パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『日常生活用品で900個以上のエストロゲン作用物質に暴露〜リアルサイエンスシリーズ』

 

最近、米軍基地付近だけでなく、日本各地で水道水や井戸水に「ピーファス(PFAS、フッ素化合物)」汚染があることがニュースになっています。

 

 

 

 

これは、いまに始まったことではないので、現在のガンや突然死の急増の直接的原因(“アレ”です(^_−)−☆)ではないものの、確実に私たちの心身の健康を損なっていることは間違いありません。

 

 

 

 

このピーファス(PFAS)は、典型的なエストロゲン作用物質(日本では「内分泌かく乱因子」と呼ばれている)であり、強力な糖のエネルギー代謝障害(=甲状腺機能障害)を引き起こすことは、米国内分泌学会でも報道発表されたばかりです(「Latest Science Shows Endocrine Disrupting Chemicals in Plastics, Pesticides, and Other Sources Pose Health Threats Globally」 The Endocrine Society,  February 26, 2024)。

 

 

 

 

そのエストロゲンが主因となる乳がんは、他のがんと比較しても20~49歳という若年での発症が2倍にものぼります(Annual Report to the Nation on the Status of Cancer, Featuring Cancer in Men and Women Age 20–49 Years. J Natl Cancer Inst. 2019 Dec; 111(12): 1279–1297)。

 

 

 

 

 

米国では、2010 〜2019年の間に、20-29歳の女性での乳がん発症率が5.3%上昇しています(Patterns in Cancer Incidence Among People Younger Than 50 Years in the US, 2010 to 2019. JAMA Netw Open. 2023;6(8):e2328171)。

 

 

 

 

これは、日本を含め世界的にも同じ傾向になっているでしょう。

 

 

 

 

近年の乳がん発症の若年化の原因として、これらの私の日常生活(大豆などの食品、医薬品、日常生活用品)に潜むエストロゲン作用物質の増加が指摘されています。

 

 



 

 

最新の研究で、日常生活に潜む乳がんのリスクを高めるエストロゲン作用物質が、921個にものぼることが明らかにされています(Application of the Key Characteristics Framework to Identify Potential Breast Carcinogens Using Publicly Available in Vivo, in Vitro, and in Silico Data. Environ Health Perspect. 2024 Jan;132(1):17002)。

 

 

 

 

日常生活用品、食品、飲料、農薬、医薬品、あるいは仕事場でこれらの多数のエストロゲン作用物質が検出されました。

 

 

 

 





 

農薬では、日本において最も使用されているグリホサートをはじめとして、家庭でも使用される殺虫剤(アトラジン、マラチオンなど)も強いエストロゲン作用を示します。

 

 

 

ヘアーストレートナー(縮毛矯正剤)と卵巣がん、子宮がんの関係は過去記事でもお伝えいたしましたが、乳がんの発症リスクを30%高めることも報告されています(Hair dye and chemical straightener use and breast cancer risk in a large US population of black and white women. Int J Cancer. 2020 Jul 15;147(2):383-391)。

 

 

 

 

 

私たちの生活に忍びよるエストロゲン作用物質がガンだけでなく不妊や知能低下を招いていることは、過去のエビデンスが指し示しているところです。

 

 

 

 

私たちが住む現代社会システムは、わざわざ人工的な震災、戦争、モラル崩壊や食糧危機を演出しなくても、すでに一触即発の危機的状況にあることがよく分かります。

 

 



 

糖質を中心とした食事(原始人食)やハチミツ療法の大前提は、プーファおよびエストロゲンフリーを可能な限り持続することです。日常生活でいかにこれらの毒性物質を排除できるかが、私たちの心身の健康とサバイバルを決定しています(^_−)−☆。


====================================

🌟 『生命(いのち)と水の神秘〜水は脈動する〜』
健康になる「水」と飲むと病気になる「水」の違いは?
シャウベルガーからポラックまでの水の研究と生命の関係をエーテル統合理論で解説していきます。乞うご期待😃
2024年3月3日(日)大阪(TUEET総会)

2024年3月6日(水)東京(単発講座)

 

🌟 ラインのアカウントがスタートしました。

最新のお知らせをオンタイムで受け取りたい方は
こちらへ
友だち追加  



🌟眠れなくなるほど面白い「鉄」のお話
 12月7日(木) の15:30-17:30に、東京の品川で開催いたしました。「現代人の鉄欠乏性貧血の根本治療が鉄制限」というパラドックスをじっくりお伝えします。オンライン配信をご希望の方はコチから

 

🌟サイエンスの歴史を変えた!大反響のエーテル医学」講義が視聴できます!

2023年5月28日に行われたTUEET総会の講義、オンラインでのご提供の準備が整いましたので、ご報告申し上げます🙇

エーテル医学(2時間04分)

・水と大気の振動(53分)

 

🌟最もシンプルで美しい自然・宇宙の法則はこれだ!『エーテル医学への招待



 

 

🌟正式な検査(薬剤、果糖シロップ(果糖ぶどう糖液糖)、農薬・グリフォサート・重金属汚染)をパスした果糖の含有量が高いハチミツを以下にご紹介いたします。

HFL Marri 260g

 



 

 

HFL Jarrah 260g





 

HFL Super Jarrah 260g



🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる

PFAS(ピーファス) フリー
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ


🌟ワンちゃんのタンパク質補給に!

高タンパク質サプリメント:メディフェリン

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

🌟ここでしか話せない世界の真実とリアルサイエンス

ウエルネス・ラジオ

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エーテルエネルギー学会(TUEET)(インスタグラム)
ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟『生命のフローとオメガ3』講義

オメガ3が生命のフローを止める最強の毒性物質であることを詳しくお伝えしています。リアルサイエンスに触れたい方は是非ご視聴ください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

『オメガ3神話の真実』

 

 

 

🌟『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!』

●アマゾン予約の方はこちらから

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋(無料動画)

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

 

 

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『太陽光発電の効率化〜サバイバルシリーズ』

 

ホルムズ海峡がかなりきな臭い様相を呈しています(英国、英国・・・・・)。

 

 

 

ここは、日本の生命線となる原油液化天然ガスが運ばれる重要な海峡です。

 

 

 

 

もし、原油や天然ガズが日本に輸入できなくなると・・・・・・

 

 

 

 

またもや攻撃の的ともなる原発再稼働ということになるでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、私たち一般の大衆は、原発による発電の電気代さえ賄えるだけの経済的余裕がなくなっています。

 

 

 

 

正月にもお伝えしましたが、世界ではこのような事態に対して、自力で発電する試みが進んでいます(もともと国に頼れない発展途上国が一番進んでいる)。

 

 

 

発電効率が非常に悪く、環境には悪いのですが、個人レベルでは太陽光発電がもっとも現実的な選択肢となると思いますもちろん、環境に負荷を与えないフリーエネルギーの可能性も十分あり、水の講義でそのアイデアをお伝えできればと思っています(^_−)−☆)

 



 

太陽光発電の問題は、太陽光のエネルギーの高い周波数の短い領域(可視光では青や紫の領域)のエネルギーが熱となって逃げてしまうことです。

 

 

 

 

このエネルギーの高い領域の光も蓄電する試みがなされています。

 

 

 

 

最新の研究で、従来の太陽光パネルのシリコン素材に、テトラセン(Tetracene)という素材を組み合わせることで、エネルギーの高い光も蓄電に変換できる可能性があることが示唆されています(Defect-Assisted Exciton Transfer across the Tetracene-Si(111):H Interface. Physical Review Letters, 2024; 132 (7))。

 

 

 

 

テトラセン(Tetracene)は、ベンゼン環が4つ連なった構造をしています。

 

 

 

 

その色は、黄色〜褐色です。

 

 

 

 

 

一昨年の『色と波動』の講義でお伝えしましたが、物質の色は、その物質がその補色と呼ばれる色を吸収することによります(3月の水の講義でもお伝えいたします(^_−)−☆)。

 

 

 

黄色や褐色の補色は、青〜紫色です。

 

 

 

つまり、テトラセン(Tetracene)は、可視光線でも最もエネルギーの高い領域を吸収できる物質ということです。

 

 

 

 

その吸収したエネルギーを効率よく蓄電できるようになれば、太陽光のエネルギー効率は格段に上がるはずです(^_−)−☆。

 

 

 

 

自然と宇宙の摂理を極めていくと、自分たちが無理のない代替エネルギーを考え出すことができるようになるでしょう(^_−)−☆。

 

 

====================================

🌟 『生命(いのち)と水の神秘〜水は脈動する〜』
健康になる「水」と飲むと病気になる「水」の違いは?
シャウベルガーからポラックまでの水の研究と生命の関係をエーテル統合理論で解説していきます。乞うご期待😃
2024年3月3日(日)大阪(TUEET総会)

2024年3月6日(水)東京(単発講座)

 

🌟 ラインのアカウントがスタートしました。

最新のお知らせをオンタイムで受け取りたい方は
こちらへ
友だち追加  



🌟眠れなくなるほど面白い「鉄」のお話
 12月7日(木) の15:30-17:30に、東京の品川で開催いたしました。「現代人の鉄欠乏性貧血の根本治療が鉄制限」というパラドックスをじっくりお伝えします。現在、オンライン配信を現在準備中でございます。

 

🌟サイエンスの歴史を変えた!大反響のエーテル医学」講義が視聴できます!

2023年5月28日に行われたTUEET総会の講義、オンラインでのご提供の準備が整いましたので、ご報告申し上げます🙇

エーテル医学(2時間04分)

・水と大気の振動(53分)

 

🌟最もシンプルで美しい自然・宇宙の法則はこれだ!『エーテル医学への招待



 

 

🌟正式な検査(薬剤、果糖シロップ(果糖ぶどう糖液糖)、農薬・グリフォサート・重金属汚染)をパスした果糖の含有量が高いハチミツを以下にご紹介いたします。

HFL Marri 260g

 



 

 

HFL Jarrah 260g





 

HFL Super Jarrah 260g



🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる

PFAS(ピーファス) フリー
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ


🌟ワンちゃんのタンパク質補給に!

高タンパク質サプリメント:メディフェリン

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

🌟ここでしか話せない世界の真実とリアルサイエンス

ウエルネス・ラジオ

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エーテルエネルギー学会(TUEET)(インスタグラム)
ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟『生命のフローとオメガ3』講義

オメガ3が生命のフローを止める最強の毒性物質であることを詳しくお伝えしています。リアルサイエンスに触れたい方は是非ご視聴ください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

『オメガ3神話の真実』

 

 

 

🌟『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!』

●アマゾン予約の方はこちらから

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋(無料動画)

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

 

 

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『現代の厳しい環境では「女児」が産まれやすい理由〜リアルサイエンスシリーズ』

 

先日、ウエルネスラジオで「不妊治療の闇と妊活、こどもの疾患について」のテーマでお話した内容について興味深いご感想をいただきましたので、シェアしたいと思います。

 

(転載開始)

 

昨日のウェルネスラジオ「不妊治療の闇と妊活、こどもの疾患について3」を聞かせていただきました。

大変勉強になりました。

 

男女の産み分けに関して母体の状況が悪化すると女児が生まれやすいというお話でしたが、以前私が勤めていた会社でも従業員の中で知られていた都市伝説的な話がありました。

 

私が勤めていた部署ではポリイミド樹脂製品を製造する部署だったのですが、原料の粉末(小麦粉くらい細かいものから砂糖くらいの大きさまで様々)をプレス機で成型する製造プロセス(薬の成形と同じです)でした。樹脂のグレードによってグラファイトや微量ですがテフロンやグラスファイバーなどが添加されています。

 

 

基本的に粉が舞う環境でマスクもしていない労働環境でしたので、私含めて相当な量を吸引していたはずです。そのためかオペレーターの子供たちは特に女性が多く、男女比3:7くらいだったと思います。1名ですが、男児が生まれた方の息子さんはのちに性転換手術を受けたらしいです。

 

オペレーターは全員男性になります。ベテランの社員からは私が若いので、将来結婚して男の子が欲しければこの会社はやめたほうがいいと冗談混じりで教えてもらったことがありました。

 

会社からは粉体を吸引してしまっても基本的には無毒であり問題ないとの教育を受けており当時の私も疑うことなく働いておりました。

 

 

私が経験した例では母体のことではなく男性側ですが、男女比への影響はあるなと感じました。

会社側がこのことを認知しているかどうかは下っ端の私には分かりませんが、とても闇の深い会社だったと感じています。

 

(転載終了)

 

 

 

実は、私も研修医時代に部長のドクターから同じことを言われた経験があります。

 

 

 

私が研修医からレジデントの医師の時代では、血管造影検査(放射線が検査中継続的に照射されている)のときに、甲状腺や目をシールドする防御服は装着していませんでした(脳血管疾患の診断のために、血管に造影剤を入れて放射線で可視化する)。

 

 

 

脳外科医は被曝量が多いために、女児しかできないと言われてきました。

 

 

 

その部長もそうでしたが、私も娘だけしか授かりませんでした。

 

 

 

なぜ放射線エストロゲン(樹脂製品)作用物質の暴露で女児ができやすくなるのでしょうか?

 

 

 

 

妊娠中の母体にストレスがかかるほど女児が産まれやすくなることが知られています(Does famine influence sex ratio at birth? Evidence from the 1959–1961 Great Leap Forward Famine in China. Proc Biol Sci. 2012 Jul 22; 279(1739): 2883–2890)。

 

 

 

 

人工授精(受精卵にはストレス)でも、自然妊娠よりも女児が産まれやすくなります(In vitro fertilization gender predilection: more but less. F S Rep. 2021 Jun; 2(2): 144)。

 

 

 

 

これは、母体にストレスが与えられると、コルチゾールエストロゲンといったストレスホルモンが高濃度になるからです。

 

 

 

 

たとえ、男児が生まれたとしても、母胎でエストロゲンが高い状態だったために中性化(女性化)した男性になりやすくなります。

 

 

 

母体だけでなく、男性にストレスが加わった場合も同じ現象が起こります。

 

 

 

これは、3月の「水は脈動する〜健康になる「水」と病気になる「水」」講義でお伝えする内容になりますが、受精のときに精子から卵子へストレスがシグナルとして伝わるからです。

 

 



 

総ポストワクチン時代かつ環境汚染が深刻化しているニュー・ノーマル世界では、出産そのものが激減していますが、生まれたとしても女児がより多くなるでしょう(^_−)−☆。

====================================

🌟 『生命(いのち)と水の神秘〜水は脈動する〜』
健康になる「水」と飲むと病気になる「水」の違いは?
シャウベルガーからポラックまでの水の研究と生命の関係をエーテル統合理論で解説していきます。乞うご期待😃
2024年3月3日(日)大阪(TUEET総会)

2024年3月6日(水)東京(単発講座)



🌟眠れなくなるほど面白い「鉄」のお話
 12月7日(木) の15:30-17:30に、東京の品川で開催いたしました。「現代人の鉄欠乏性貧血の根本治療が鉄制限」というパラドックスをじっくりお伝えします。現在、オンライン配信を現在準備中でございます。

 

🌟サイエンスの歴史を変えた!大反響のエーテル医学」講義が視聴できます!

2023年5月28日に行われたTUEET総会の講義、オンラインでのご提供の準備が整いましたので、ご報告申し上げます🙇

エーテル医学(2時間04分)

・水と大気の振動(53分)

 

🌟最もシンプルで美しい自然・宇宙の法則はこれだ!『エーテル医学への招待



 

 

🌟正式な検査(薬剤、果糖シロップ(果糖ぶどう糖液糖)、農薬・グリフォサート・重金属汚染)をパスした果糖の含有量が高いハチミツを以下にご紹介いたします。

HFL Marri 260g

 



 

 

HFL Jarrah 260g





 

HFL Super Jarrah 260g



🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる

PFAS(ピーファス) フリー
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ


🌟ワンちゃんのタンパク質補給に!

高タンパク質サプリメント:メディフェリン

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

🌟ここでしか話せない世界の真実とリアルサイエンス

ウエルネス・ラジオ

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エーテルエネルギー学会(TUEET)(インスタグラム)
ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟『生命のフローとオメガ3』講義

オメガ3が生命のフローを止める最強の毒性物質であることを詳しくお伝えしています。リアルサイエンスに触れたい方は是非ご視聴ください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

『オメガ3神話の真実』

 

 

 

🌟『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!』

●アマゾン予約の方はこちらから

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋(無料動画)

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

 

 

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆パレオ協会Q&A◆ 『免疫抑制の帰結について』

◆パレオ協会Q&A◆

免疫抑制の帰結について



免疫抑制剤によるクローン病潰瘍性大腸炎の発症
・新しいと呼ばれる免疫抑制剤の作用機序
・ガンの発生:免疫抑制剤の長期的副作用




 

 

====================================

🌟 『生命(いのち)と水の神秘〜水は脈動する〜』
健康になる「水」と飲むと病気になる「水」の違いは?
シャウベルガーからポラックまでの水の研究と生命の関係をエーテル統合理論で解説していきます。乞うご期待😃
2024年3月3日(日)大阪(TUEET総会)

2024年3月6日(水)東京(単発講座)



🌟眠れなくなるほど面白い「鉄」のお話
 12月7日(木) の15:30-17:30に、東京の品川で開催いたしました。「現代人の鉄欠乏性貧血の根本治療が鉄制限」というパラドックスをじっくりお伝えします。現在、オンライン配信を現在準備中でございます。

 

🌟サイエンスの歴史を変えた!大反響のエーテル医学」講義が視聴できます!

2023年5月28日に行われたTUEET総会の講義、オンラインでのご提供の準備が整いましたので、ご報告申し上げます🙇

エーテル医学(2時間04分)

・水と大気の振動(53分)

 

🌟最もシンプルで美しい自然・宇宙の法則はこれだ!『エーテル医学への招待



 

 

🌟正式な検査(薬剤、果糖シロップ(果糖ぶどう糖液糖)、農薬・グリフォサート・重金属汚染)をパスした果糖の含有量が高いハチミツを以下にご紹介いたします。

HFL Marri 260g

 



 

 

HFL Jarrah 260g





 

HFL Super Jarrah 260g



🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる

PFAS(ピーファス) フリー
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ


🌟ワンちゃんのタンパク質補給に!

高タンパク質サプリメント:メディフェリン

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

🌟ここでしか話せない世界の真実とリアルサイエンス

ウエルネス・ラジオ

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エーテルエネルギー学会(TUEET)(インスタグラム)
ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟『生命のフローとオメガ3』講義

オメガ3が生命のフローを止める最強の毒性物質であることを詳しくお伝えしています。リアルサイエンスに触れたい方は是非ご視聴ください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

『オメガ3神話の真実』

 

 

 

🌟『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!』

●アマゾン予約の方はこちらから

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋(無料動画)

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

 

 

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『「便器の蓋を閉めて流す」のは迷信?〜リアルサイエンスシリーズ』

 

 

ニュー・ノーマル時代に入った現在、日本のホテルやデパートなどのトイレに入ると、「流すときには、便器の蓋を閉じましょう」という標語が貼ってあります。

 

 



 

 

実際に、トイレで流す尿、便、あるいは嘔吐物などからのエアロゾルが空中に散布されています。

 

 

 

 

 

排便後、流す前に便器を閉じた場合は、トイレ内のバクテリア(細菌)のエアロゾル数が減少したという過去の研究が報告されています(Potential for aerosolization of Clostridium difficile after flushing toilets: the role of toilet lids in reducing environmental contamination risk. J Hosp Infect. 2012;80:1–5)。

 

 

 

 

 

 

 

ウイルス粒子(実際はエクソソーム)のエアロゾルもやはり便器の蓋を閉じてから流した方が、エアロゾル数は少なくなるのでしょうか?

 



 

便器の蓋を閉めてから水を流すことによる、ウイルス粒子を含んだエアロゾルの発生とトイレの床や壁などの表面へのウイルス粒子の付着に与える影響を調べた最新の研究で報告されていました(Impacts of lid closure during toilet flushing and of toilet bowl cleaning on viral contamination of surfaces in United States restrooms. American Journal of Infection Control 52 (2024) 141–146)。

 

 

 

 

人体に無害なウイルス(バクテリオファージMS2)を家庭用トイレと公共トイレの便器にまき、便器の蓋を閉めた状態と開けた状態で水を流しました。そして、便器の中の水や、便座、周囲の壁や床などの表面からサンプルを採取しています。

 

 

 

 

その結果、家庭用トイレの水を流す際に蓋が開けられたままだったか閉められたかにかかわりなく、トイレ(公衆トイレも含む)のさまざまな表面から採取されたウイルスの量に差はないことが明らかになりました。

 

 

 

 

 

便器の蓋を閉めてから水を流しても、ウイルス粒子のエアロゾル飛散防止には意味がないということになります。

 

 

 

 

便器を塩酸配合の洗剤で掃除すると、便器内の水から検出されるウイルス粒子量が99.99%超減少することも分かりました。

 

 



 

 

 

塩酸の洗剤は私たちにとっても毒性が強いので、水や石鹸などによる洗浄でもバクテリアおよびウイルス粒子(実際はエクソソーム)量が減ることが示されればそれに越したことはありません。

 

 

 

便器の蓋を閉めて流すことより、普段のトイレ掃除の方が大切ということですね(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

ただし、このような実験は、あくまでも「病原体仮説」という信念(エビデンスではない)に基づいたものです。

 

 

 

こまめなトイレ掃除は良いとしても、「感染」という現象については、病原体そのものの問題ではなく、私たち自身の健康をキープしておくことの方が大切であることは言うまでもありません(^_−)−☆。

 

====================================

🌟 『生命(いのち)と水の神秘〜水は脈動する〜』
健康になる「水」と飲むと病気になる「水」の違いは?
シャウベルガーからポラックまでの水の研究と生命の関係をエーテル統合理論で解説していきます。乞うご期待😃
2024年3月3日(日)大阪(TUEET総会)

2024年3月6日(水)東京(単発講座)



🌟眠れなくなるほど面白い「鉄」のお話
 12月7日(木) の15:30-17:30に、東京の品川で開催いたしました。「現代人の鉄欠乏性貧血の根本治療が鉄制限」というパラドックスをじっくりお伝えします。現在、オンライン配信を現在準備中でございます。

 

🌟サイエンスの歴史を変えた!大反響のエーテル医学」講義が視聴できます!

2023年5月28日に行われたTUEET総会の講義、オンラインでのご提供の準備が整いましたので、ご報告申し上げます🙇

エーテル医学(2時間04分)

・水と大気の振動(53分)

 

🌟最もシンプルで美しい自然・宇宙の法則はこれだ!『エーテル医学への招待



 

 

🌟正式な検査(薬剤、果糖シロップ(果糖ぶどう糖液糖)、農薬・グリフォサート・重金属汚染)をパスした果糖の含有量が高いハチミツを以下にご紹介いたします。

HFL Marri 260g

 



 

 

HFL Jarrah 260g





 

HFL Super Jarrah 260g



🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる

PFAS(ピーファス) フリー
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ


🌟ワンちゃんのタンパク質補給に!

高タンパク質サプリメント:メディフェリン

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

🌟ここでしか話せない世界の真実とリアルサイエンス

ウエルネス・ラジオ

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エーテルエネルギー学会(TUEET)(インスタグラム)
ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟『生命のフローとオメガ3』講義

オメガ3が生命のフローを止める最強の毒性物質であることを詳しくお伝えしています。リアルサイエンスに触れたい方は是非ご視聴ください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

『オメガ3神話の真実』

 

 

 

🌟『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!』

●アマゾン予約の方はこちらから

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋(無料動画)

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

 

 

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ペットボトルの水について〜リアルサイエンスシリーズ』

 

 

 

私たちが、サバイバルする上で、最も重要な資源は何でしょうか?



 

 

私たちが食べ物としている植物や動物も依存しています。

 

 

 

 

それは「水」です。

 

 

 

 

戦争、食糧危機を含む大規模な人災に備える世界中のプレッパーたちが、真っ先に確保するのが「水」です。

 

 

 

しかし、「水」はどの水も同じではありません。

 

 



健康や寿命を促進する「水」もあれば、飲むことによって病気になる「水」もあります。

 

 

 

 

いわゆるペットボトルに入っている水について調べた最新の研究が報告されています(Rapid single-particle chemical imaging of nanoplastics by SRS microscopy. Proceedings of the National Academy of Sciences, 2024; 121 (3))。

 

 

 

 

過去記事でも、ペットボトルには無数のナノ(10−9メートル)あるいはマイクロレベル(10−6メートル)のプラスチックの破片が含まれていることをお伝えしてきました。

 

 

 

 

今回の研究では、従来よりも精巧度の高いレーザーを使用した顕微鏡走査を使用して、ペットボトル内の水を調べました。

 

 

 

 

その結果、1リットルの水に11万〜37万個のプラスチックの破片が検出されました。

 

 

 

 

 

そのうち90%はナノサイズのプラスチック破片でした。

 

 

 

 

このラスチック破片数は、従来の報告の10~100倍の数にのぼります。

 

 

 

 

ペットボトルなどプラボトルは、摩擦や太陽光への暴露で、プラスチック破片が水中に著しく増加します。

 

 

 

 

 

ペットボトルのプラスチックは、「フタレート(polyethylene terephthalate)」と呼ばれるエストロゲン作用物質です。

 

 

 

 

このフタレートよりも、水をボトリングする際に使用したプラスチックフィルターの破片(ポリアミド(ナイロンの一種)、塩化ポリビニルなど)が大量に見つかったようです。

 

 

 

これらの破片も強いエストロゲン作用を持ちます。

 

 

 

そのナノザイズのプラスチック破片は、小腸や肺から容易に侵入して、血液に入ることができます。

 

 

 

血液に入ったナノプラスチック粒子は、今度は脳、心臓そして胎盤に侵入していきます。

 

 

 

健康を取り戻したいとご相談を受けるケースでは、必ずプーファとエストロゲンをフリーにして頂くことをお伝えしています。

 

 

 

エストロゲンの摂取源については、大豆、アルコールや煙などに留意する人はいます。

 

 

 

しかし、毎日飲料する水にも、ペットボトルから大量のエストロゲンが摂取されていることに意外と気づいていません。

 



 

サバイバルはもちろんのこと、健康のことを考えると、「水」の質が最重要になってきます。

 

 

 

3月の「水」の講座では、私たち生命体の健康を左右する「水」の質について、たっぷりとお話しいたします(^_−)−☆。

 

2024年3月3日 大阪

https://kosmotropic.com/shop/other_courses/tueetmeeting20240303/?fbclid=IwAR3UWVyuSCbr_LWukLnnTw-aUK9OjFv2-c6HYQx1LlpUKluINsvTOMgJJsw

 

 

2024年3月6日 東京
https://kosmotropic.com/shop/other_courses/water_therapistmind/?fbclid=IwAR0dvtvjQ6uLXT_A40sHP5bc_rFDleaOzNHkYeANefiVD_lGPP8IguyFgjo

 

 

『“糖悪玉説”を徹底検証する』〜糖質制限を超えて〜

“糖悪玉説”を徹底検証する

 

 

 

先日、「いつものお米をヘルシーに糖質最大59%カット」などと表示した「糖質カット炊飯器」について、消費者庁から景品表示法の「優良誤認」にあたるとして、再発防止などを命じる措置命令を出されたことがニュースになっていました。

 

 

 

消費者庁が件の炊飯器を販売する会社に根拠となる資料の提出を求めたところ、いずれも広告の裏付けとなる合理的な根拠は認められなかったようです。

 

日本では、「糖質カット」と表示すれば何でも売れるほど「糖悪玉説」が浸透しているという象徴のような出来事です。

 

今回、メインストリームのサイエンスで展開されている「糖悪玉説」が本当なのか、はたまたナンセンスであるのかを徹底検証していきます。

 

以下に該当する方にとって有益な講義になります。
・砂糖、甘いものに対して罪悪感がある人
・甘いもので糖尿病や癌になると考えている人
糖質制限に疑問を持っている人
・現代に蔓延する慢性病の自然治癒に興味のある人
・医療・栄養・治療に関わっている人
・事実(ファクト)、エビデンスそして本当の知恵を知りたい人・・・・etc.

 

“糖悪玉説”を徹底検証する』〜糖質制限を超えて〜

講義内容

 

 

・「甘いものが体に悪い」という話はどこから来たのか?
・「砂糖や果糖そのものが害悪」という印象操作
・糖に中毒性はあるのか?
・【果糖悪玉説】果糖は慢性病の原因
・白砂糖は健康に悪い?
・糖でガンが増大する?
・虫歯の原因は「甘いもの」か?
・カロリーゼロという人工甘味料の実態
・悪質な「糖悪玉説」を撃退する
・「砂糖悪玉説」のジャーナリストの主張と実際のエビデンス
・「砂糖=肥満」という事実無根
・砂糖悪玉説の実際の根拠はなかったという衝撃!・・・・etc.

 


まもなく、日本でも食糧危機が演出されます。そのときに、私たちに必要なのは巷の情報ではなく、本当の「知恵」です。

 


今後の世界の大混乱期のサバイバルに最重要の栄養である「糖質」について、初心者の方でも理解できるように詳しくお伝えしていきます。

 

 

皆様の今後の生活、心身の健康維持あるいは子育てにお役立て頂ければと思います。