パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『鎮静薬と新型コロナ死亡の関係』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

先日、スコットランドで、このフェイクパンデミックアルツハイマーなどの認知症の死亡率が急増したことが報じられています(https://www.heraldscotland.com/news/18591144.sedation-linked-dementia-deaths-rise-scotland/)。

 

 

 

 

 

 

もちろん、これらの死亡も新型コロナウイルス感染症関連死亡としてカウントされているのですが、いわゆる認知症の高齢者(最近は若年齢化している)を収容している老人施設(nursing home)で鎮静薬(麻酔薬)を多用したことが死亡増の原因だとしています。

 

 

 

 

 

 

スコットランド政府は、慌てて鎮静剤の使用量が増えていないと、苦し紛れの弁明をしています・・・・・

 

 

 

 

さて、新型コロナ感染症と医原病のところでもお伝えしましたが、元々健康である人やまだ余力のある人に、無理やり挿管(気管にチューブを入れる)して、人工呼吸器につなぐのは、不可能です。

 

 

 

 

みなさんも、よく考えてください。

 

 

 

 

意識がしっかりしている状態で、喉に太いチューブをいれられると、これはもう拷問です。

 

 

 

 

したがって、無理やり人工呼吸器につなぐには、鎮静剤(麻酔薬)をかけて眠らせないといけません(意識があると管を自分で抜きます)。

 

 




私もICU(集中治療室)や全身麻酔の手術の現場で経験してきました。

 

 

 

 

その鎮静剤は本当に安全なのでしょうか?

 

 

 

 

今回の新型コロナウイルス感染症の人工呼吸器症例で使用されている薬剤を調べると、私が現役で従事していたときと、ほとんど変わっていませんでした。

 

 

 

 

ミダゾラム(midazolam)、プロポホール(propofol)、モルヒネ(hydromorphone)などの薬剤が今回の新型コロナウイルス感染症の人工呼吸器症例で使用された鎮静剤の代表的なものです(Anesthesia & Analgesia: July 2020 - Volume 131 - Issue 1 - p e40-e41)。

 

 

 

 

 

さて、これらの鎮静剤の長期使用は、致死にいたります。

 

 

 

 

 

私の臨床経験からも、ミダゾラム(midazolam)はせん妄(せんもう)状態(意識障害)、プロポホール(propofol)はリポリシス、そしてモルヒネは癌の増大、痛覚過敏、依存性をもたらします。

 

 

 

 

さて、人工呼吸器そのものによる死亡に加え、これらの鎮静剤の死亡に与える影響はあるのでしょうか?

 

 

 

 

昔からICUでもっとも使用されてきたミダゾラム(midazolam)によるせん妄の死亡に与える影響を調べた研究が報告されています(Crit Care Med. 2010 Dec;38(12):2311-8)。

 

 

 

 

 

その結果、最も死亡に影響を与えた要因は、せん妄の発症でした。

 

 

 

 

せん妄があった人は有意になかった人よりも、死亡率が高かったのです。

 

 

 

 

このように、鎮静剤そのもので起こる副作用に加え、抗ウイルス剤による薬害は、生命に関わるものなのです。もちろん、これらの薬の間の相互作用は誰にも分かりません(Eur J Hosp Pharm 2020;0:1)。

 

 

 

 

 

今回のフェイクパンデミックでは、幾重にもみなさんが知らない“落とし穴”があるのです。

 

 

(PS)

『ワクチンの真実講義』 2020年8月22日(土)

スライドを用意して、ワクチンの歴史から新型コロナウイルスワクチンの正体まで、ここでしか聞けない最新の’内容を凝縮して素人にも分かるように詳しくお伝えしていきます(詳細は近日中にお伝えしたします)。

 

 

またウエルネス・ラジオの次回のテーマは「ワクチン」です。

 

ワクチンに関する疑問について、リアルサイエンスで回答していきますので、たくさんの方のご参加お待ちしております。

https://kosmotropic.com/course/wellness-radio/

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『過去のPCRフェイク感染騒動から何も学ばないフェイクパンデミック』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

13年前に実際に起こったPCR検査にまつわるフェイク騒動をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

欧米では、一部の良識のある人たちによって、2007年に米国で起こったフェイク感染症を伝えた『ニューヨーク・タイムズ』誌の記事がシェアされています。

 

 

 

 

その内容は以下です。

 

 

 

 

2006年に米国のダートマスヒッチコック病院の勤務医の一人が2週間も続くしつこい咳に悩まされていました。しばらくして、他の医療スタッフも咳をするもが出てきました。

 

 

 

ある感染症医は、このしつこく続く咳は、百日咳の可能性があると睨んで、なんと先の医師を含む病院のスタッフ1,000人にPCR検査を行いました。

 

 

 

 

百日咳は感染力が高く、乳児や体力の低下した高齢者に感染すれば、肺炎から死にいたると信じ込まれていたからです。

 

 

 

 

そして検査結果が出るまで、医療スタッフは自宅待機となったのです。

 

 

 

 

その結果・・・・・

 

 

 

 

その医師を含む142人がPCR検査陽性と出ました。

 

 

 

 

そして、何千という医療スタッフが、予防のために抗生物質とワクチンを受けるはめになりました。

 

 

 

 

さて、その「百日咳騒動」の8ヶ月後・・・・・

 

 

 

 

この医師を含めた医療スタッフに、びっくり仰天の通知が待ち受けてました。

 




「みなさんが百日咳であるというのは間違いでした。」という通知。







OMG!

 

 


後に確定診断として施行された細菌培養試験では、なんと一人として百日咳を引き起こすバクテリアは検出されなかったのです!

 

 

 

 

つまり、142人がPCR検査陽性は偽陽性であったということです!

 

 

 

 

 

これが感染症医や疫学研究者の間で問題となり、「迅速なPCR検査に頼った感染症診断は危険である」という認識で一致しました。

 

 

 

 

 

今回の新型コロナウイルス感染症のシュミレーションを主催したあのジョンス・ホプキンス(Johns Hopkins)大学の疫学研究者であり、米国ヘルスケア疫学学会(the Society of Health Care Epidemiologists of America)の会長を務めた人物でさえ、「今回のPCR検査による百日咳フェイクエピデミックは、例外ではない。よく起こっている事象だ」と発言しています。

 

 

 

 

当時の百日咳に関するPCR検査には、検査機関によって100以上の種類のプロトコールがあり、統一されたものはありませんでした。

 

 

 

 

 

もちろん、PCR検査の妥当性を検証されたこともありませんでした。

 

 

 

 

これは、13年を経た現在でも状況はほとんど変わりません。

 

 

 

 

先日お伝えしたように、新型コロナウイルス感染症においても、PCR迅速検査の妥当性が証明された研究は皆無です。

 

 

 

 

 

百日咳は、バクテリアによって引き起こされるとされているため、バクテリアを検出すれば、確定診断になります(しかし、バクテリア感染によって必ず発症する訳ではないことは今後著作にしていきます)。




その時点で、PCR検査の妥当性を調べられます。

 

 

 

 

1,000人のうち142人が偽陽性であったということは、偽陽性率は14%です(検査特異性は86%)。

 

 

 

 

このPCR検査を100万人に行えば、14万人が偽陽性でしょっぴかれます・・・・

 

 

 

 

世界の全人口(70億人)にこの検査を施行すれば、偽陽性だけで約1億人近くになります。これは史上最大のパンデミックになります(^_−)−☆。

 

 

 

 

健康人にまでいかなる検査も拡大してはいけないのです。

 

 

 

 

 

しかし、ウイルスの単離が行われたことのない新型コロナ感染の場合は、確定診断をしようがありません。

 

 

 

 

しかし、「PCR検査当時に症状がなく、その後も発症もしなかった」ということを確定診断と仮にすると、新型コロナ感染のPCR検査は百日咳以上の偽陽性率になるのは間違いありません。

 

 

 

 

 

このように過去に問題を引き起こしたPCR検査による迅速診断に現在も頼らざるを得ないのは、いかに現代医学、今回は感染症の分野がフェイクサイエンスに基づいているかを暴露しているのです(^_−)−☆。

 

 

 

(PS)

『ワクチンの真実講義』 2020年8月22日(土)

スライドを用意して、ワクチンの歴史から新型コロナウイルスワクチンの正体まで、ここでしか聞けない最新の’内容を凝縮して素人にも分かるように詳しくお伝えしていきます。

 

 

またウエルネス・ラジオの次回のテーマは「ワクチン」です。

 

ワクチンに関する疑問について、リアルサイエンスで回答していきますので、たくさんの方のご参加お待ちしております。

https://kosmotropic.com/course/wellness-radio/

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『 “腸”から始まる脳の病気』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 



アルツハイマーパーキンソン病ハンチントン舞踏病などの神経難病と言われる疾患に特徴は何でしょうか?

 

 

 

 

 

それは、脳にある難分解性の異常タンパク質が蓄積することです。

 

 

 

 

実は、糖尿病も膵臓に同じような難分解性の異常タンパク質が蓄積します。

 

 

 

 

この異常タンパク質の処理がうまくいかずに、慢性炎症が引き起こされるのです。

 

 

 

 

この異常タンパク質は、プーファが原因で形成されるアミロイドタンパクと言います。

 

 

 

 

パーキンソン病の場合、「アルファ・シュヌークレイン(α-synuclein fibrils)」と呼ばれる異常タンパク質が脳に蓄積して炎症を引き起こします。

 

 

 

 

 

最新の研究で、腸内で発生したアルファ・シュヌークレイン(α-synuclein fibrils)が、リーキーガットを引き起こし、副交感神経(迷走神経)を経由して、脳内に流入することが明らかにされました(Nat Neurosci. 2020 Feb 17)(Neuron. 2019 Aug 21;103(4):627-641.e7)。

 

 

 

 

 

 

 

腸内ではアルファ・シュヌークレインのような異常タンパク質を分解する酵素が存在しているのですが、この酵素がうまく働かない場合(糖のエネルギー代謝が低下している場合)、脳に異常タンパク質が蓄積します。

 

 

 

 

 

 

糖のエネルギー代謝が低いと、腸内で異常タンパク質を処理できずに、炎症を引き起こします。

 

 

 

 

この炎症によって、腸粘膜細胞がダメージを受けて、リーキーガットになるのです。

 

 

 

 

 

このように腸内の異常物質(ゴミ)が、神経経路を伝って脳内に入るというのは、驚きですね。

 

 

 

 

 

実は、これはワクチンが自閉症多発性硬化症などの脳炎を引き起こす仕組みと同じです(8月22日のワクチン講義でそのエビデンスをお伝えいたします(^_−)−☆)。

 

 

 

 

 

脳神経系の病気と言われる難病も、腸内に炎症を引き起こすコロナウイルスやインフルエンザウイルス感染症と同じく、腸内環境が鍵になっているというのは驚きですね(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

 

(PS)

『ワクチンの真実講義』 2020年8月22日(土)

スライドを用意して、ワクチンの歴史から新型コロナウイルスワクチンの正体まで、ここでしか聞けない最新の’内容を凝縮して素人にも分かるように詳しくお伝えしていきます。

 

 

またウエルネス・ラジオの次回のテーマは「ワクチン」です。

 

ワクチンに関する疑問について、リアルサイエンスで回答していきますので、たくさんの方のご参加お待ちしております。

https://kosmotropic.com/course/wellness-radio/

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『肥満というだけで“検疫”される近未来』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症というフェイクパンデミックは、幾重にもアジェンダが織り込まれています(利用しているといった方が適切か)。

 

 

 

 

最新の質の低い解析研究でも、今回の新型コロナウイルス感染症が肥満の人に多いということが発表されています(Diabetes Metab Syndr. 2020 September-October; 14(5): 1355–1360)。

 

 

 

 

 

イギリスの厚労省(Public Health England (PHE))は、肥満の指標であるBMI値が40を超えると、健康体重をキープしている人よりも、2倍近く新型コロナでの死亡リスクが高くなると発表しています(Reuters July 25, 2020)。

 

 

 

 

 

エニエグラム8番不健全丸出しのボリス・ジョンソンが、この報告を受けて、「肥満という問題と闘う」と発言していました。さらに、ワクチンに反対するものは、“頭のおかしいバカである(nuts)”と蔑視する発言をしていましたが、これは彼ら支配層に根強く結晶化している「優生思想」の顕われそのものです。

 

 

 

 

 

ジョンソン自身が肥満体型ですが・・・・・・

 

 

こういった研究は、上手にアジェンダに組み込まれていきます。

 

 

 

 

肥満であることだけで、新型コロナウイルスの感染予備軍とされ、“スーパースプレッダー(感染を爆発的に拡大させる、superspreader)”と蔑視されるということです。

 

 

 

 

 

つまり、検疫やワクチンも肥満というだけで、優先されるということです。

 

 

 

 

 

肥満そのものがワクチン接種の良い口実になるということに気づく人はどれだけいるでしょうか?

 

 

 

 

 

そして肥満ということだけで、医療財政の負担となるので、仮想通貨と連動している、いわゆる“社会信用(social credit)”ポイントが低くなることまで透けて見えてきます。

 

 

 

 

 

現代の大衆は、肥満になりたくてなっているのではありません。

 

 

 

 

 

権力者の息のかかった大手食品会社のプーファ満載の安価な加工食品(冷凍食品など)、ジャンクフードしか食べられない状況がそうしているのです。

 

 

 

 

プーファを、大手食品会社を通じてばら撒いたのは、今回のフェイクパンデミックの計画者と同じことに気づいてください。

 

 

 

 

 

プーファが肥満や糖尿病などのメタボの直接的な原因物質であることは過去記事や拙著でも繰り返しお伝えしています(Intern Med. 2018 Oct 15;57(20):2929-2935)。

 

 

「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド (健康常識パラダイムシフトシリーズ)
Amazon(アマゾン)
1,574〜7,562円



 

 

こういったフェイクサイエンスをサイエンスであるかのように錯覚させて、私たち個人の自由を奪っていくシステムを「テクノクラシー」といいます。

 

 

 

 

彼らは、いったんテクノクラシー社会が完成してしまえば、今までの人類の歴史でさんざん並べてきたフェイクさえも堂々と帳消しにして知らぬ顔ができると鷹を括っています。

 

 

 

 

 

いつもお伝えしているように、優生思想をバックとしたテクノクラットたちを吊りし上げるのはリアルサイエンスしかないのです(^_−)−☆。

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『「No Pain, No Gain」は本当か?』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

この巧妙な現代の奴隷社会システム(実際は奴隷なのに、自由があると洗脳されている)においては、「何かを得ようとすると痛みが伴う(No Pain, No Gain)」という歪んだ精神論で汚染されています。

 

 

 

 

「痛い経験をしなければ、学びはない」という言い方もできますが、これは、本来は病的な社会システムで起こる現象であって、生命体の本質ではありません。

 

 

 

 

 

 

リアルサイエンスでこの現象を見ていきましょう。

 

 

 

 

私たちの痛みを感じるのは、実際は感覚神経だけでなく、あらゆる細胞にそのアンテナが備わっています。

 

 

 

 

現代基礎医学でそのアンテナの一部が同定され、研究報告がなされています。

 

 

 

 

その一つが、「バニロイドレセプター(Transient receptor potential vanilloid 1 (TRPV1、トリップ・ヴイ・ワン))」と呼ばれるアンテナです。

 

 

 

 

 

炎症性物質(乳酸、TGF)、熱や唐辛子の成分であるカプサイシンは、このアンテナを通じて、痛みをもたらします(Pain. 2016 Jun; 157(6):1346-62)(Nature. 1997 Oct 23; 389(6653):816-24)(Mol Pain. 2013 May 13;9:24)(Proc Natl Acad Sci U S A. 2000 Jul 5; 97(14):8134-9)。

 

 

 

 

唐辛子を舐めたときに激しい舌の痛みを感じますが、これはカプサイシンが痛みをもたらすアンテナを刺激する物質だからです。

 

 

 

 

さて、このアンテナを刺激するカプサイシンなどの健康増進効果が報告されています。

 

 

 




これは本当でしょうか?

 

 

 

 

この痛みのアンテナ(TRPV1、トリップ・ヴイ・ワン)がなくなったマウスでは、通常のマウスよりも長寿でかつ健康(健康寿命が長い)であることが報告されています(Cell. 2014 May 22;157(5):1023-36)。

 

 

 

 

痛みのアンテナ(TRPV1、トリップ・ヴイ・ワン)の過剰刺激は、5Gと同じ効果をもたらし、ミトコンドリア障害を引き起こします(J Pharmacol Exp Ther. 2007 Jun; 321(3):830-8)。

 

 

 

 

つまり、痛みない人生の方が、健康で長生きであるということです(^_−)−☆。

 

 

 

 

私はチリがたくさん入っているものに弱く、すぐに大量の発汗と激痛を感じます。

 

 

 

これも痛みのアンテナの過剰刺激で、一酸化窒素などの炎症性物質が放出されて、病的発汗が起こっていることが理解できます(Cardiovasc Res. 2011 Aug 1;91(3):492-501)。

 

 

 

 

リアルサイエンスでは、

「No Pain Much Gain!」ということです。

 

 

 

 

健全な社会では、“痛み”は私たちの成長に必要ではありません(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『PCR検査自体をテストしていない現実』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

検査というのは、それ自体がどれだけ正確かをテストしないと意味がないことは言うまでもありません。

 

 

 

 

さて、今回の新型コロナウイルス感染症で、専門家の間でウイルス感染診断の“ゴールドスタンダード”と言われているPCR検査の妥当性は検討されたことはあるのでしょうか?

 

 

 

 

たとえば、妊娠を確かめるのに、尿中のホルモン濃度を測定するものがあります。

 

 

 

 

この妊娠の尿検査の妥当性は、実際にエコー検査や身体所見(母親のお腹が出てくる)で妊娠を確認することで、どれくらい正確な検査かを調べることができます。

 

 

 

 

 

それでは、新型コロナウイルス感染症PCR検査はどうやって妥当性を測定できるのでしょうか?

 

 

 

 

まず妊娠のエコー検査のように比較する確実な検査がありません。

 

 

 

 

 

過去記事でもご紹介したように、胸部CTがPCR検査よりも鋭敏であるとしていますが、胸部CTでウイルス感染のみに特異的な所見などなく、妊娠のエコー検査や妊娠の身体所見(お腹が大きくなる)のように確実な検査ではありません。

 

 

 

 

 

さらに・・・・・

 

 

 

 

PCRで陽性であった人の臨床症状を調べれば良いと考えるでしょうが、これが一番難しいことを今までお伝えしてきました。

 

 

 

 

なぜなら、発熱、息切れ、嗅覚脱失などの症状は、新型コロナウイルス感染に特異的なものではないからです。

 

 

 

 

これらの症状は、農薬、消毒薬、重金属などの毒性物質の暴露や他のバクテリアやウイルス感染症と呼ばれる病態でも出現します。

 

 

 

 

つまり、この症状が出たから必ず新型コロナウイルス感染症とは確定できません。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染診断の比較対象とする検査も存在しない上に、新型コロナウイルス感染症に特異的な症状もない。

 

 

 

 

したがって、PCR検査自体の妥当性はいまだにテストされていないのです。

 

 

 

 

このことに驚きを覚える人ほど、まともな思考が回っている証拠です。

 

 

 

 

 

そもそもウイルスが単離されたことが一度もないのですから、何を検査しているのかという根幹の問題がありますが、このことは今後の著作にしていきますね(^_−)−☆。

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス

『新型コロナウイルス感染症と医原病』

心身の健康ヘルスケア・パーソナルコーチのリアル・サイエンスドクタ—崎谷です。

 

 

 

“病気を恐れることは、病気そのものよりも人間を殺してしまう”

 

 

 

 

 

まさに、このことが現在の新型コロナフェイクパンデミックで繰り広げられています。

 

 




病院や集中治療室(ICU)では、新型コロナウイルス感染症と診断されると、ちょっとした肺の炎症でとても攻撃的(aggresive)な治療へと進みます。

 

 

 

 

 

特に著明なのが挿管(気管にプラの管を入れる)や人工呼吸器を無理やり装着する所業です。

 

 

 

 

 

イタリアの研究調査では、PCR検査でCOVID-19と診断されて、集中治療室(ICU)に送られた人の88%は、挿管および人工呼吸器を装着しています(JAMA. 2020 Apr 28; 323(16): 1574–1581)。

 

 

 

 

 

これは、ゲイツのお膝元である米国ワシントン州でも同じ状況で、 71%の人が人工呼吸器という最終手段の治療まで行っています(JAMA. 2020 Mar 19;323(16):1612-161)。

 

 

 

 

 

実際は、人工呼吸器が必要な状況ではないため、ほとんどの人が意識を落とすために、麻酔薬を使用しています。

 

 

 

 

麻酔薬には、意識を落とす以外にも筋弛緩剤という呼吸筋を麻痺させる作用があるものを使用します。

 

 

 

 

 

意識があって、自分で呼吸すると、人工呼吸器の呼吸と同調しないため、呼吸困難(fightingといいます)になります。したがって、完全に人工呼吸器に同調させるためには、“眠らせる”わけです。

 

 

 

 

 

この麻酔薬の使用によって、長時間眠らせると免疫抑制がかかるために、感染症の温床になります。とくに肺に炎症が起こります。

 

 

 

 

もちろん、ベッド上に寝たきりになるわけですから、床ずれや筋・結合組織の萎縮・拘縮が起こります。また血栓傾向(DVT)になります。

 

 

 

 

 

さらに過去記事でもお伝えしたように、人工呼吸器そのものによる肺の損傷(ventilator-induced lung injury (VILI))や肺炎(ventilator associated pneumonia (VAP))。

 

 

 

 

 




したがって、人工呼吸器を装着した場合、非常に予後が悪くなるのです(ドイツの病院では、人工呼吸器を使用しなかった感染者の死亡例はなかった)。

 

 

 

 

なぜ、このようなことを医師たちは行っているのでしょうか?

 

 

 

 

一つには、病院の経営のために、病院のガイドラインに従っているということが大きな原因です。

 

 

 

 

さらに、医師たちが、「エビデンスに基づく医療(evidence-based medicine)」から「権威に基づく医療(eminence-based medicine)」へシフトしていることです。

 

 

 

 

 

これは、エビデンスレベルが低いかあるいはほとんどエビデンスのない治療をアグレッシブに採用しているということです。

 

 

 

 

 

医師たちのテクノクラット化(フェイクサイエンスで支配する)が進んでいるということです。

 

 

 

 

 

それは、医師たちが大衆以上にマスコミや御用学者の医学論文にエモーショナルに反応し、冷静なエンビデンスに基づく治療を度外視したからです(BMJ 1999; 319: 1618)。

 

 

 

 

 

 

海外の医師たちの間では、得体の知れない新型コロナルイウスの感染を恐れて、「まずは挿管せよ。そして、患者には近づかずにそのままにしておけ(‘intubation must be prioritized’ or ‘patients should be left quiet’)」という標語があったくらいです(Am J Respir Crit Care Med. 2020; 201: 1299–1300)(Crit. Care 2020; 24: 154)。

 

 

 

 

 

この流れで、レムデシベル(remdesivir)アビガン

、ロピナビル(lopinavir)・リトナビル(ritonavir)、ハイドロキクロロキンなど、ほとんどエビデンスがない毒性の強い化学合成物質を抗ウイルス薬として適応外で使用しました(過去記事参照)。

 

 



 

 

 

 

 

 

私から見ると、完全に冷静さを欠いたパニック状態か意図的(合法的?)な殺人です。

 

 

 

 

医療者は、今こそ原点に回帰しないといけません。

 

 

 

 

「まずは患者に害を与えることなかれ(First, do not harm!)」

 

 

 

 

権威筋の研究論文はよく中身を吟味しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

そして十分なエビデンスがない場合は、害(医原病)を与えるような治療は慎まなければならないのです(^_−)−☆。

 

 

 

 

=========================================

 

・COVID-19 関連記事は 右矢印 こちら

・ワクチン関連記事は 右矢印こちら

・鉄関連記事は右矢印こちら

・抗酸化物質関連記事は右矢印こちら

・フッ素関連記事は右矢印こちら

・消毒・殺菌剤関連記事は右矢印こちら
・糖の関連記事は右矢印こちら

・脂質の関連記事は右矢印こちら

 

ガンは安心させてあげなさい (健康常識パラダイムシフトシリーズ4)
Amazon(アマゾン)
1,846〜5,300円

 

著書:糖尿病は砂糖で治す

書籍と蜂蜜のセット

 

 

著書:自然治癒はハチミツから 

書籍と蜂蜜のセット

 

*******************************************************************************

👉崎谷博征医師と自然療法家 有馬ようこが
それぞれの視点でディベートをしながら

健康情報の真実を語るオンラインサロン。

  ウェルネス・ラジオ Welness Radio 

 

 

👉TUEET エネルギー量子医学界

👉リアルサイエンスをメタトロンで読み解く最先端の講義
赤と青の世界:メタトロンから分かるリアルサイエンス