パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『なぜリウマチで壊れた関節でも元に戻るのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

 

みなさんは、生まれつき(本当はそうではない!)や一度変形した体は元には戻らないと思っていないでしょうか?

 

 

 

 

 

腕や足を事故などで切断した場合、もうその部分の再生は無理だと思いますよね?

 

 

 

 

 

 

 

あるいは、リウマチや変形性関節炎で変形あるいは破壊された関節が元に戻ることはない・・・・・・

 

 

 

 

この様に私たちは教え込まれています。

 

 

 

 

 

本当でしょうか?

 

 

 

 

 

 

このことについて2回に渡って、重要な研究をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

サンショウウオは、四肢が切断されても再生可能です。

 

 

 




しかし、同じ両生類であるカエルは今まで四肢が切断された場合、再生しないと言われてきました。

 

 

 

 

 

 

ちなみにオタマジャクシは再生可能です。

 

 

 

 

 

ところが、カエルも適切な処置をすれば、切断された四肢の再生が可能であることを以前もお伝えしました(Cell Rep. 2018 Nov 6;25(6):1593-1609.e7.)。

 

 

 

 

 

 

切断された部位に“保護ホルモン”と私が読んでいる「プロゲステロン」に持続的に暴露するチップを装着すると、見事に切断された後肢が再生したという実験です。

 

 

 

 

 

私たちの場合、このプロゲステロンは、糖のエネルギー代謝が回っている場合(=甲状腺機能が高い)に産生される保護ホルモンです。

 

 

 

 

 

 

サンショウウオやオタマジャクシでは、甲状腺機能が高いことが伺えます。

 





成人したカエルでも切断肢が再生可能ということは、哺乳類でも可能性があることを示唆します。

 

 

 

 

 

実際に、ラットの切断指実験では、プロゲステロンと同様の作用を持つ電気刺激によって、再生が可能な段階まで研究が進んでいます(Sci Rep. 2019 Aug 7;9(1):11433)。

 

 

 

 

 

 

切断肢が再生可能ということは、骨、軟骨、結合組織や皮膚などのすべての組織が再生していることです。

 

 

 

 

 

したがって、一度リウマチや変形性関節炎で破壊された関節(軟骨)も再生可能であるということなのです(^_−)−☆。

 

 

 

 

私もストレスや疲労が重なっているときは、「もう歳だから・・・・」と自分に言い訳している自分に気づくことがあります。

 

 

 

私たちは幾つになっても、再生可能だということが生命体の本質であることを知っておくと、このような言い訳で糖のエネルギー代謝をさらに低下させることはなく、元気が出てきます(^_−)−☆。

 

 

『生まれてくる子供の脳は何に影響されるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

子供は生命体の宝です。

 

 

 

 

 

すくすく育って聡明な成人になってほしいと親であれば、誰しも願うと思います。

 

 

 

その子供の脳の成長障害が近年加速しています。

 

 

 

 

いわゆる「小頭症(microcephaly)」という状態も脳の成長障害が顕在化したものです。

 

 

 

 

 

何故近年に子供の脳の成長障害が著明になっているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

実は近現代での人工災害がその主因ですが、それに共通するメカニズムがあります。

 

 

 

 

 

 

 

最新の研究で、エイズの治療薬を服用した妊婦は、そうでない妊婦の2~3倍小頭症(microcephaly)の子供の発症率が高まることが報告されました(Open Forum Infect Dis. 2019 Oct; 6(Suppl 2): S191)。

 

 

 

 

 

このエイズの治療薬は、「エファビレンツ(efavirenz, EFV)」と呼ばれる商品です。

 

 

 

 

 

 

この薬はウイルスのある酵素をブロックするという名目で発売されたのですが・・・・・

 

 

 

 

 

投与した人に認知症HIV脳症)が起こることが判明しました(Neurochem Res. 2017 Nov;42(11):3220-3232)。

 

 

 

 

 

 

この薬の主要なメカニズムは、実はミトコンドリア障害であることも判明しています(J Antimicrob Chemother. 2015 Aug;70(8):2249-54)(Hepatology. 2011 Sep 2;54(3):1009-19)(Hepatology. 2010 Jul;52(1):115-25)。

 

 

 

 

 

このメカニズムによって、がん細胞のミトコンドリアも障害するため、がん細胞に対しても正常細胞と同様殺傷能力を発揮します(Oncol Lett. 2018 Feb;15(2):1728-1736)。

 

 

その他、モンサント/バイエル(日本では住友化学)の殺虫剤(larvicide(Pyriproxyfen))も小頭症を引き起こすことは有名です。

 

 

 

 

 

つまり、脳の発達障害は、糖のエネルギー代謝を低下させるミトコンドリア障害によって引き起こされるのです。

 

 





エイズの薬だけなく、低血糖放射線や農薬のような糖のエネルギー代謝を低下させるものは、すべて小頭症などの脳の発達障害を引き起こすのです。

 

 

 

 

 

出生児奇形(birth defect)と呼ばれるものも、決して遺伝はないのです。

 

 

 

 

『ゲイは生まれつきなのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

LGBT(エルジービーティー)という横文字がここ数十年で流行していますね(流行は常に権力者が創作(^_−)−☆)。

 

 

 

 

みなさんはご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の総称で、これを認めろ!という運動が“何者か”の資金によって盛んになっています。

 

 

 

 

 

さて、これらの一種の性異常(これもPCに引っかかるかも知れない)が起こる生物学的な原因をサイエンスで追っていました。

 

 

 

 

 

まずこれらの現象は、生まれつき(=遺伝)ではないということです(Science. 2019 Aug 30;365(6456). pii: eaat7693)(Hum Biol. 1998 Apr;70(2):347-65)。

 

 

 

 

それでは何が原因なのでしょうか?

 

 

 

 

 

そのヒントの一つが、妊娠中にエストロゲンに暴露すると、その子供はホモセクシャルに傾くことです(Front Neuroendocrinol. 2011 Apr; 32(2): 170–182)。

 

 

 

 

 

さらに、母親の甲状腺機能(=糖のエネルギー代謝)が低下しているとその子供のホモセクシャルに傾きやすくなります(Ment Illn. 2015 Sep 30; 7(2): 5810.)。

 

 

 

 

 

このことから、母体の環境がストレス過多にあるときには、子供はホモセクシャルに傾きやすくなることが分かります。

 

 

 

 

これはある意味生命体の仕組みを表していると思います。シビアな環境では、子孫を残すことにエネルギーを費やせない(自分が生きることで精一杯=現代社会(^_−)−☆)ことが予想されるために、異性への関心を失うのです。

 

 

 

 

 

さらに自分自身の甲状腺機能低下によって、トランスジェンダーになった興味深い症例も報告されています(Indian J Endocrinol Metab. 2019 Jan-Feb; 23(1): 166–167)。

 

 

 

 

 

これもストレス下のサバイバルの一つの形式であることが分かりますね。

 

 

 

 

現代は、環境汚染が極まったLGBT大量生産社会です。

 

 

 

 

これは権力者たちの優生思想に基づく操作の“結果”に過ぎず、生命体の本来の姿(満足できる環境下)ではないことだけは知っておきましょう。

 

 

 

 

その結果を社会の当然の姿と押し付けてくる“洗脳”に対しては、「生命体の基本の破壊」であり、縄文人の「道徳の破壊」が目的であることを再度腑に落として頂きたいと思います。

 

 

『甘草クリームは美容に良い??』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

みなさんは、漢方の甘草(カンゾウ)をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

甘草(licorice<リコリス>)という植物の根を採取し乾燥させたものです。

 

 

 

 

 

パレオ協会の会員様から先日、甘草は「植物性ステロイドだから安全で効果も高いと喧伝されている」という内容に関してご質問を頂きました(ブログの方からも同じ内容のメッセージがありました)。

 

 

 

 

 

私が25年前に受けた医師国家試験では、「甘草=肝機能障害」という暗記しかしていませんでした・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

最近の甘草の有効成分(グリチルリチンglycyrrhizin<グリスライズン>)の研究を渉猟すると抗炎症作用や抗がん作用まで誇張されている始末(J Thorac Dis. 2019 Apr;11(4):1287-1302)。実際に細胞からプーファを遊離するストレス酵素(PLA2)をブロックする作用など有益な作用があります。

 

 

 

 

 

 

しかし・・・・・・

 

 

 

 

昔の国家試験でも副作用が問題となっているくらいなのに、このようなプラスの効用ばかりがクローズアップされているのは不思議ですね(よく調べると中国系の研究者の報告が大半を占めています)。

 

 

 

 

実は、この甘草。

 

 




“植物性ステロイド”と言いますが、私たちの体内で産生されるステロイドを同じ働きをします。

 

 

 

 

 

具体的にはアルドステロン、コルチゾールといったストレスホルモンと同じ作用をもたらします(Phytother Res. 2017 Nov;31(11):1635-1650)。

 

 




特に症状となって出やすいのが、高血圧、むくみ、不整脈、視力障害、筋肉崩壊(痙攣)です。

 

 

 

 

 

 

そもそも甘草自体がエストロゲン物質(phytoestrogen)で保護ホルモンであるアンドロジェンを低下させます(Int J Endocrinol Metab. 2012 Spring; 10(2): 497–502)。

 

 

 

 

 

つまり、甘草でも“人工去勢”できるのです。

 

 

 

 

 

美容の世界でも「甘草クリーム」などがマーケットに出回っているようです。

 

 

 

 

これは、漢方のように口から摂取するよりも危険です。

 

 

 

 

皮膚から吸収されたものは、肝臓でデトックスされることなく、全身を循環するからですね。

 

 




あらゆるものに対して当てはまりますが、使用する前に自分なりによく調べてみましょう(^_−)−☆。

 

『ダウン症候群は遺伝子の病気ではない!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

 

高齢出産では、ダウン症の子供が生まれる可能性が高くなるとよく言われています。

 

 

 

 

 

ダウン症は成人しても8~9歳の知能に留まるとされています。

 

 

 

 

 

 

そしてその解決法としては、遺伝子カウンセリング・・・・・

 

 

 

 

 

最近では、例の遺伝子編集(CRISP)の対象にされる危険性まで出てきました。

 

 

 

 

 

さて、ダウン症の知能発達障害は、遺伝の問題ではなく、母体のストレスによって、脳の記憶を司る部位において機能低下(タンパク質合成低下)を招くことが原因であるという最新の研究で明らかにされました(Science. 2019 Nov 15;366(6467):843-849)。

 

 

 

 

 

細胞は紫外線などのストレスにさらされると、タンパク質の合成反応である「翻訳」を停止して、細胞活動の負荷を下げることが知られています(Science. 2019 May 3;364(6439):495-499)。

 

 

 

 

 

 

このようなストレスに対して、細胞の正常な営みを停止する反応を「総合的ストレス反応(integrated stress response, ISR)」と呼びます。

 

 

 

 

 

これは、一部の正常の機能を停止させてリザーブしたエネルギーをストレス対応に充てるための“苦肉の策”です。

 

 

 

 

 

 

このような総合的ストレス反応(ISR)を引き起こすストレスとして、タンパク質不足、糖不足(低血糖)、感染症などが挙げられています。

 

 

 

放射線なども同じ反応を引き起こします。

 

 

 

 

 

このことから、母体の糖のエネルギー代謝を高めれば、胎児に起こる総合的ストレス反応(ISR)を低下させることが可能になることが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ダウン症の子供の知能障害を防ぐことができるのです。

 

 

 

 

 

今まで遺伝病と言われ続けてきたがん、てんかん認知症、糖尿病などの慢性病は、実は環境因子からもたらされるものだったことが、ダウン症でも証明されたことになります(^_−)−☆。

『食事を減らして運動すれば痩せるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

 

私が大学院時代の時は、極度のストレスでお腹がポッコリ出ていたことがあります。

 

 

 

 

 

しかし、若いこともあって、ストレスがある程度コントロールできるようになると、お腹はスーッと凹みました。




驚いたのは、50歳を超えてからです。

 





プーファ・フリーにして、ちょっと運動して睡眠をしっかりとれば、すぐに出ているお腹も凹むだろうとタカをくくっていると・・・・

 

 

 

これがなかなか若い時のように凹みません・・・・・・(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

 

ストレスの負荷は総合的にはここ数年それほど変化はないので、これは明らかに糖の代謝が低下しているサインですね•・・・・・😭

 

 

 

 

 

 

糖のエネルギー代謝を低下させる原因を全て潰していくしかありません。。。。。。

 

 

 

 

 

 

さて、拙著の読者の皆さんならご存知のように、肥満は糖尿病などのメタボだけでなく、がんのリスクを高めます。

 

 

 

ここ数十年〜百年ほどの間、現代医学と栄養学は、肥満の予防には「食を減らして、よく動くこと(eat less and move more)」をマントラのように唱えてきました。

 

 

 

 

 

最新の米国の疫学的調査でも、この戦略で持っても肥満率が上昇する一方であることが報告されました(JAMA Netw Open. 2019 Nov 1;2(11):e1915219)。

 

 

 

・食事を減らす

・運動量を増やす

・水分摂取量を増やす

・野菜、フルーツ、サラダの摂取量を増やす

・砂糖、スイーツ摂取量を減らす・・・・

 

 

これらの方法によっても肥満率は改善するどころか、増加したのです。

 

 

 

 

 

 

これらの方法といっても、フルーツ摂取量を増やす以外は全てNGですが・・・・・・

 

 

 

私も偉そうなことは言えません。

 

 

 

 

 

私は職業柄、過去の過剰の放射線被曝とオメガ3の長期摂取が現在の糖のエネルギー代謝に響いていると考えています。

 

 

 

 

 

やはり、今までの蓄積がこの中年以降の糖のエネルギー代謝の差になって出てくることを実感しています。

 

 

 

 

 

しかし、私たちは幾つになっても、挽回は可能です(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

「食を減らして、よく動くこと(eat less and move more)」は、逆に糖のエネルギー代謝を低下させます。

 

 

 

 

 

よく動くなら、よく食べること(ただし食の内容は重要です)。

 



 

 

成長期の若者はよく食べますが、決して肥満になることはありません(しかし、現代食では子供の時から肥満になる率が高い)。

 

 

 

これは若い人の方が糖のエネルギー代謝が高いからです。

 

 

 

 

肥満解消には、糖のエネルギー代謝を高めることにつきます。

 

 

『とうとうここまで来たか:「乳児用液体ミルク」』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

 

みなさんは、「乳児用液体ミルク」の存在をご存知でしょうか?

 

 

 

 

現在、乳児を育てていないご家庭ではご存知ではないかも知れません。

 

 

 

粉ミルクの成分について、今までその危険性をお伝えしてきました。

 

 

 

 

 

今回はそれを上回る危険な物質の登場です(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

今まで日本での製造・販売が認められなかった「乳児用液体ミルク」ですが、2018年から解禁になっています。

 

 

 

 

 

世界では人工ミルクの現況はどうなっているのでしょうか?

 

 

 

 

なんとフィンランドでは人工乳の約9割が液体ミルク。イギリス、米国でも液体ミルクのシェアが伸びているようです。

 

 

 

 

 

一方、液体ミルクの需要が低いのが、シンガポールやオーストラリア。

 

 

 

 

液体ミルクは病院以外では販売されていないようです。

 

 

 

 

 

さて、日本で流通することになった液体ミルク。

 

 

 

 

 

まず保存期間で驚きました。

 

 

半年〜1年もあるではないですか!

 





母乳は言うに及ばず、牛乳でさえも半年〜1年も保存することはありませんよね。

 

 

 

 

スーパーの陳列で牛乳を選ぶ時も製造日の新しいもの(消費期限の長いもの)を探すくらいです。

 

 

 

 

この時点で、赤信号が灯るはずです(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

早速その成分を調べたところ・・・・・

 

 

 

 

 

ラード、大豆油などのプーファが主成分でした!

 

 

 

 

 

メーカーによっては、それに魚油やアラキドン酸などのより酸化して毒性物質を産生するプーファを加えています。

 

 

 

 

 

 

そのほかにも乳化剤など無数の添加物が混入されています。

 

 

 

 

 

しかも・・・・・・

 

 

 

 

 

「常温で飲める」とも謳っています。

 

 





OMG!

 

 

 

 

少なくとも常温では、液体ミルクの主成分であるプーファは、ある程度ビタミンEのような抗酸化物質を入れたとしても、すでに酸化しているはずです(「オメガ3の真実」にも書きましたが、製造過程ですでに酸化している)。

 

 

 

実際、店舗に並んでいるこの“超加工食品の詰め合わせ”の成分を調べると、とんでもない化学反応が起こっているでしょう(成分表に記載している成分がすでに化学反応で変質している)。

 

 

 

 

 

「便利だから」と言う理由でここまでやるとは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

母乳の段階で、親子の絆が断たれていることの影響は、その子だけでなく、子々孫々と伝わっていきます。

 

 

 

 

 

ネット上での液体ミルクの使用経験などはステマですから、若いご両親にはくれぐれもご参考にしないようにして頂きたいものです。

 

 

 

 

それは、未来を担う子供達のためにです(^_−)−☆。