パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『ストレスホルモンと自殺の関係』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリア

 

 

今回のロックダウンによって、経済的・社会的支援のない絶望の状態で、自殺や無理心中を図る人たちが後を断ちません。

 

 

 

このように社会隔離経済破綻で多くの命が奪われていることは、一向に報道されません。報道されるのは、フェイクパンデミックによる死者数ばかりです。

 

 

 

 

さて、自殺企図や自殺とストレスホルモンであるコルチゾールとの関係は昔から多くの研究が報告されています。

 

 

 

 

 

最新の研究で、このコルチゾールと自殺の関係をまとめた研究論文が報告されました(Int Rev Neurobiol. 2020;152:101-130)。

 

 

 

 

 

 

この研究論文では、慢性的にコルチゾールガ高い状態が自殺の大きな原因であることは再確認されています。

 

 

 

 

医薬品のコルチゾールであるデキサメサゾン(dexamethasone)を投与する検査があります。

 

 

 

 

コルチゾールは環境の変化に応じて、脳の指令で副腎という器官で産生されます。

 

 

 

 

この検査は、「脳の視床下部―脳下垂体―副腎(HPA系)」の環境の変化に対する指令系統がまともに機能しているかを調べる目的で使用さています。

 

 

 

 

 

通常は、デキサメサゾン(dexamethasone)を投与すると、脳がコルチゾールはすでに十分あると判断して、指令を止めます。つまり、副腎でのコルチゾールの産生をストップします。

 

 

 

 

ところが、うつ病や自殺傾向のある人では、この産生ストップがかからずに、コルチゾールが高いままなのです(HPA hyperacitvity)。

 

 

 

 

さらに・・・・・・

 

 

 

 

ストレスに応じて、「脳の視床下部―脳下垂体―副腎(HPA系)」は活動を高めますが、重症のうつ病や自殺企図のある人では、この反応が非常に弱いことも分かっています(HPA hypoacitvity)。

 

 

 

 

 

この場合は、急性ストレスに対応するためのコルチゾールが足りません(ドーパミンの産生も低下)。

 

 

 

 

おそらく、うつ病→自殺の経過では、当初は慢性ストレスでコルチゾールが高くキープされ、経過にしたがってコルチゾールの産生そのものが低下していくと考えられます。

 

 

 

 

 

これは慢性にコルチゾールが高い状態では、徐々に全身の細胞の糖のエネルギー代謝がブロックされ、コルチゾール産生(コレステロール変換)することができなくなるためです。

 

 

 

 

もちろん、経済的困窮が当初の慢性コルチゾール上昇をもたらし、そのうち栄養不足(および糖のエネルギー代謝ブロック)でコルチゾール産生さえも不可能にしてしまいます。

 

 

 

 

「ストレスホルモンの慢性的上昇→必要なときの産生の低下」は、うつ病や自殺だけでなく、あらゆる慢性病に共通した現象です。

 

 

 

 

 

 

 

リアルサイエンスでみると、自殺や無理心中の対策はカウンセリングではありません。その対策は、ロックダウンや社会隔離を解除し、経済的支援をすること(迷惑をかけた損失を補填すること、共産主義ベーシックインカムではありません)であることは論を待ちません(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『子供の“ひきつけ”について』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリア

 

 

昔からある種類のワクチン接種によって、「熱性けいれん」が起こることが知られています。

 

 

 

 

 

これは、ワクチンによって全身の炎症がひきおこされ、発熱とともに(あるいは発熱の後)に全身痙攣を起こします。

 

 

 

 

現代医学では、このような痙攣発作やいわゆるてんかん発作については、原因不明としてきました。

 

 

 

 

 

 

私はリアルサイエンスで、この痙攣の原の最大の原因は、あるストレスホルモンにあるとお伝えしてきました。

 

 

 

 

 

 

このストレスホルモンは、脳神経細胞だけでなく、身体のすべての細胞を興奮状態にします。

 

 

 

 

 

そのホルモンとは・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

エストロゲンです。

 

 

 

 

 

 

ワクチンなどで炎症が引き起こされると、このエストロゲンが誘導されます。

 

 

 

 

 

エストロゲンによって細胞は興奮状態からリラックス状態に戻れなくなります(リラックスするには糖のエネルギー代謝が必要(^_−)−☆)。

 

 




実際にエストロゲンを誘導するアロマテースという酵素をブロックすると、痙攣発作が治ることが報告されています(eLife. 2016; 5: e12917.)。

 

 

 

 

 

またエストロゲンは肥満細胞を刺激して、炎症性物質を放出させます(J Neuroinflammation. 2011 Nov 30;8:168)。特に血管のリークネス(リーキーベッセル)によって、さらに毒性物質を細胞内に流入させます。

 

 

 

 

 

これによって、さらに細胞は興奮状態が強化されます。

 

 

 

 

エストロゲン作用を持つプロゲステロンが肥満細胞の興奮も抑えるのは興味深い事実です(Int J Immunopathol Pharmacol. Oct-Dec 2006;19(4):787-94)。

 

 

 

 

 

さて、すべての子供に熱性痙攣が見られないのは、何故でしょうか?

 

 

 

 

 

 

それは、エストロゲンの誘導は、プーファの蓄積量に依存するからです。プーファが体内に蓄積するほど、アロマテースが誘導されてエストロゲンが過剰に産生されます。

 

 

 

 

プーファリッチの人工粉ミルク(コチラの記事も)や離乳食を摂取するほど、痙攣発作が起きやすくなります(あとは、母親の鉄剤摂取の介在です。鉄とプーファはあらゆる病態の中心にあります)。

 

 

 

 

 

 

リアルサイエンスを学ぶと原因不明の痙攣やてんかん発作の根本的治療は明確になりますね(^_−)−☆。

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『健康な人にマスクや外出自粛をしてはいけない理由〜その2』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

暑くなってくるとマスク装着はより窒息感で苦しくなりますね。鼻や口の周りが汗だくになって大変です・・・・・・

 

 

 

 

 

ケミカルまみれのマスクでは、毒性物質を吸引します。

 

 

 

さらに、マスクをすると酸素濃度は低下する一方で、二酸化炭素はマスクから逃げていきますから、まったく利点が見つかりません。

 

 

 

 

マスクを強制されることのストレスで、“免疫抑制”がかかる、つまり感染症や慢性病になりやすくなることも見逃してはならない点です。

 

 

 

 

 

 

そもそもマスク消毒・殺菌という思想(リアルサイエンスではない)そのものが、誤った前提(病原体病因説「germ theory」)に立っていることを俯瞰できていません・・・・・

 

 

 

 

さて、社会との隔離(social isolation)によって起こる抑うつ症状は、心筋梗塞脳卒中による死亡率を有意に高めます(もちろんうつ病そのものが心筋梗塞の因子)(Heart 2018;104:1536–42)。

 

 

 

 

今回の社会隔離政策によって、一般の人(労働者)の家計が大打撃を受けました。

 

 

 

 

 

最新の研究で、社会隔離そのものによるあらゆる死亡率の上昇および、この収入の落ち込みに対する経済的サポートの欠如が、心臓血管疾患の発症リスクを高めることが報告されました(Heart 2020;0:1–7)。

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症(COVID−19)というフェイクパンデミックよりも、その対策そのもので重篤な病に陥ることが明確にされているのです。

 

 

 

さらに・・・・・

 

 

 

 

最新の米国国防省(National Biodefense Analysis and Countermeasures Center)の研究で、太陽光が新型コロナウイルスSARS-COV-2)を強力に不活性化することが明らかにされました(J Infect Dis. 2020 May 20;jiaa274)。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスSARS-COV-2)があると想定される唾液や培養細胞(Vero cells)に太陽光をあてた実験です(ウイルスはCDCの配給)。

 

 

 

 

唾液の検体では、6.8分ごとに新型コロナウイルスSARS-COV-2)の90%が不活性化されました。

 

 

培養細胞では、14.3分ごとに新型コロナウイルスSARS-COV-2)の90%が不活性化されました。

 

 

 

 

この太陽光の強さは、緯度40°の場所での夏至の昼間に相当するといいます。

 

 

 

ちなみに冬の緯度40°の場所での冬至の昼間の太陽光でも、14.3分ごとに唾液検体中のウイルスの90%が不活性化したようです。

 

 

 

その一方で室内や暗室では、新型コロナウイルスSARS-COV-2)の活性(感染性)は継続するとしています。

 

 

 

 

新型コロナウイルスSARS-COV-2)そのものの存在証明がなされていない事を脇に置いたとしても、この研究からは、積極的に屋外に出る方が感染率は低下することを明確に示しています。

 

 

 

 

たとえ健康ではない人が、屋外で咳やくしゃみをしたとしても、太陽光がそれを不活性化してくれるのです。

 

 

 

 

1918年のスペイン風邪の治療も屋外療法が功を奏したことを過去記事でもお伝えしました。

 

 

太陽光はビタミンDの産生を促してくれるだけでなく、糖のエネルギー代謝を高めてくれます。

 

 

健康人はもちろんのこと、病人でさえも屋外に出た方が感染症だけでなく、心臓血管疾患を含めたあらゆる慢性病の死亡率を低下させることができるのです。

 

 

 

 

次回のフェイクパンデミックではどのような“言い訳”を押し付けて、私たちの思想・行動の自由を奪うのか見ものですね(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

 

 

5月24日 右矢印 はちみつ講座

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『健康な人にマスクや外出自粛をしてはいけない理由~その1』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

私は、今回のフェイクパンデミックで、一番被害をこうむったのは、子供達だと考えています。

 

 

 

 

私のような初期老人でさえ、自由に外出したり、買い物したりできない状況で、気分が塞いでいましたが、まだ太陽の光を浴びて活発に行動する必要のある子供たちには、心身の健全な発達の大打撃になったでしょう。

 

 

 

 

さて、そろそろゲイツ君が矢面に立って行う今年の冬の”パンデミック2(plandemic)”の予行演習が終わろうとしています。

 

 

 

 

今回の予行演習の最大の成果は、健康人を分断して家に押し込めたことです(もう一つは、中間層が消失したこと)。

 

 

 

 

日本では比較的緩かったようですが、諸外国ではマスクなしで外出すると、罰金刑です。買い物ひとつも身分証明書の提出が必要です。

 

 

 

 

さて、この健康人を押し込める言い訳として、「無症状の人間からも感染が拡大していく」というプロパガンダがなされています(これはオンライン講義でもお伝えしたようにある研究論文の間違った解釈が元になっています)。

 

 

 

 

 

PCR抗体検査の欺瞞だけでなく、そもそもウイルスの存在が一度も確かめられていないという厳然たる事実から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の何を語っても無意味(本質的でない)です(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の議論はヤラセということ)。

 

 

 

 

 

 

しかし、今回は最新の研究で表面的なプロパガンダさえも論破されていることをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

その研究は、PCR検査で新型コロナウイルスSARS-COV-2)感染が確認されている健康人(無症状)の人に接触した445人を調査したものです(Respir Med. 2020 May 13 : 106026)。

 

 

 

 

この445人のうち、発熱を併発したものは、たったの8人。その内訳は7人が入院している患者で1人が家族。

 

 

 

 

 

ところが・・・・・・

 

 

 

 

この発熱を併発した人も含めて、445人の誰もPCR検査で新型コロナウイルスSARS-COV-2)陽性にはなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

ご丁寧に胸部CTも撮影しましたが、誰1人として今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の典型的所見は皆無でした。

 

 

 

血液検査でもほぼ全員が今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の典型的所見がなかったのです。

 

 

 

 

つまり、8人の発熱の併発も別の原因ということになります。

 

 

 

 

この研究論文の結論は、苦し紛れに「無症状者の感染力は弱い可能性がある」と表現しています(そうしないと論文掲載してもらえない(^_−)−☆)。

 

 

 

 

しかし、結果を見れば、「健康人の感染性はない」とクリアーカットいってよい完全な“シロ”であることは明白です。

 

 

 

 

 

まったくの曖昧なところはありません。

 

 

 

 

健康人がマスクをしたり、外出自粛したりすることの根拠は“ゼロ”ということです。

 

 

 

 

 

 

さあ、これで健康人を分断して押し込める理由が薄まった・・・・・

 

 

 

 

 

 

このあと、この内容を打ち消すために、慌ててデータ改竄した反対論文が噴出してくるでしょう(これは毎回同じパターンですから、よく観察しておいてください(^_−)−☆)。

 

 

 

 

 

なんとしてもパンデミック2を計画通りに施行するためには、現代のサイエンスはその‘僕“となって働かされるのです。

 

 

 

 

これらはいずれにせよ、前述したように本質的な議論ではありませんが、表層で展開されているプロパガンダでさえ、すでに空中分解しているという“情けない”現状(もうちょっとマシなフェイクを作らないと・・・・)を知って頂ければと思います。

 

 

 

 

健康人は臆することなく、どんどん外出して自由闊達に活動しましょう(^_−)−☆。

 

 

 

 

5月24日 右矢印 はちみつ講座

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『ウイルス感染症で摂取してはいけないサプリメントとは?』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

皆さんだけでなく、専門家でも勘違いしていることがたくさんあります。

 

 

 

 

そのうちの一つが「抗炎症作用」と呼ばれるものについての認識です。

 

 

 

 

“抗炎症”と聞くと、感染症関節リウマチなどの自己免疫疾患、自閉症アルツハイマー病などの炎症性神経疾患も有効な様に聞こえますね。

 

 

 

 

ところが、この“抗炎症”という言葉は、実は玉石混交しています。

 

 

 

 

 

まず玉の方は、余分な炎症性物質の産生を抑えることで、私たちの組織・細胞のダメージを緩和します(これは主にプーファから産生される炎症性物質を抑制するおことによる)。

 

 

 

 

 

 

そして石の方は、生命場のゴミ掃除そのものを止めてしますことです。

 

 

 

 

 

これは、低血糖と同じく生命最大の危機をもたらします。

 

 

 

 

 

私たち生命体は、生命場にゴミが散乱するのを嫌うからです(『新・免疫革命』参照)。

 

 

専門家でもこの2つを混同しています。

 

 

 

 

私たちが必要とする抗炎症は、前者の玉の作用であり、後者の石の作用ではありません。

 

 

 

 

さて、その後者の石の作用をもたらすサプリメントが現実の社会では蔓延しています。

 

 

 

 

 

その代表がDHA,EPAなどのフィッシュオイル(亜麻仁オイルやエゴマなども含む)。

 

 

 

 

 

実際にフィッシュオイルを与えた動物実験では、インフルエンザウイルス感染症に罹りやすくなったことが報告されています(J Nutr. 1999 Feb;129(2):328-35)(J Nutr. 2009 Aug; 139(8): 1588–1594)。

 

 

 

これらの実験では、生命場のゴミ掃除役である好中球やNK(ナチュラルキラー)細胞、あるいはそこから誘導されるキラーT細胞(CD8)などの数と機能が低下したという結果が示されています。

 

 

 

 

フィッシュオイルを代表とするオメガ3が、マクロファージなどの生命場の掃除にダメージを与えると、生命場はゴミが散乱します。

 

 

 

 

やがて、このゴミや炎症を引き起こす“炎症ゴミ”となって、私たちの心身を破壊・蝕んでいくのです(『オメガ3の真実』参照)。

 

 

 

 

 

もちろん、フィッシュオイルなどのオメガ3は、感染症だけでなく、ガンを始めあらゆる慢性病の原因となります。

 

 

 

 

オメガ3の抗炎症というのは、後者の石の方なのです。

 

 

 

 

 

本当は、オメガ3に関しては、“抗炎症”という単語を使用すべきではありません。

 

 

 

 

オメガ3の適切な作用は、リアルサイエンスでは“免疫抑制(形態形成維持障害)”と表現すべきなのです。

 

 

 

 

感染症に限らず、健康の維持のためにも、化学合成あるいは抽出過程の複雑な医薬品やサプリメントの摂取はお勧めしていませんが、特にオメガ3のサプリメントはその合成過程からも最も危険な部類に入ります(拙著『オメガ3の真実』)。

 

 

 

 

 

現代社会では、当たり前のことを普通に言う事が困難になっている時こそ、リアルサイエンスが必要とされるのです(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

5月24日 右矢印 はちみつ講座

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『胎児の発育不全とバイアグラ』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

世にも恐ろしい臨床試験が行われていました。

 

 

 

 

なんと、胎児の発育不全(Fetal growth restriction (FGR))に対して、妊婦にバイアグラを投与するという実験。。。。。。。。

 

 

 

 

妊娠中の胎児の発育不全は、死産、流産、未熟児の誕生の原因となることが分かっています。

 

 

 

 

 

もちろん、その原因は、母親の糖のエネルギー代謝の低下です。

 

 

 

 

バイアグラは、高血圧や男性の勃起不全に使用されている医薬品。

 

 

 

 

 

その根拠となっているメカニズムは、バイアグラ一酸化窒素(NO)という血管を拡張する作用があるというものです。

 

 

 

 

 

実際は、一酸化窒素(NO)は、強力な炎症を引き起こして、結果的にリーキーベッセル血管から血液が漏れ出る)を引き起こして血管を拡張します(それ以外にも青酸カリと同じ作用物質でもあります)。

 

 

 

これはいわゆる病的な結果の血管拡張に過ぎません。

 

 

 

 

 

 

あの狭心症で舌下で使用されるニトロも同じ。

 

 

 

 

 

 

 

血管を拡張したら、胎児への血流も多くなり、発育が促されるであろうという安易な発想で、オランダでバイアグラを妊婦に投与するという臨床試験が本当に開始されたのです。

 

 

 

 

しかし・・・・・

 

 

 

 

生まれてきた赤ちゃんが、肺障害(肺高血圧、ARDS)によって、死亡する事例が11例もあったため、臨床試験を中止しています(Lancet Child Adolesc Health. 2019 Mar;3(3):e2-e3)。

 

 

 

 

 

妊婦マウスにバイアグラを投与した最新の動物実験でも、仔マウスに高血圧、肥満、耐糖能異常(糖尿病)が出現しています(Am J Physiol Heart Circ Physiol, 318 (2), H252-H263 2020 Feb 1)。

 

 

 

 

これらは、一酸化窒素(NO)による糖のエネルギー代謝の低下から、他臓器にわたって慢性炎症を引き起こされたことが原因です。

 

 

 

 

ちなみに、妊婦に抗うつ薬SSRISNRI)を投与すると、新生児に有意に肺高血圧症が高まることも分かっています(Br J Clin Pharmacol. 2017 May;83(5):1126-1133)。

 

 

 

 

 

これは、薬剤によって上昇するセロトニンそのものが肺の血管にダメージを与えることだけではありません。セロトニンは一酸化窒素(NO)を上昇させる作用もあるからです(Eur J Neurosci. 1996 May;8(5):959-67)(Br J Pharmacol. 2004 Feb; 141(3): 407–414)。

 

 

 

 

 

 

サイエンスの基礎が分かっていれば、このような唖然とするような臨床実験を行うことはなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

一酸化窒素(NO)は、元々は第二次世界大戦のダイナマイトからの転用物資です。

 

 

 

 

 

残念ながら、「一酸化窒素(NO)=血管拡張」に最も洗脳されているのが、現場の医師たちです。

 

 

 

 

 

 

血管を拡張し、血流をアップするのは、一酸化窒素(NO)のような毒物でなく、糖のエネルギー代謝であることを再認識しておきましょう(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

 

 

5月24日 右矢印 はちみつ講座

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『原因不明の難病も糖のエネルギー代謝が鍵!』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

現代では難病指定されている慢性疲労症候群CFS)(こちらの記事も)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)多発性硬化症(MS)も糖のエネルギー代謝を回せば改善・治癒していくことをお伝えしてきました。

 

 

 

 

ガンを含めて難病と言われるこれらの慢性病は、糖ではなく、脂肪(特にプーファ)を燃料としていることが特徴です。

 

 

 

 

 

 

最新の研究でも、腸の慢性炎症疾患であるクローン病も同じく、糖のエネルギー代謝低下によるものであることが証明されています(Gut. 2020 Feb 28;gutjnl-2019-319514)。

 

 

 

 

 

この研究では、糖のエネルギー代謝を回す重要な酵素(PDH)を活性化する物質(DCA)が使用されています。

 

 

 

 

 

 

この物質は、フルクトースカフェインなどと同じ作用を持っています。

 

 

 

 

 

 

「糖のエネルギー代謝を回す」というのは、糖からの電子をミトコンドリアまで運んで完全燃焼することを意味しています。

 

 

 

 

 

脂肪を燃料源とすると、この「糖のエネルギー代謝」が完全に停止するか、不完全燃焼で終わります。

 

 

(糖の不完全燃焼とは、解糖系の亢進のことで、乳酸が蓄積することを意味します。)

 

 

 

 

今回のクローン病の実験でも、この糖の不完全燃焼を抑える(糖の電子をミトコンドリアまで運ぶ)ことで改善が認められています。

 

 

 

糖の不完全燃焼では、乳酸という毒性のある廃棄物が蓄積します。

 

 

 

 

この乳酸蓄積の最大の問題は、ミラクルホルモンである二酸化炭素産生量の減少が起こる事です。

 

 

 

 

 

 

脂肪(特にプーファ)を燃焼させた場合も、糖と比較して二酸化炭素産生量が減少します。

 

 

 

 

 

そして、長期的には、脂肪燃焼は、完全に二酸化炭素およびエネルギーの産生所であるミトコンドリアを破壊(完全な糖のエネルギー代謝の停止)していきます。

 

 

 

 

 

砂糖悪玉説が現代医学でさえ、完全否定されるにいたって、慌てて今度は「果糖悪玉説」(コチラコチラの記事も)を必死になってプロパガンダしています(フルクトース悪玉説の研究論文はすべてサイエンスではない<研究デザインに無理がある>ことを『自然治癒はハチミツから』に明確に詳述しています)。

 

 

 

 

 

残念ながら、日本人の大半は、 「フルクトースが悪い」という“悪あがき”論文が出るたびに、それに右往左往しています。

 

 

 

 

 

しかし、難病と言われる慢性病は、全て糖のエネルギー代謝の低下による“代謝病”であることがリアルサイエンスでは明確になっているのです(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

5月24日 右矢印 はちみつ講座

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス