パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『祈ること』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

昨日は私の唯一の日本人の師(世界でも二人しかいない・・・・( ;∀;))として勉強させて頂いている方とすべてを語り合う時間を頂きました。

 

 

 

少し冷静になって考えてみましょう。

 

 

 

 

やはり書物から情報を得るのが昔からの王道で騙されないための一番の方法です。

 

 

 

 

書物や先祖の言い伝えを知らせないために、テレビ、ラジオ、インターネットで24時間365日やかましくみなさんの思考をかく乱してくるのです。

 

 

 

あのナカソーネ(長生きですね~)が言ったように、「JAL墜落の真相は墓場まで持っていく」という気持ちは分からなくはありません(もちろん私は彼のように人間の狂気に加担していませんが・・・・)。

 

 

 

 

だから真実の一端を暴いたスタンリー・キューブリック(『アイズ・ワイド・シャット』の撮影後、すぐ殺された)は偉大だったと思います。彼には生命体としての良心が少しは残っていたのでしょう。

 

 

 

それとも人間の狂気が嫌になったのか・・・・・

 

 

 

 

さて、今日は日曜日ということで、人間狂気世界の真実の末端のさらに末端の出来事としてですが、たまたま目にした英文記事をご紹介したいと思います(Goldman Sachs asks in biotech research report: 'Is curing patients a sustainable business model?')。

 

 

 

以前より、アスピリンという現在ではとても安価な薬剤に指定される物質があらゆるガンに効果があることが、製薬業界だけでなく、ゴールドマン・ザックスのようなハゲタカからも問題視されてきました(これも証拠つきで後日ご紹介しますね(^_-)-☆)。

 

 

 

最近でもフィッシュオイルとアスピリン低用量では大腸ガンの予防効果がないという論文まで出ていました。フィッシュオイルは予防効果どころかガンの原因になることを研究者(良識があればですが・・・)たちは知っているはずですが、アスピリンと並べることで印象操作しているのが見苦しいほどです。

 

 

 

 

しかもアスピリンの大腸ポリープ発生予防効果がないという、またお粗末な研究内容。アスピリンの大腸がん予防効果はとうの昔から再三報告されています。

 

 

 

 

実際に消炎鎮痛目的で長期にわたって低用量のアスピリンを常用していた関節リウマチの人にはガンの罹患率が極めて低いことが複数報告さています。

 

 

 

それはなぜか・・・・・

 

 

 

 

勘の鋭い皆様ならもうご存知ですよね。

 

 

 

アスピリンのような薬局で売ってるような安い薬でガンが治るのなら、とても高価な抗ガン剤の新薬が売れなくなるからです。

 

 

 

アスピリンは薬価が安すぎてとても利益が膨大に出ません(しかし、そのうち、またアスピリンの構造を少し変えてとてもとても高価な新薬を出すかもですよ。。。。。笑)。

 

 

 

さらに、あのギリアド・サイエンス社タミフルをばらまいた、ラムズフェルドが在籍していた)がC型肝炎の特効薬を出した途端、治癒率が90%にも達してしまったのです。

 

 

 

その結果、2015年に販売売上が1兆2500億円だったものが、2018年には4000億円に落ち込んだことがハゲタカコールドマンに問題視されたのが今回ご紹介した内容です。

 

 

 

C型患者が90%減少するのだから、そこからの感染率は時系列で激減していくわけです。

これは当然の成り行きで製薬会社も患者さんもWIN-WINですよね。

 

 

 

ゴールドマンが文句を言っているのは・・・・・

 

 

 

問題は製薬会社は「株式会社」というだましのシステムになっていること。

 

 

 

そのために、つねに株式をもつ資本家にキャッシュをもたらさないといけません。

 

 

 

薬が効きすぎて、病人(クライアント)が減ったので、リストラでもするか・・・・・

 

 

 

これで株価を維持する・・・・・

 

 

 

これを日産ーカルロス・ゴーン方式といいます(^_-)-☆。

 

 

 

 

というか日本の病院は戦後ずっとゴーン方式コストカット一辺倒だから、最近とみに劣化しているのです。

 

 

 

天皇系(世界最大財閥)の日赤や済生会病院あるいはその関連の聖路加病院(**財団)ばかりが潤沢な税金で潤っていて(病院内に綺麗なレストランなどがあり、とても私企業ではできません)、他の私企業である病院は火の車であることは、医療業界では常識です。

 

 

 

このような非人道的な現代社会システムでは、病気は治るどころが、日々産生されていきます。。。。。。。「イヴァン・イリイチ』の本でも読みましょう(^_-)-☆。

 

 

 

すくなくとも会社(製薬会社も含めて)をスタートアップするには絶対に株式公開してはいけません(すぐに儲かりだすと、魔の手からお誘いがかかります( 笑)。

 

 

 

 

ゴールドマンはあまりにも非人道的な犯罪の自重で自壊していくでしょう(印籠を渡すのはトランプが次期大統領のケネディJrか?)。

 

 

 

まず病気から脱出するためには、資本家の作った金融システム以外で動くチーム(仲間)が必要だと痛感しています。

 

 

 

これからの製薬(ハーブ、アロマ、鉱石、ハチミツ、ホメオパシー、ライトなど)も私たちWIN-WINで共同開発してコミットできるシステムを作っていきたいと思います。

 

 

ご興味のある方はどうそ手を挙げて積極的にご参加ください。

もう私たちに残された人生はあまりありません(^_-)-☆。

 

 

 

巨大すぎる人間の狂気と闘うのではなく(自分だけでなく愛する人たちが無残な結末を迎えるだけ)、

 

できる限りのことをやって子孫のために尽くしていきましょう!

 

 

この歳になって本当のお祈りの意味が分かってきました。

 

 

神社・仏閣・教会(狂気が作った現代システム)ではありません。

 

 

 

 

人間の存在に静かに”祈る”のです。

 

 

みなさんもハッを思い出したときは、人間いや生命体の存在にお祈りを静かに捧げて頂けるとエネルギーが私とつながります(^_-)-☆。

 

 



『エッセンシャルオイルと抗生物質』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

米国ではライム病というダニによって媒介される感染症がよく起こります。

 

 

 

 

通常は抗生物質2~4週間を投与することが治療の中心となっています。

 

 

 

しかし・・・・・

 

 

 

 

抗生物質が効かない場合が10~20%あるとされています。

 

 

 

 

 

 

これはバクテリアは、抗生物質のようなストレスを与えられると、休眠状態に入るという戦略をとるからです(以前にもこのお話をいたしましたね)。

 

 

 

 

 

 

そして抗生物質などのストレス環境がなくなると、また休眠状態から覚醒して増殖し始めます。

 

 

バクテリアにこの戦略をとられたら、抗生物質はひとたまりもありません。。。。(休眠中のバクテリアを覚醒させるのは鉄!『続・免疫革命』DVD)

 

 

 

 

 

 

そこで休眠状態のバクテリアにも効果をもたらすものが探されています。

 

 

 

 

今回、ガーリックなどのエッセンシャルオイルが、休眠中のバクテリアにも効果があることが報告されました(Antibiotics 2018, 7(4), 89)。

 

 

 

 

効果があったのは、

オールスパイス (allspice, Pimenta) 、ニンニク(Allium sativum)、パルマロサグラス(Cymbopogon martini)

コンミフォラ・ミルラ(Commiphora myrrha)、サンナ(Hedychium spicatum)、リツェアクベバ(Litsea cubeba)、シンナムアルデヒド (Cinnamaldehyde)などです。

 

 

 

エッセンシャルオイル抗生物質よりもリーゾナブルな効果をもつことがエビデンスで示されたということですね(^_-)-☆。

 

 

 

(ただし、抗生物質とされるものの中にさらに素晴らしい働きをするものがありますので、次回ご紹介いたします(^_-)-☆。)

 

 

ガンの検査を勧められたらどうする?

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

56歳の女性よりのご相談が友人を通じてきていました。

人間ドックで膵臓に嚢胞が見つかったのですが、再検査で嚢胞が多いくなっていたため、ガンの疑いがあるとして生検検査(膵臓の一部の組織を切り取る)を勧められたということでした。

 

・ガンなのかどうか

・入院して検査を受けた方がよいのか

・良い医師を紹介してくれないか

 

といったよくあるご相談内容です。

 

まだガンというものはほとんどの方が幻想(イリュージョン)を持っておられますので、その回答(ガン安心療法)をシェアいたしますね(^_-)-☆。

 

(転載開始)

 

昔にオーストリア50歳以上のたまたま事故死で亡くなった方々の病理解剖結果が行われました。

 

全員2箇所以上のガン細胞(と現代医学が命名したもの)が発見されています。

 

つまり、私たちの体では日夜ガン細胞が作られては、消えてリサイクルされています。これほど環境の悪化した現代社会においては、わたしたちの体にガン細胞があること自体は異常ではありません。

 

拙著『ガンは安心させなさい』に詳述しましたが、ガン細胞は正常細胞が変態して生き延びた(ほとんどは死滅していく)だけで特殊な細胞ではありません。あくまでも自分の細胞です。

 

 

ある意味、現代医学のいうガン(異物)というのは存在しないといった方が適切でしょう。



なぜなら、ガン細胞は周囲の生命場を整えると正常細胞に戻ることが過去の多数の実験ですでに分かっているからです。

 

 

私も一度大腸ファイアバー検査で発見した大腸内の大きな腫瘍が、1か月後の検査ではあとかたもなく消えていたことを見たことがあります。

 

 

そして昔の優れた臨床医がガンと診断する場合は、すでに多臓器に転移していて、ガン悪液質(脂肪、タンパク質分解されて骨と皮だけになっている)になっている状態のみを指します。

 

 

現在は人間ドックという医療マフィアの利権で、なんでもガンにされてしまいます50歳以上であれば数か所にガン細胞が存在してもおかしくはない)

 

 

何度も言いますが、ガンには実態(Entity)がありません。私たちが肉眼的に切り取って見ているのは、正常細胞の変態形であり、生命場の糖のエネルギー代謝が復活(細胞が安心)すれば、正常細胞に戻ります。

 

 

挙句の果てには、存在しないガンに対するワクチンまで強制接種(かの団体の圧力です)させられるジョージ・オーウェルの世界になっています。

 

 

そしてガンと診断されて三大療法(あるいは高線量被ばくするCTやPET検査も)を受けると、今度は本当に細胞は死滅するか、生き残ったとしてもガン細胞になります。

 

 

 

それを拙著でも詳述いたしましたので、読み返して頂ければ幸いです。

 

 

 

ガンがありますと医師が告げることによって、生命場にストレスがかかると正常細胞がガン細胞に変態することさえあるのです。

 

最後に医師に対してです。

 

医師は自己防衛本能が強いですから、最悪の事態を想定して話さないといけないことは同じ臨床医として理解できます。




しかし、それは非常に可能性が低いということも付け加えないといけません。

 

そうしないと不安を助長する(ガンを作る)ことになることを肝に銘じてほしいです。

不安を助長する(ガンを作る)ことになることを肝に銘じてほしいです。

 

(転載終了)

 

『ミトコンドリア・イヴの真実!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

昔、ミトコンドリア・イヴという話がありましたよね。

 

 

.

 

16±4万年前にアフリカに生存していたと推定された現生人類の最も近い共通女系祖先名付けられた愛称です。

 

 

 

これは「ミトコンドリアDNAは必ず母親から子に受け継がれ、父親から受け継がれることはない。」という前提にたって調べられています。

 

 

 

 

ミトコンドリアDNAを調べれば、母親、祖母と女系をたどることができるとされてきました。

 

 

 

ある現存しる女性のミトコンドリアDNAをさかのぼったときに、たどり着いた女性がアフリカのミトコンドリア・イヴだったという話です。

 

 

これが人類のアフリカ単一起源説を支持する有力な証拠とされてきましたが・・・・

 

 

私もすっかりこの説を信じていました。


しかし、基礎医学で遺伝子を調べていて、おかしいなと気づきました。




それは、父親の環境が子供、孫まで遺伝するからです。

 

 

 

もっというと、父親のミトコンドリアも受精卵に入るのです。

 

 

 

 

最新の研究で、ミトコンドリアDNAは父親からも子供に受け継がれることが証明されました(Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Nov 26. pii: 201810946)。

 

 

 

 

これは今での遺伝学の常識を大きく覆す研究結果です。

 

 

 

 

もちろん人類アフリカ起源説は少なくとも否定されます。

 

 

 

 

 

また子供の気質は、母親の影響が大きいと考えられてきましたが、これも父親・母親のいずれもが影響を与えることが明らかになったのです。

 

 

 

 

 

父親の精子にあるRNAが鍵を握るという話を基礎医学(遺伝子総集編)でお伝えいたしましたが、なんのことはない。父親のミトコンドリアの影響が子供に伝わるのです。

 

 

 

 

これで子供は両親の賜物であり、どちらに責任があるというような些末な次元ではないことははっきりしましたね(^_-)-☆。

 

 

 

 

それでは、人類の起源はどこにあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

また知的好奇心が芽生えてきますね(^_-)-☆。

 

 

 

 

『糖尿病の本当の原因は?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 



甘いものが糖尿病を引き起こすというのは、あながち間違いではありません・・・・

 

 



といったら私が意見が変わったと思うかも知れません(^_-)-☆。

 

 

 

 

いやそうではありません。

 



 

現代の”甘いもの”というのは、「プーファ+デンプン質+添加物」の塊です。

 

 

 




プーファは多価不飽和脂肪酸といい、植物油脂や魚油がその代表です。

 

 



 

 

昔のおやつのなサトウキビジュース、大福や黒蜜のような純粋な糖質ではありませんよね。

 

 

 

 

さて、最近立て続けに糖尿病の発症と関連しているものが報告されています。

 

 

 

 

 

その一つは精神的ストレス(Expert Rev Clin Immunol. 2018 Dec;14(12):1081-1088)。

 

 

 

 

もう一つは運動不足(筋力低下)(J Diabetes Investig. 2018 Nov 2)。

 

 

 

 

これはいずれもプーファに関連しています。

 

 

 

 

まずストレスです。

 

 

ストレスがかかるとストレスホルモンが放出されますね。


ストレスホルモンの代表がアドレナリン、コルチゾール、プロラクチン、成長ホルモンといった面々。

 




このホルモンは何をするのでしょうか?

 

 



いずれも血糖を上げる役割をします。

 

 




砂糖悪玉説にすっかり洗脳された現代人は糖のリザーブ(備蓄)がありません。。。。。。( ;∀;)

 

 

 

 

仕方がないので、これらのストレスホルモンは、脂肪やタンパク質を砕いて糖に変換しようとします。

 



このとき、脂肪を分解して血液中にドバッと出てくるのが、プーファです。

 

 

 



プーファが血液中にあふれると、糖を細胞内で利用することができなくなります。つまり、糖尿病の出来上がり。。。。。

 




次に筋肉量の低下です。いつも座ってばかりいる人は特に脚の筋肉が落ちます。

 

 

 

実は筋肉は安静時にプーファ(食事中や脂肪組織)を燃やしてくれる大事な組織です。

 

 

 



本当は糖をエネルギー源として使いたいけれども、脳、性腺や赤血球などに優先的に糖を流すために、泣く泣く質の悪いエネルギー源(脂肪)を使います(ただし、筋肉が活動するときは糖を使います)。

 

 

 

 

 

まさにプーファに対しては「肉を切らせて骨をたつ」戦略です。

 



この筋肉が落ちるということは、食事中(あるいは脂肪組織中)のプーファを処理することができずに、脂肪組織に、そして肝臓などの他の組織にプーファが蓄積することになります。

 




これはストレスがかかったときに、プーファを血液中に放出することにつながるので、やはり筋肉量の低下は糖尿病の原因の一つになります。

 




実際、糖尿病の人の筋肉量は健常人よりもかなり低下しています。

 

 




昔は糖尿病のことを「筋肉衰弱症候群」と呼んでいたのです(『糖尿病は砂糖で治す』『糖総集編』DVD)。

 

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病の原因は高血糖(結果)ではなく、プーファであることを再確認できましたね(^_-)-☆。





『ビーフジャーキーの危険性!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

私の愛犬だったラブちゃんは、とてもハイパーでした。

 

 

 

 

これも性格かな?と思っていましたが・・・・

 

 

 

ハイパーにしてしまった一つの原因が分かりました。


 

それは、おやつに頻繁にビーフジャーキーを上げていたこと。



 

 

 

ビーフジャーキーのようないわゆる古い保存肉には、たっぷりと硝酸、一酸化窒素(NO)が含まれています。

 

 

 

 

 

保存のために硝酸を添加している食品によって、躁状態になることが報告されました(Mol Psychiatry. 2018 Jul 18)。

 

 

 

 

 

ラットでもたった2週間で硝酸を添加した食品(ヒトが1日に食べる平均量)を食べさせると、躁状態になったといいます。

 

 

 

 

 

硝酸は体内で一酸化窒素(NO)になります。

 




この硝酸は、脳の神経細胞を興奮状態にします(Proc Natl Acad Sci U S A. 1991 Jul 15; 88(14): 63686371)。

 

 

 

これがワンちゃんをハイパーにした原因だった。。。。。

 

 

 

 

 

ごめんなさい。。。。

 

 

 

 

また一酸化窒素(NO)は糖のエネルギー代謝を完全に止めるために、長期的には躁状態からうつ状態になっていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

肉や魚類もフレッシュなものでないと危険です(日本では魚はお勧めいたしません・・・・)。

 

 

 

 

 

つくづくワンちゃんに悪いことをしたと深く反省しています・・・

 

 

 

 

 

一酸化窒素(NO)は、ヒトの多動症躁うつ病てんかん、アルルツハイマー病、パーキンソン病などの原因ということです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、一酸化窒素(NO)は現代医学ではまったく逆を教えています(狭心症薬やバイアグラの成分。。。。( ;∀;))。

 

 

 

 

 

一酸化窒素(NO)は、プーファ、エストロゲンセロトニンアセチルコリンなどと並んで現代医学の大きな汚点となって歴史に残るはずです。

 

 

 

 

 

一酸化窒素(NO)がどれだけ恐ろしい作用をするのかは、基礎医学シリーズ『糖総集編』で復習して頂ければ幸いです!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

『高炭水化物食はカロリー制限と同じ効果!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

日本ではいまだに糖質制限という言葉が生きています。

 

 

 

糖尿病学会でも真剣に議論されている様で驚きを隠せません(^_-)-☆。


 

物理学でさえ、この50年間以上もまったく進歩していないことを考えるとその下流にある医学が進歩どころか後退しているのも頷けますね。

 

 

 

 

 

さて、すでに基礎的なサイエンスや最新の研究報告でも、高炭水化物食の効果が認められています(^_-)-☆。

 

 

 

 

カロリー制限が寿命を延長するメカニズムを拙著『プーファフリーであなたはよみがえる』でお伝えしました(カロリーが減少した効果ではなく、毒性物質の摂取量が減ったことによる健康効果がカロリー制限食の真実(#^.^#))。

 

 

 

 

 

 

さらにカロリー制限は、脳の機能を高める(脳の老化を防ぐ)ことも過去に報告されています。

 

 

 

今回、このようなカロリー制限食の寿命延長・脳機能アップ効果が高炭水化物食(低タンパク質)でも認められたことがマウスの実験で報告されました(Cell Rep. 2018 Nov 20;25(8):2234-2243.e6)。

 

 

 

 

原始人食アップデート版では、炭水化物でも消化の悪いものやリーキーガットを起こす小麦類は推奨していません。

 

 

 

 

 

黒糖、フルーツ、ハチミツ、サツマイモは良質な炭水化物として推奨しています。米も過剰摂取しないならOKです。

 




炭水化物が私たち生命体のエネルギー源であり、チャクラのエネルギーを下から上まで通す食べ物であることを再度ご自分で実感してみてくだされば幸いです!(^^)!