パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『オメガ3は糖尿病に効果あるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

オメガ6(植物油脂)が危険であることがここ数十年ではっきりしてきたため、今度は目くらましとしてオメガ3が体に良いというデマを流しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最近になって、ようやく現代医学でもオメガ3についてネガティヴ・データ(健康への悪影響)を出すようになってきました。

 

 

 

 

 

すでに拙著『オメガ3の真実』に詳述したように、オメガ3の効能の”目玉”である動脈硬化や心臓血管疾患予防についてのエビデンスは、臨床試験でも明確に否定されています(基礎医学のデータではとうに否定されている)。

 

 

 

 



 

 

今回、新たに「オメガ3(特にフィッシュオイル)が糖尿病に効果がある」という”神話”も見事に打ち砕くメタ解析の報告がなされました(BMJ, 2019; l4697 )。

 

 

 

 

 

比較的バイアス(偏り)の少なくて質の高い臨床試験を解析したとろ・・・・・

 

 

 

 

 

 

オメガ3の投与によって、長期的に血糖値の改善や糖尿病の予防にまったく繋がらなかったことが明らかになりました。

 

 




この解析した研究の中では、むしろ1日にフィッシュオイルを4.4g以上摂取すると、逆に血糖値異常を招き、糖尿病のリスクを高めることが分かりました(しかし、奥歯にものがはさまった言い方で、解釈には慎重を期するとしています・・・・・( ´艸`))。

 

 

 

 

 

オメガ3のようなプーファは、糖のエネルギー代謝をストップするのが基本作用ですから、サイエンスの当然の結果です。

 

 

 

 

 

 

ただ、臨床試験では様々な操作が加えられて、実験に資金を出したもの(あるいは期待されている結果)に対して都合のよい結果をねん出します( ;∀;)

 

 

 

 

 

それでも全体として、ごまかしが効かなくなってきたということでしょう。

 

 

 

 

 

 

今度は、「オメガ3ががん細胞を殺傷する」というようなお伽話に論旨をすり替えていますが、これこそがオメガ3が毒性物質であることを証明しています。

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる学問が権力者によって歪められてきました。サイエンスの末裔である医学(サイエンスとはいえない)は特にその傾向が当初から高いものです。

 

 

 

 

 

その中でも優れた研究を拾い上げる作業も、実は糖のエネルギー代謝に依存しているのです(^_-)-☆。

 

 

 

『虫刺されにご注意!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

この世にはまだまだ私たちの理解の及んでいないことがたくさんあります。

 

 

 

 

「人類の終末論」というようなお伽話に熱中し世を嘆くくらいなら、この世の不思議を解明していく方に力を注いだ方が建設的ですね(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

さて、その不思議の一つは、「虫刺され」です(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

ある種のダニに咬まれると、なんと肉を食べるとアレルギー(food allergy)が出てしまうという話。

 

 

 

 

 

湿疹やひどい場合には呼吸困難を伴うアナフィラキシーショックになることもあります。

 

 

 

 

 

肉は牛だけでなく、羊や豚でもダメ。

 

 

 

 

 

このような「肉アレルギー」の存在は知られていましたが、ごく稀な症例で原因は不明のままでした。

 

 

 

 

 

 

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

そこには「ダニの介在があった!」というのが今回の研究のミソです(J Immunol 2019; 203:813-824)。

 

 

 

 

ダニ(lone star ticks)に含まれるある成分と哺乳類の細胞に含まれる成分が同じということに端を発しています。

 

 

 

 

 

その成分とは、「ガラクトース - アルファ-1,3-ガラクトース(Galactose-alpha-1,3-galactose,commonly known as alpha gal and the Galili antigen)」(以下 「αギャル」と略す)という糖質です。

 

 

 

 

 

一般にタンパク質が抗原になるというのは、これもお伽話で、脂質、そして今回のように糖質も抗原(=炎症ゴミ)になり得ます。

 

 

 

 

 

私たちおよび類人猿には、細胞にこの糖質が含まれていません。

 

 

 

 

 

実験は、この糖質を体内に持っていないマウスを使用。

 

 

 

 

 

ダニの抽出成分をこのマウスの皮下に注射します。

 

 

 

 

 

 

その後、このマウスに肉を食べさせると、アレルギー反応が皮膚に強くでました。

 

 

 

 

 

 

 

マウスにダニの抽出物を皮下注射すると「αギャル」に対する抗体(Bリンパ球)が増加していました。肉を食べると、肉に含まれる「αギャル」にも抗体が速やかに反応して、皮膚の炎症を引き起こした様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし・・・・・

 

 

 

 

 

ウイルスに作らせた純粋の「αギャル」を皮下注射しても、このマウスに同じアレルギー反応が起きませんでした。

 

 

 

 

 

 

この研究者は、ダニの抽出成分の中に「αギャル」のアジュバント(炎症を無理に引き起こすもの)が入っているのではないかと推測しています。

 

 

 

 

 

私が興味をそそられたのは・・・・・・

 

 

 

 

このアレルギーの主体となったリンパ球(Bリンパ球)は、あのエンドトキシンと同じ経路で活性化されていたという事実です。

 

 

 

このことから、ダニの抽出成分には、バクテリア(ダニと共生している)のエンドトキシンが関与していた可能性があるということです。

 

 

 

 

 

私は以前からアレルギー反応にもエンドトキシンが関与しているのではないかと睨んでいました。

 

 

 

 

 

腸をクリーナップすると、アトピーや喘息が軽快するからです(^_-)-☆。

 

 

 

 

エンドトキシンをブロックする操作をこの実験で加えてアレルギーが再現されるかどうかを観てほしかったですね(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

私もここ最近、虫刺されがひどく、痒みと湿疹がストレスによって容易に起こることから、ダニなどの虫刺されがその引き金の一つになっているのかも知れないと考えています(^_-)-☆。

 

 

『長友ダイエット(ファットアダプテーション食事法)は効果的か?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

今日はパレオ協会の会員さまから頂いた「ファットアダプテーション」という食事法についてのご質問に対する回答をシェアしたいと思います(^^♪。

 

 

 

 

 

 

この食事法は、サッカー選手である長友佑都専属シェフが、流行させた?(編集者?)ものの様です。

 

 

 

 

 

 

タンパク質:糖質:脂質(PFC)のバランスが『P』(タンパク質): 3、『F』(糖質): 3、『C』(脂質): 4の割合になる食事メニューを取り入れることを薦めているようです。

 

 

 

 

 

 

 

この根拠を探っていくと・・・・

 

 

 

 

 

 

なんと、ケトーシスketosis)のことを言っていることが分かりました。

 

 

 

 

 

サッカー選手は、マラソンと同様、長時間におよんで長距離を高い強度で走らないといけません。

 

 

 

 

 

 

もちろん時間が経過するにつれて、糖はエネルギー源して枯渇していきますので、その後は、低血糖による強いストレス反応が起きます。

 

 

 

 

 

 

このときに、体のタンパク質と脂肪を分解して、糖に変換しないといけません。なぜなら、脳や赤血球は、糖(グルコース、フルクトースなどの単糖類)しか実質上は利用できないからです。

 

 

 

 

 

 

そして筋肉や内臓は脂肪やタンパク質を燃焼させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ファットアダプテーション」は、どうもこの状態(ケトーシス)を維持するためにやや脂肪を多めに摂取するという内容のようです。

 

 

 

 

 

 

あの・・・・・・(;^_^A

 

 

 

 

 

サイエンスでは、この状態を「ケトーシス」と言います。いわゆる”飢餓状態”(あるいは糖尿病やガン状態)のことです。

 

 

 

 

 

 

 

長時間に渡ってランニングするようなスポーツでは、選手は一時的に糖尿病の状態に体が切り替わらざるを得ないのです・・・・( ;∀;)

 

 

 

 

 

しかし・・・・・

 

 

 

この状態でさらにストレスが高まると、いよいよ「ケトアシドーシス」といって命にかかわる状態まで悪化します。

 

 

 

 

 

乳酸が過剰に蓄積するため、完全に「シックネス・フィールド(病気の場)」に陥ります。

 

 

 

 

 

 

選手が全力を出し切ったあとに、よくピッチで虚脱状態になっていますが、まさに「ケトアシドーシス」の状態です。

 

 

 



 

 

 

したがって、ケトアシドーシスを防ぐためにも、選手は運動中に小まめに糖を摂取しないと命の危険にさらされます。

 

 

 

 

 

 

 

「ファットアダプテーション」は、そもそも概念が迷信に近いもので、サイエンスではありません。それとその迷信じみた概念と実際の食事法(三大栄養素の割合)とはまったく関係がありません。。。。。。。(新たなネーミングで流行させようとしている意図だけは伝わる・・・・(^_-)-☆)

 

 

 

 

 

そして、その食事内容は、糖質制限やケトン食よりは、糖質の量が多いため、これらの食事よりは害悪は少なくなっています。

 

 

 

 

 

しかし、それでもタンパク質の割合に対しての、糖質の割合が低いため、「ファットアダプテーション」食事法を実践していると低血糖ストレスを引き起こします。

 

 

 

 

 

さらに脂質のところでプーファ・フリーにしないと意味がありません・・・・・

 

 

 

 

 

長友選手のパフォーマンスを上げたいのであれば、プーファをフリーにして糖質の量を増やすことです(原始人食(アップデート版)参考)。

 

 

 

 

 

 

何よりも試合中に、チャンスがあれば、しっかり糖質(ハチミツやショ糖)とミネラルをが入ったドリンク(マイドリンク(^^♪)を摂取することです。

 

 

 

これはスポーツ選手だけでなく、運動をしない人でも基本的に当てはまることですね(^_-)-☆。

 

『男性ホルモンは危険なのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

みなさんは、ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあるというような話を聞いたことがないでしょうか?

 

 

 

 

前者の男性ホルモンとは、テストステロンやアンドロジェンが該当します。

 

 

 

 

 

そして、このような男性ホルモンは、筋肉をムキムキにし、ひげを生やすだけでなく・・・・・

 

 

 

 

 

 

モラルがなく、攻撃的で、すぐに行動化してしまう(慎重さや謙虚さが欠乏=洗脳されやすい)という現代人の特徴の原因とされています。。。。

 

 

 

 

 

 

これらの特徴から、これらの男性ホルモンは「軍隊のホルモン(militaristic male stereotype hormone)」とも呼ばれます(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

このようなテストステロンやアンドロジェンにまつわる偏見(ステレオタイプstereotypes)は、糖やコレステロールが体に悪いというのと同じくらい根深いものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

最新の臨床実験では、テストステロンを投与すると、この偏見とは逆の効果が出ることが判明しています(Nat Hum Behav. 2019 Jul 22)。

 

 

 

 

 

テストステロンを投与されたグループでは、すぐに行動化を起こすことはなく、謙虚・慎重になり、道徳観念(モラル)が高まったのです!

 

 

 

 

 

 

テストステロン、アンドロジェンは男女ともに、「保護ホルモン(糖のエネルギー代謝を回す)」です。

 

 

 

 

 

 

そもそもテストステロン、アンドロジェンを男性ホルモンと命名したところから洗脳が始まっています・・・・・・

 

 

 

 

 

 

エストロゲンも男女ともに産生されているので、決して女性ホルモンではありません。

 

 

 

 

 

 

今まで男性ホルモンの偏見にある特徴は、実はエストロゲンの脳に対する作用(攻撃性、易洗脳性、モラルの低下)そのものです。

 

 

 

 

 

SNSにもあふれかえる中傷・誹謗(その陰に隠れた過剰な自己承認欲求)もこのエストロゲンセロトニンのなせる業です。

 

 

 

 

つまり、糖のエネルギー代謝が低下している人にはつける薬がない(本当はあります(^_-)-☆)ということです。

 

 

 

 

簡単に洗脳されたり、不安・焦燥感が強くなったり、攻撃的になるといった特徴が当てはまる場合、あなたのテストステロン・アンドロジェンといった保護ホルモンが低下しているというサインなのです(^_-)-☆。

『皮膚がんの人が長い生きの理由』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

日光が皮膚に強くあたる季節が続いています。

 

 

 

 

 

昔は日本でも田舎に行くと日焼けした高齢者が元気に動いている光景をみかけました。

 

 

 

 

 

皮膚に腫瘍がある方もみかけましたが、すこぶる元気で病気知らずの人が多いことが不思議でした・・・・

 

 

 

 

 

皮膚はシワシワでしたが。。。。。。

 

 

 

 

 

 

一方、都会では白い肌をして、皮膚が真っ白で綺麗(腫瘍のない)な若者が、がん、心臓血管疾患、脳卒中、自己免疫疾患、アトピーなどですこぶる健康状態が悪いです。

 

 

 

 

 

実際にデンマークの疫学的調査で、皮膚がんのグループでは、そうでないグループと比較して、心筋梗塞やすべての原因による死亡率が低い結果がでています(Int J Epidemiol. 2013 Oct;42(5):1486-96)。

 

 

 

 




太陽光暴露が低いほど、糖尿病に罹り易いことも報告されています(Clin Endocrinol (Oxf). 2014 Dec;81(6):799-811)。

 

 

 

 

また太陽光の紫外線でさえも、うつ症状を改善させることが分かっています(Photodermatol Photoimmunol Photomed. 2018 Sep;34(5):288-297)。

 

 

 

 

 

紫外線の過剰は、もちろん・・・・・・

 

 

 

 

 

 

プーファ過剰の現代人では、トラブルが起こります。

 

 

 

 

 

 

しかし、レッドライトが含まれる太陽光はもちろんのこと、紫外線でさえ健康効果が高まる(プーファが少なければ)ことは十二分に証明されているということです。

 

 

 

 

 

 

太陽光を避けて生活することは、1日にタバコを一箱吸う(煙を吸う)のと同じリスクがあると言われています(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

人類が毎日オフィスや部屋に閉じこもって、PCや携帯ばかりをいじるようになると誰が想像できたでしょうか(^_-)-☆。

『なぜあるアミノ酸を制限するとガンが小さくなるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

みなさんは、がんの発生の原因は「酸化ストレス」であると聞いたことがありませんか?

 

 

 

 

 

 

拙著『ガンは安心させてあげなさい』で、ガンを含めた慢性病の原因は、「酸化ストレス」の正反対の「還元ストレス(アルカリストレス)」とお伝えしました(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

最近になって、ようやく現代医学でもこれを認めざるを得ない実験結果が相次いで報告されています。

 

 

 

 

 

 

がん細胞は細胞内がアルカリ性=抗酸化状態、還元状態)をキープするために、あるアミノ酸を必要とします。

 

 

 

 

 

 

 

このアミノ酸を細胞内に取り入れることで、辛うじて分裂・増殖することが可能になります(Cancers 2019, 11(5), 678)。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのアミノ酸とは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

システインcysteine)。

 

 

 

 

 

 

システインはいったい何の材料になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

それは・・・・・

 

 

 

 

 

みなさんの大好きは”抗酸化物質”です(^^♪。

 

 

 

 

 

 

 

細胞内の抗酸化物質の代表であるグルタチオン(glutathione)の材料となります。

 

 

 

 

 

 

 

これはどういった事を意味しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

システインを摂取するほど、細胞内が還元状態、つまりアルカリ化していくということです。

 

 

 

 

 

 

 

細胞内がアルカリになると、ストレスシグナルとなって細胞のスイッチが分裂・増殖に切り替わります。

 

 

 

 

 

 

したがって、システインはがんの増殖には必須(essetntial)なのです。

 

 

 

 

 

 

実際にシステインをブロックすると、がん細胞が死滅(ferroptosis)していくことが確認されています(Scientific Reports, volume 9, Article number: 5926 (2019) )。

 

 

 

 

 

 

このように「抗酸化作用」といわれるものは、非常に危険なのです。

 

 

 

 

 

 

現代医学もいつまでも「抗酸化作用」という呪文を唱える訳にはいかなくなったのかも知れませんね(^_-)-☆。

 

 

 



いやいや。。。。。。

 

 

 

 

既得権益の壁はいつの時代でも高い(^_-)-☆。

 

 

 

 

現代医学や一般常識の数々の呪文(迷信)は、まだ100年以上は続くでしょう。。。。

 

 

 

 

 

私たちはいち早くここから脱却していきましょう(^^♪。

 

『ポパイは本当にホウレンソウで強くなるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

みなさんはほうれん草(ホウレンソウ、Spinach)といえば何を思い浮かべるでしょうか?

 

 

 

 

 

鉄分?

 

 

 

硝酸態窒素?

 

 

 

 

それとも・・・・・

 

 

 

 

 

最近になって、ホウレンソウに含まれるステロイドがスポーツのパフォーマンスを高める効果があるために、ドーピングに認定される可能性(the World Anti-Doping Authority (WADA) list)があるという研究が報告されました(Arch Toxicol. 2019 Jul;93(7):1807-1816)

 

 

 

 

 

 

このステロイドは、「エクディステロン(ecdysterone)」と呼ばれています。

 

 

 

 

実は、9月に刊行となったハチミツの真実本(『自然治癒はハチミツから』)にもこのステロイドのことを書きました。

 

 

 

 

 

 

このステロイドは、ミツバチが栄養不足に陥ったときに放出されるストレスホルモンです。

 

 

 

 

 

 

ホウレンソウもストレスホルモンを持っているというころですね(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

「エクディステロン(ecdysterone)」は、ほぼエストロゲンと同じ作用をします。

 

 

 

 

 

 

 

エストロゲンは、他の保護ホルモン(=タンパク同化ホルモン)があると、組織を肥大させる作用をします。

 

 

 

 

 

 

 

サプリメントとしても販売されています・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

エストロゲン単独では、逆に体内の脂肪とタンパク質を分解していしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

体が弱っているときに、「エクディステロン(ecdysterone)」を摂取すると保護ホルモンがないために、逆に筋肉などが分解されていくのです(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

それだけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

長期的には発がん(=エストロゲン作用)につながるのです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の研究で用いたエクディステロン量は、ホウレンソウ全体を摂取しようとすると、250g~4kg/日という量です(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

ポパイでもない限り、ホウレンソウを1日にこれほど食べることはないでしょう(^^♪。

 

 

 

 

 

 

 

しかもポパイは缶詰ものを食べていました・・・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

ポパイはエストロゲン過剰(シックネス・フィールド)ということですね(^_-)-☆。