パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『乳化剤と脳卒中の関係』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

あらゆる加工食品に入れ込まれている添加物に「乳化剤」なるものがあります。

 

 

 

 

食品だけでなく、ソープ、化粧品などのパーソナルケア商品、医薬品、ワクチンなど
にも広く利用されています。

 

 

 



 

本来なら分離する油と水を混ぜる作用をします。

 

 

 

 

マクドナルド、サブウェイ、バーガーキングなどの悪名高いファストフードが20年間放置しても腐敗しない理由として、この乳化剤が高濃度入っていることが大きな要因と考えられています。

 

 

 

さて、最新の研究で、一般に広く使用されている乳化剤が、脳卒中の原因になっていることが報告されました(Sci Transl Med. 2019 Nov 27;11(520). pii: eaaw3521)。

 

 

 

 

 

今回、調査対象となった乳化剤は、ワクチンにも含まれているポリソルベート80(Polysorbate 80 (P80))。





この乳化剤がリーキーガットを引き起こしますが、それによってエンドトキシン(内毒素)が全身に循環して炎症を引き起こします。

 

 

 

 




脳の静脈にも炎症を引き起こし、海綿状脳血管腫(Cerebral Cavernous Malformation)を形成します。

 

 

 

 

 

 

脳神経外科領域では、この血管奇形の発生は原因不明であるとされていますが、脳内出血やけいれん発作を引き起こすことが知られています。

 

 

 

 

 

先天性(遺伝性)とされている脳血管の奇形も、実は現代社会が作ったものだったのです。

 

 

 

 

もちろん、乳化剤以外でもピルや消化の悪い食物繊維(豆類、全粒粉穀物など)などのリーキーガットを引き起こすものも、脳血管奇形の原因となり得ます。

 

 

 

 

今まで原因不明とされた難病も、糖のエネルギー代謝との関連で見るとクリアーカットになっていきますね(^_−)−☆。

 

 

 

『遺伝子を調べるとあなたの病気の予測は可能か?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

出自が良くないと、その人の行動様式や仕草に現れる・・・・

 

 

 

 

あなたの才能、行動様式、身体的特徴、病気のなりやすさなどは、あなたの生まれ、体質、あるいは遺伝子によって決まっている・・・・

 

 

 

 

一見、この様な「遺伝子決定論」はサイエンスかのように錯覚させられています。

 

 

 

 

権力者たちの優生思想、変形キリスト教思想(predestination)に基づいた「遺伝子決定論」というファンタジーが、遺伝子研究者(geneticist)から異議を唱えられることとなりました。

 

 

 

 

 

まさに飼い犬に噛まれたという形ですね(^_−)−☆。

 

 

 

 

最新の研究で、慢性病の発症リスクの予測で、遺伝子解析はほとんど役に立たないことが報告されました(PLoS One. 2019 Dec 5;14(12):e0220215)。

 

 

 

 

遺伝子研究で飯を食っている研究者でさえ、慢性病の遺伝子の関与は多く見積もっても“5%以下”という結論を遺伝子解析(genome-wide association studies)から結論づけています。

 

 

 

 

 

ということは、慢性病の95%以上は、環境によって引き起こされるということです。

 

 

 

 

 

何度も繰り返し述べますが、私たちは“遺伝子の囚人”ではありません。

 

 

 

 

 

それでは、なぜ一見出自や生育環境がその人の行動様式を決定しているように見えるのでしょうか?

 

 

 

 

 

それは、先祖が受けた環境の影響こそが遺伝する現象(epigenetics)があるからです。

 

 

 

 

基礎医学『エネルギー代謝と遺伝子』でお伝えしいますが、このような先祖の環境遺伝は、線虫の研究では、少なくとも14世代まで続くことが分かっています(Science. 2017 Apr 21;356(6335):320-323)。

 

 

 

 

 

ヒトでは、まだここ数十年の研究が開始されたばかりで、今のところ3世代は確実に環境遺伝することが分かっています。

 

 

 

 

みなさんが、何を食べ、どのような生活習慣を送っているか、あるいはどのような環境暴露にあるのかが、子々孫々と伝わっていくのです。

 

 

『薬はあなたを別人にかえる:「バットマンキラー」と呼ばれた男』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

2012年のコロラドで、子供を含む12人を銃殺した痛々しい事件がありました。

 

 

 

 

主犯は、当時24歳の大学院生で、映画バッドマンを夜のロードショー中に観客を射殺したことから、その非情さからも凶悪犯罪者として「バットマンキラー(The Batman Killer)」と騒がれました。

 

 

 

 

判決は、12回の終身刑と3,318年の終身刑でした。

 

 

 

 

 

 

この彼の幼少時からのストーリーをたまたま読む機会がありました。

 

 

 

 

 

彼は幼少時より内向的で社会性が低いタイプの人間だったようです。

 

 

 

 

大学院生になって、自分の性格の悩みをカウンセラーを通じて、精神科医に相談したところ、ゾロフト(sertraline)という脳内セロトニン濃度を高める抗うつ薬SSRI)を投与されたのです。

 

 

 

 

するとしばらくして、彼の性格に由来する不安や心配が解消され、何も恐れるものがなくなるどころか、今まで他者にはなかった敵意を抱くようになりました(私が臨床的に経験しているのは、この種の抗うつ薬を服用すると、感情がフラットになっていきます)。

 

 

ただ、問題は、「人類はいなくなった方が良い」という妄想が膨らんでいたのです。

 

 

 

 

そこで、精神科医はその薬を倍増しました。

 

 

 

 

 

彼は、しばらくその倍増された薬を飲んでから、妄想などの精神状態が悪化したため、急に服薬を中止したようです。

 

 

 

 

 

その後、今まで興味もなかった銃を買い求め、髪の毛も赤に染めて、奇怪な行動をとるようになります。

 

 

 

 

 

そして運命の日・・・・・

 

 

 

 

 

ちょうど医師が最後の処方をしてから24日目のことでした。

 

 

 

 

 

 

実は、この種の抗うつ薬を急に止めると、さらに精神症状が悪化する「離脱症候群(withdrawal syndrome)」が起こります。

 

 

 

 

 

だいたい2週間〜1ヶ月ほど離脱の期間に激しい精神症状の悪化があります。人によっては2ヶ月も続く場合もあります。

 

 

 

 

 

ステロイドなどの免疫抑制剤も同じですが、急に中止すると激烈な症状の悪化が1ヶ月は認められます。

 

 

 

 

敵意や攻撃性といった反社会性特質(および犯罪性:antisocial personality)は、脳内セロトニンの上昇であることはサイエンスの世界でも確かめられています(BMC Proc. 2015; 9(Suppl 1): A49)。

 

 

 

 

 

もちろん、ビッグファーマのファイザーは、自社のゾロフト製品と他殺の関係を否定しています。

 

 

 

 

 

急に症状を抑制するという行為が、結果的にさらに病態を悪化させるたけでなく、必ず重大な副作用をもたらすのです。

 

 

 

 

 

全ての事に共通しますが、短期的な症状(物事)の解決、いわゆるゴマカシや先送りは、後で取り返しのつかない事態を招きます。

 

 

 

 

この記事を読んで、改めて医薬品(あるいは劇薬物質)の恐ろしさを私自身も再確認しました。

 

 

『CTやX線被曝は安全といえるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

現代医学では、X線やCT検査での放射線被曝は、「低線量被曝」と位置付けて、人体に対して「安全」を唄っています。

 

 

 

 

 

本当でしょうか?

 

 

 

X線やCT検査での「低線量被曝」に関して、最新の2つの研究が報告されていますので、シェアしたいと思います。

 

 

 

 

まず一つ目は、3回のCT被曝線量(50ミリグレイ)をマウスに照射した実験(Cell Stem Cell. 2019 Sep 5;25(3):329-341.e6)。

 

 

 

 

 

マウスの食道粘膜を調べると、ガンに発展する変異遺伝子(P 53 mutant)をもった細胞が、正常細胞を凌駕していました。

 

 

 

 

 

いつ食道がんに発展してもおかしくない状況になったということです。

 

 

 

 

もう一つの実験は、ヒトの培養細胞に低線量被曝(200 mGy)を与えた研究(PLOS Genetics, 2020; 16 (1): e1008550)。

 

 

 

 

 

その結果、遺伝子(DNA)が切断されて、外来の遺伝子が挿入される様になりました。

 

 

 

 

 

基礎医学で詳しくお伝えした「遺伝子のジャンピング」現象が起きたのです。

 

 

 

 

 

遺伝子の突然変異のほとんどは、この「遺伝子のジャンピング」によって起こります。

 

 

 

 

現代医学では、このことを決して教えません。

 

 

 




遺伝子がストレスによって、細胞内だけでなく、全身を循環してジャンピングするという生命現象を認めると、GMO(遺伝子組み換え)やGE(遺伝子編集)がヤバイことになるからですね。

 

 

 

 

以上の研究では、あくまでも遺伝子の変異しか調べていません。

 

 

 

 

 

 

実際は、プーファの脂質過酸化反応やストレスホルモンなどの影響が子々孫々まで影響していきます。

 

 

 

 

 

1回の歯科でのレントンゲン検査の様なもっと低線量でも、人体に多大な影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

PET 検査など論外ということです。

 

 

 

 

 

放射線安全説(あるいは放射線ホルミシス)」というとんでもないプロパガンダを容易に信じる人が後を絶たない状況を権力者はほくそ笑んでいるでしょう。

 

 

 

サイエンスの基礎から積み上げていくことで、放射線の真実も明らかになっていきます (^_−)−☆。

 

『プーファと愛情ホルモンの関係』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

愛のホルモンと誤解されている「オキシトシン」。

 

 

 

 

 

実際は、ストレスホルモンであることをお伝えしてきました(TUEET基礎医学『エネルギー代謝と脳下垂体ホルモン』参)。

 

 

 

 

 

最近、このオキシトシン濃度が高まると、高血糖、肥満になることが臨床試験で報告される様になりました(Drug Discov. Today Dis. Mech. 2013;10(1-2):e63–e68)(J. Clin. Endocrinol. Metab. 2019. doi:10.1210/jc.2019-00643)(Endocr. Pract. 2016;22(7):885–894.)。

 

 

 

 

 

 

まだ大半のオキシトシンの研究では、逆に「抗肥満作用がある」のオンパレードですが、今後の研究で真実が露呈していくでしょう。

 

 

 

 

さて、すでにプーファ、特に植物油脂(オメガ6)に関しては、現代医学でさえも、公然と肥満、糖尿病などのメタボの原因物質であることを認めています(糖が糖尿病の原因ではありません(^_−)−☆)。

 

 

 

 

 

 

このプーファによる糖尿病化は、多数の糖のエネルギー代謝ブロック作用によります。

 

 

 

 

そして、さらに・・・・・・

 

 

 

 

 

最新の動物実験で、プーファとオキシトシンの関係を調べた研究が報告されています(Endocrinology. 2020 Jan 8. pii: bqz044)。

 

 

 

 

 

高プーファ食(大豆油)では、ココナッツオイルリッチあるいはコントロール食に対して血液中のオキシトシン(oxytocin peptide)濃度が高まりました(その他のストレスホルモンであるエンドルフィン系や抗利尿ホルモンも同時に上昇)。

 

 

 

 

 

興味深いのは、大豆を遺伝子組み換えして、オレイン酸を増やした遺伝子組み換え大豆油(以前お伝えしたGMOです)を与えた食事でもオキシトシン濃度が高まったということです。

 

 

 

 

 

大豆油およびオレイン酸を増やした遺伝子組み換え大豆油のいずれも、オキシトシン濃度の上昇とともに高血糖、肥満、炎症(脳の視床下部)という糖尿病、メタボリックシンドロームの特徴を示しています。

 

 

 

 

オキシトシンは、プーファというストレスによって産生された結果でもあり、さらに肥満・糖尿病化を進行させる原因ともなるのです。

 

 

 

基礎のサイエンスを積み上げていくと、よりクリアーカットに生命の仕組みが分かるようになりますね(^_−)−☆。

 

 

『1日450gのショ糖追加の効果!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

現代社会の不妊は、今や世界的現象となっています。

 

 

 

特に最近では、男性側の問題も増えてきています。

 

 

 

 

男性の問題では、精子の数だけでなく、そのものの質が低下しているために受精できません。

 

 

 

 

 

さて、この精子の質を短期間で劇的に改善した興味深い研究が報告されています(PLoS Biol. 2019 Dec 26;17(12):e3000559)。

 

 

 

 

 

ヒトの臨床試験で、健康男性対象に1週間健康的な食事にトライしてもらった後、後の1週間にその食事に450g程度のショ糖を追加しました。

 

 

 

 

ショ糖を追加した1週間後に精子の動きを測定すると・・・・

 

 

 

 

なんとその運動量が飛躍的に高まったのです。

 

 

 

 

この時、精子にはある物質がショ糖の追加と同時に増えていました。

 

 

 

 

その物質とは・・・・・

 

 

 

 

RNA( tRNA-derived small RNA (tsRNA))」と呼ばれる遺伝子の小片。

 

 

 

 

この遺伝子の欠片(かけら)は、精子卵子のコミュニケーション物質であることが分かっています。

 




人間や動物の愛と同様、受精にも卵子精子のコミュニケーションが必要なのです。

 

 

 

 


精子は、脳や赤血球と同じく糖依存です。

 

 

 

 

ブドウ糖グルコース)あるいは果糖(フルクトース)しかエネルギー源にできません。

 

 

 

 

ショ糖(グルコース+フルクトース)は、精子にとってコミュニケーション物質を増やすにも最適の栄養素なのです(^_−)−☆。

 

 




もちろん他の臓器も基本的には同じ設計です(^_−)−☆。

 




糖質制限や現代食の高脂肪食(高プーファ食)では、不妊になるのは当然ですね。

 

 

 

 

ハチミツ(グルコース+フルクトース)が古来より不妊に効果があることも、今回改めて証明されたことになります(^_−)−☆。

『乳酸はガン増殖のキープレイヤー』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

約100年前に、あのヨーロッパの銀行家一族のワーバーグ家の一人の男(Otto Warburg)がガンの特徴を突き止めました。

 

 

 

 

 

 

それは、糖のエネルギー代謝(完全燃焼)がブロックされることで、乳酸が蓄積することです。

 

 

 

 

 

彼はこの業績でノーベル賞を受賞しています。

 

 

 

 

 

それ以降、現代医学では、あたかも乳酸はがんの廃棄物であるかのように取り扱ってきました。

 

 




しかし、ようやく近年になって、乳酸そのものがガンを増殖させるエサになることが分かってきました。

 

 

 

 

 

さらに乳酸は、ガンを増殖させるための栄養を確保(新生血管増殖)する役割を持つことも報告されています。

 

 

 

 

 

最新の研究で、乳酸は変異した遺伝子を過剰に発現(タンパク質を作る)させることでガン(乳がん細胞)を増大させることが報告されました(Frontiers in Oncology, 2020; 9)。

 

 

 

 

 

通常の運動で発生する乳酸やフルクトース(果糖)から産生される乳酸は、筋肉組織のエネルギーとなって速やかに消費されます(拙著『自然治癒はハチミツから』)。

 

 

 

 


筋肉にガンができにくい理由は、乳酸を速やかに処理できるからです。

 

 



ところが、ガンから慢性的に発生する乳酸は、全身を循環してガンの発生(細胞のアルカリ・還元化)など様々な悪影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 

私は、この研究結果よりも、乳酸の最大の効果は、鉄、プーファ、コルチゾールエストロゲン、抗酸化物質と同じ「免疫抑制作用」にあるとお伝えしています。

 

 

 

 

 

これらの物質は、形態形成維持をストップするため、生命場に炎症ゴミが蓄積し、それが自己免疫疾患、ガン、メタボリックシンドロームなどあらゆる慢性病を引き起こすことになります。




この辺りも拙著『新・免疫革命』に詳述しましたので、再度復習して頂ければ幸いです。