに働いています。

 

 

 

 

 

 

特に脳は、最大の栄養摂取器官で、寝ている間も休まずに働いています。

 

 

 

 

 

 

これは、睡眠のときの脳波の活動を見れば、決して脳が睡眠のときに休んでいる訳ではないことが理解できます。

 

 

 

 

 

それにも関わらず、ファスティングしている訳ですから、この間は、糖のストックを放出して脳に運ぶ以外に手段がないのです。

 

 

 

 

 

 

そのストックも使い果たした時間帯が、夜中~起床時です。

 

 

 

 

 

ところが、現代人の多くは起床時までその糖のストックが持ちこたえられません。

 

 

 

 

 

 

その結果が何が起こるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

低血糖ストレス」。

 

 

 

 

 

生命体最大の危機が訪れます・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

そのため、私たちの体のタンパク質や脂肪を砕いて、糖に変換するしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、朝方~起床時には、私たちの心身は極度のストレス状態になっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、「糖が補給できる!」と起きても、朝食をスキップしたら・・・・・

 

 

 

 

 

それは冬眠から覚めたクマのプーさんが、ハチミツをスキップするようなもの(^^♪。

 

 

 

 

 

 

よりストレスが強くなり、ストレスホルモンの過剰分泌を慢性的に招く結果となるのですね。

 

 

 

 

 

当然、心臓血管疾患だけでなく、糖尿病などのメタボ、ガン、リウマチ、SLEなどの自己免疫疾患、アルツハイマーパーキンソン病などの脳変性疾患への赤い絨毯を引き詰めることになります。

 

 

 

 

 

 

したがって、早く死にたければ、何もヒ素を毎日摂取しなくても、朝食を抜くだけで十分なのです(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

私は、起きたらすぐにココナッツオイルで口をリンスして、すぐに糖質を補給してから、朝食を作って食べています(^_-)-☆。

『ショ糖で脳が破壊される??』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

重症感染症のまたの名を敗血症(はいけつしょう、sepsisといいます。

 

 

 

 

 

敗血症では約1/3は血圧が低下してショック状態(副交感神経過剰刺激)に陥ります。

 

 

 

 

 

そして・・・・・・

 

 

 

一度ショック状態に陥るとその半数は死亡します。

 

 

 

 

 

運よくこのショック状態から回復したとしても、一部の人に記憶障害などの脳機能障害が起こることが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回この記憶障害の原因と突き止めたとする研究論文が発表されています(J Clin Invest. 2019 Apr 1;129(4):1779-1784)。

 

 

 

 

 

 

敗血症によって、全身に激しい炎症が起きます。

 

 

 

 

 

そうすると・・・・

 

 

 

 

 

血管を裏打ちする細胞から、複合糖質体である硫酸ヘパラン(グルコサミノグライカン)が血管中に放出されます。

 

 

 

 

 

この硫酸ヘラパンは細胞と細胞をつなぐ間質(かんしつ)の主要な成分であり、炎症が起こる(=糖のエネルギー代謝が低下する)と「炎症ゴミ」になることを拙著『新・免疫革命』でお伝えしたしました。

 

 

 

 

 

 

この血液中に放出された硫酸ヘパランは、脳に入って、記憶に関与するタンパク質(脳由来神経成長因子、BDNF)と結合してその機能を変性させてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

このことによって、認知という脳の機能がダメ―ジを受けるということのようです。

 

 

 

 

 

一般に激しい炎症が起こると、間質も破壊されて硫酸ヘパランが放出されます。

 

 

 

 

 

この硫酸ヘパランが「炎症ゴミ」として認識されると、全身の間質に炎症が起こることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身の細胞と細胞の間の結合(膠、にかわ)に炎症が引き起こされる・・・

 

 

 

 

 

 

これを膠原病(こうげんびょう)というのでした。

 

 

 

 

 

自己免疫疾患とほぼイコールの言葉です。

 

 

 

 

 

 

実は、この研究論文を引用した記事の題名が悪辣(あくらつ)でした。

 

 

 

 

 

「ショ糖(sugar)が敗血症のあと脳に入ることで記憶がなくなる」という題目です。

 

 

 

 

 

私も最初はこの記事の題名を見てびっくりしました・・・(;^_^A

 

 

 

 

 

正しくは「硫酸ヘパラン」という細胞間質の糖複合体(炎症ゴミとなり得る)が脳に入るのであって、シュガー(砂糖、ショ糖)が脳に入るのではありません。

 

 

 

 

 

 

この記事の題名だけを見た人は、「糖は脳に悪い」という印象だけを受け取ってしまいかねませんよね(^_-)-


『アトピ―性皮膚炎を改善させるポカポカ日光浴(^_-)-☆』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

みなさんは皮膚に湿疹ができたご経験はありますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

私は4年前に手足に生涯初めて、激烈な痒みを伴う湿疹ができました。典型的な成人型アトピ―性皮膚炎です。

 

 

 

 

 

 

拙著『オメガ3の真実』にも書きましたが、私の場合は植物油脂もさることながら、オメガ3のカプセルを長年摂取してきたツケが回ってきました。

 

 

 

 

 

 

その当時の経験はいまでも鮮明に覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、日光浴がアトピ―性皮膚炎を予防するという興味深い研究が報告されています(J Allergy Clin Immunol 2019; 143:1012-1020.e2)。

 

 

 

 

 

 

新生児195人を生後6カ月までビタミンDを内服するグループ400IU/日)またはプラセボ群にランダムに割り付け、生後6カ月の湿疹発症率・喘鳴発症率・免疫機能を比較した臨床試験です。

 




 

 

その結果は・・・・


 

 

 

ビタミンDの血液濃度と湿疹の発症率には関係がなかったというものでした。

 

 

 




しかし・・・・

 

 

 

 

 

 

 

アトピ―性皮膚炎(湿疹)を発症した乳児は、発症しなかった乳児よりも紫外線曝露量が少なかったことが分かりました(対象のうち86人は紫外線(290380nm)曝露量を測定できる線量計を身に着けていた)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この研究では、アトピ―性皮膚炎(湿疹)の改善は、ビタミンDではなく、紫外線量と関係していたという結論です。

 

 

 

 

 

 

 

 

通常であれば、紫外線はビタミンDの合成を促進しますから、紫外線が多いほどビタミンD濃度は高くなるはずです。

 

 

 

 

 

しかし、この研究ではそうなってはいません。

 

 

 

 

 

 

 

それは、ビタミンD合成能は、個々の乳児の糖のエネルギ代謝(ビタミンD合成には体内産生コレステロールが必要)に依存しているからであり、紫外線量に依存しているのではないからです。

 

 

 

 

 

 

糖のエネルギ代謝が高いほど、ビタミンD合成能が高くなります。

 

 

 

 

 

 

そして、紫外線量が多いということは、紫外線がダイレクトに影響していることを意味しているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

紫外線量が多いということは、それだけ太陽光を浴びているという証拠です。

 

 

 

 

 

 

太陽光には紫外線以外の可視光線波長や赤外線があります。

 

 

 

 

 

私は、湿疹があった時に、紫外線が強い時間に日光浴を何度か行いましたが、いずれも湿疹部がより痒くなりました。

 

 

 

 

 

 

これは紫外線が皮膚のプーファと反応するからです(拙著『病はリポリシスから』参)。

 

 

 

 

 

おそらく紫外線以外の太陽光の波長がアトピ―性皮膚炎(湿疹)を予防したと解釈するのが妥当でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光がアトピー性皮膚炎だけでなく、あらゆる慢性疾患に有効であることは、現代医学の研究によらずとも、古(いにしえ)の書物からも伺うことができます(^_-)-

 

 

 

 

 

 

むしろ有害な反応を引き起こす可能性のある紫外線量が多くない時間帯に日光浴(ポカポカ日光浴)することが、アトピー性皮膚炎だけでなく、リウマチ、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患、糖尿病などのメタボだけでなく、ガンにも有効です(^_-)-☆。

 

『「ケトン食」とはどのような食事か?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

 

みなさんは、いまだに糖質制限食が体に良いと思っておられるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

私がここ6年間に、「低炭水化物食が最も危険だ」と根気強くお伝えしてきたことが、徐々に認識されるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

しかし、ケトン食という高脂肪食も糖質制限とまったく同じ食事法であるという認識はまだ薄いようです。。。。。

 

 

 

 

 

 

今回、同じ摂取カロリー(isocaloric)で、通常の食事とケトン食を4週間トライして比較した臨床試験が報告されています(Obesity (Silver Spring). 2019 May 8)。

 

 

 

通常の食事は、

・炭水化物50%、タンパク質15%、脂肪35

 

 

 

ケトン食は、

・炭水化物5%、タンパク質15%、脂肪80

 

 

の組成です。

 

 

これを見ても分かるとおり、糖質制限食とケトン食は、ほとんど同じです(糖質制限ではタンパク質量が少し多いという違いのみ)。

 

 

 

 

 

さて、その結果は・・・・・

 

 

 

 

 

ケトン食のグループで、血液中のストレスおよび炎症の指標である、ケトン体、遊離脂肪酸、グリセロール、アディポネクチン、C反応性タンパク質が著明に上昇しました。

 

 

 

 

 

 

 

拙著や基礎医学シリーズでお伝えした通りですね(*^^*)

 

 

 




そしてそのストレスに反応してLDLコレステロール(抗ストレス物質)も上昇していました。

 

 

 

 

 

 

そして、ケント食ではインシュリン値が低下したため、リポリシスが起こっています(病はリポリシスから(^_-)-。また炎症を低下させる中性脂肪も低下しています。

 

 

 

 

 

 

 

このケトン食が引き起こす私たちの体のストレス反応は、今までお伝えしたように糖質制限食と同じです。

 

 

 

 

 

 

実際に精神的・環境ストレスによって放出されるストレスホルモンによる影響とまったく同じ結果になっています。

 

 

 

 

 

 

 

ケトン食は治療食などではなく、私たちに多大なストレスを与える食事法であることはサイエンスが証明しています(^_-)-

 

 

 

 

 

短期間では、ストレス対応するエネルギーが残っていれば、何とか対処できるかも知れません(樽理論)。

 

 

 

 

 

 

この場合、「ケトン食で良くなった」と勘違いするのですね。

 

 

 

 

 

 

 

いやいやギリギリのラインでストレス対応できているだけです・・・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

しかし、長期間このような極端な食事を行うとエネルギーが枯渇し、確実にがん、糖尿病、関節リウマチ、SLEなどの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー疾患、アルツハイマーのような神経変性疾患になるのは間違いありません(^^♪。


「慢性病は現代食(高脂肪食=高プーファ食)から」です(^_-)-☆。

 

 

 

 

『抗酸化物質はがんを増大させる!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

医学および一般健康常識が真実と真逆であることが往々にしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

その一つが「抗酸化物質」の健康効果です(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

それには「活性酸素悪玉説」が根底にあります。

 

 

 

 

 

 

活性酸素が悪玉なら、それを処理する抗酸化物質は健康に良いということになりますね。

 

 

 

 

 

 

しかし・・・・

 

 

 

 

 

 

水素、ビタミンC,ビタミンE(カロテン), アセチルシステイン・・・・

 

 

 

 

 

 

今までたくさんの抗酸化物質のサプリメントが、がんや糖尿病などの慢性病に試されましたが、ほとんどが失敗に終わっています(;^_^A

 

 

 

 

 

臨床研究では逆に肺がんなどを増加させたこともあり、テスト自体が途中で中止されるという過去がありました。

 

 

 

 

 

 

動物実験でも、抗酸化物質はがんを増大させることが度々報告されています(Science. 2014 Jan 31;343(6170):477)(Sci Transl Med. 2015 Oct 7;7(308):308re8)(Sci Transl Med. 2014 Jan 29;6(221):221ra15)。

 

 

 

 

 

 

 

アセチルシステインはムコフィリンという商標名で痰を切る薬としても使用されていました(カルボシステインムコダインという商標名)。

 

 

 

 

これらの痰をサラサラにする薬は、抗酸化作用もあるから良いと昔は思っていましたが、甲状腺にダメージを与えます(これはシステインというアミノ酸の作用です)。

 

 

 

 

 

 

風邪では簡単に処方される薬ですが、がんを増大させたり、甲状腺にダメージを与えるのです。

 

 

 

 

 

 

なぜこのようなことが起こるのか?

 

 

 

 

 

 

そもそも「活性酸素悪玉説」という前提がおかしいことに気づかなければいけません(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

活性酸素は生命体の営みで必須の物質です。

 



 

 

 

 

 

 

プーファと鉄の存在があったときに、過剰の活性酸素が存在すると問題が起こりますが、基本的には生命体が生きていく上で必要なもの(シグナル)です。

 

 

 

 

 

必要なシグナルを抗酸化物質で失くしてしまうのですから、悪影響が出ることの方が当然なのですね。

 

 

 

 

 

 

基礎医学シリーズでも繰り返しお伝えしていますが、生命のシグナルとして断続的に発生させている活性酸素は、機能・構造を回していくのには必須の物質です。

 

 

 

 

 

しかし、活性酸素は、慢性的に発生して、鉄&プーファと反応する場合において、本当の「酸化ストレス」という問題を作るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

酸化・還元および活性酸素の本質も詳しく次回のウエルネスラジオトークや著作でお伝えしていきたいと思います(^_-)-☆。