パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『糖不足でなぜ人格や知能が低下するのか?』

 

痩せたいというダイエット志向だけでなく、うつ病などからも食事を拒むという「拒食症(anorexia nervosa)」という病態に陥ることがあります。

 

f:id:gempathy:20210413115128j:plain


いったん、拒食症になると、顕著に出る症状が思考や意思の低下です。

 

 


これは脳神経や酸素を運ぶ赤血球が最も低血糖に弱いからです。

 

 

 


実際のラットの拒食症のモデルでは、脳の細胞(星状膠細胞, astrocyte)減少および脳全体の萎縮が起こることが分かっています(The reduction of astrocytes and brain volume loss in anorexia nervosa-the impact of starvation and refeeding in a rodent model, Transl Psychiatry. 2019 Jun 4;9(1):159)。

 

 

f:id:gempathy:20210413115155j:plain

 

これは、脳細胞への糖不足が起こると、糖のエネルギー代謝がストップするからです(Oxidative metabolism in cultured rat astroglia: effects of reducing the glucose concentration in the culture medium and of D-aspartate or potassium stimulation, J Cereb Blood Flow Metab. 2006 Feb;26(2):153-60)。

 

 


当たり前の話ですね(^_−)−☆。

 

 


最新の研究で、ラットの大脳皮質に存在する脳細胞(astrocyte)を用いて、長時間低血糖状態にした結果が報告されています(Long-Term Glucose Starvation Induces Inflammatory Responses and Phenotype Switch in Primary Cortical Rat Astrocytes, J Mol Neurosci. 2021 Feb 12. doi: 10.1007/s12031-021-01800-2)。

 

 

 


低血糖に晒された脳細胞は、糖のエネルギー代謝が低下して、炎症性物質を放出するタイプに変化しただけでなく、小胞体ストレスというメタボリック・シンドロームやガンなどあらゆる慢性病の原因になる反応が高くなりました。

 

 

f:id:gempathy:20210413115224j:plain


小胞体ストレスでは、タンパク質が機能をもつ形にすることができずに、異常タンパク質が集積し、ミトコンドリアに炎症を引き起こします(基礎医学「タンパク質と糖のエネルギー代謝」参照)。

 

 


低血糖にすると、脳細胞の一部は死滅するだけでなく、周囲に炎症を引き起こす原因にもなるということです。

 


糖不足で当初は、低血糖ストレスからストレスホルモンの上昇によって、攻撃性・衝動性・権威主義といった現代社会を覆う人格障害が起こります(その正反対のうつ病エニアグラムの遊離型には起こる)。

 

f:id:gempathy:20210413115829j:plain


しかし、糖不足が慢性化すると、脳神経細胞の持続的炎症によって脳神経細胞が死滅し、認知症や筋肉消耗などが加速していきます。

 

f:id:gempathy:20210413115843j:plain


低血糖を引き起こすのは、拒食症以外にもファスティング糖質制限、ケトン食など、一般健康ポップカルチャーがもてはやす不健全な療養も同様です。

 

f:id:gempathy:20210413115904j:plain

 


糖悪玉説をいまだに唱えている人は、拙著『ワクチンの真実』や『ウイルスは存在しない・下巻』の感染症の根本治療のところは黒塗りしたいところでしょう(^_−)−☆。

 

f:id:gempathy:20210413115917j:plain


みなさんの周囲にカリカリしている人がいたら、大事に至る前に黒糖やハチミツを舐めさせてあげてください(^_−)−☆。

 

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから
 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

『拙著「ワクチンの真実」への医師からの質問について』

 

医師から、出版社宛てに拙著『ワクチンの真実』への誤記のご指摘およびご質問が来ていましたので、この場でも回答いたします。拙著をご覧になったみなさんは、照らし合わせて頂けば幸いです。

 

 

(回答開始)


P99中間解析→プロトコールの指摘で間違いありません。
P100 臨床試験3/4→2/3の誤記です

 

 

>P100-101の質問[高齢者の割合に計算ミスがあるのでは?]
→実際にプラセボを除いたワクチン接種群のみを算出しています。
65-75歳:3,848/ 18,198
75歳以上:774/ 18,198

 

 

>ニューヨークの老人ホーム(nursing home)では、新型コロナ感染症アウトブレイクの後にワクチン接種が開始されているから、アウトブレイクのために死亡したのではないか?
→2021年1月12日の時点での死亡者数が32名です。2021年1月5日以来、20名増加しています。
この老人ホームでのアウトブレイクが始まったのは2020年12月21日。ワクチン接種開始が12月22日。ご覧になっている各種ファクトチェックでも反論しているように、この施設の高齢者の死亡が増加したのは、元々の基礎疾患があったことや感染症という病態によって引き起こされたのか、あるいはワクチンがそれを後押ししたのかは、誰も判断はできません。

 

しかし、拙著で述べてきたことや、今回の遺伝子ワクチンの設計および副作用の頻度から考えて、ワクチンが死亡者数を上げた蓋然性が高いと考えています。2回目の接種は2021年1月14日→1月12日の誤記です。


>2021年1月16日の時点で、ノルウェーファイザー製新型コロナ遺伝子ワクチン接種後の死者が23人から29人へと増加し、当局もさすがにワクチン接種ガイドラインに手を加えました。80歳以上の人は接種を控えるように勧告しています
→正確には、ノルウェー当局は、フレイルスケール(Clinical Frailty Scale)8以上の人や余命のない末期の状態の人にワクチン接種をしないように推奨しています。(『Norway changes Pfizer coronavirus vaccine use policy to consider excluding terminally ill』Global NEWs, January 18, 2021)(『Covid-19: Doctors in Norway told to assess severely frail patients for vaccination』BMJ 2021; 372 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.n167)。

 

 

ジブラルタルの死亡者はワクチン接種しているというエビデンスはあるのか?
→公開されている政府発表やニュースでは、詳細なデータがありません。2020年の新型コロナパンデミック以来、1年間でジブラルタルでの新型コロナ感染関連死亡者は、たったの16名(0.04人/日)でした。したがって、ワクチン接種が開始されて10日間で53名もなくなった(5.3人/日)というのは、新型コロナ感染による死亡だけでは説明がつかないのです(133倍の死亡率)。

 

政府発表でさえも新型コロナ遺伝子ワクチン接種後のたったの1日で4人死亡と伝えています(4人/日)。100倍の死亡率です(『Government confirms 4 deaths from COVID-19 - 31/2021』HM Government of Gibraltar, JANUARY 10, 2021)。ジブラルタルの新規感染者数やOCIVD-19関連死亡者数のデータを見ると、2021年1−2月にスパイクしています。これらの公開されたデータから、ワクチンが感染者および死亡者数を増やした蓋然性が高いと判断しているということです。

 

(回答終了)

このご質問を頂いた医師には、拙著の参考文献まで細かく指摘されていたので、すぐに回答いたしました。

 


自分の医療行為に直結する内容だけに、細かい指摘をしたいことはよく理解できますが、全体をご覧になっての感想がなかったことは残念でした。

 


今回の新型コロナ遺伝子ワクチンの問題は、人体実験の真只中ですから、いま開始されたばかりです。そのこともさることながら、ワクチンや病原体仮説そのものの議論がほとんどないことの方をもっと指摘されるべきでしょう(^_−)−☆。

 

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから

 


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから

『気象操作の最前線:チョークで太陽光を遮断?』

 

地表から12,832mの成層圏(stratosphere)に、600kgもの大量のチョーク(炭酸カルシウム)を撒いて太陽光を遮断する計画にゲイツ君が20億の資金と投入しています(『CAN A HUGE BALLOON DROPPING CHALK FROM THE SKY HELP SLOW CLIMATE CHANGE?』 euronews, 24/03/2021)(『Could dimming the sun help to cool the Earth? Bill Gates wants to spray millions of tonnes of CHALK into the stratosphere to reflect sunlight and slow global warming - but critics fear it could be disastrous』MailOnline,23 March 2021)。

 

f:id:gempathy:20210411105503j:plain

 


この大量のチョークは、太陽光を反射するため、撒かれたあとは、日中でも白夜のように薄暗くなるはずとしています。

 

 

f:id:gempathy:20210411105517j:plain


地球温暖化二酸化炭素悪玉説は、新型コロナよりも深刻なフェイクサインスです(地球は寒冷期に入っている)。

 

 


しかし、先日もお伝えしたように、人口削減(そして土地の収奪)目的で、地球温暖化という嘘を垂れ流して小型原発を増設することを推進しているのです(日本に指示して放射能汚染水を海洋放水するよう指示したのも・・・・・)。

 

 

f:id:gempathy:20210411105534j:plain


またCO2削減と言いながら、炭素税を課したり、ラボ肉を食べさせようとしたりしています。

 

 


2019年のエネルギー量子医学会(TUEET)のニュースレターで、すでに成層圏でのエアロゾル注入をアジア上空で行っている気象操作の研究論文を解説しました。

 

 

 


このエアロゾルには、ワクチンのアジュバントとして使用されるアルミなどの重金属が使用されているため、これが大気汚染を引き起こすことに警鐘を鳴らしました。

 

 

 

f:id:gempathy:20210411105556j:plain


今回もチョークがダストとなって、大気汚染物質と反応して、新たな環境汚染物質を作り出すでしょう。

 

 


また、このようなマイクロ・ナノ粒子を吸い込んだり、飲み込んだりしたときの
私たちの健康被害は甚大なものになります。

 

 


そのほかにも、海上において、海水を空に向けて放水することで、雲を厚くして太陽光を遮断するという気象操作(Marine cloud brightening)もトライされています。

 

 

f:id:gempathy:20210411105622j:plain


地球全体が寒冷期に入った現在、生命の源ともいえる太陽光を遮断するという愚行は、地球という生命体の命を奪うことになります。

 

 

 

f:id:gempathy:20210411105639j:plain


チョークは学校の黒板で使うものであって、成層圏にばら撒くものではありません(^_−)−☆。

 

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから

 


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

『福島の放射能汚染水は未解決』

 

新型コロナフェイクパンデミックがなければ、2020年の東京オリンピック開催の障壁は、福島第一原発の汚染の未解決の問題だけでした。

 

 


2020年には、この未解決の問題を誤魔化す質の悪いプロパガンダ映画が放映されました。

 

 

f:id:gempathy:20210410112136j:plain

 


今回、東京オリンピックが開催されないことを受けてなのか、日本の首相が福島第一原発の汚染水を海洋に放出することを決定したことがニュースになっています(『Japan Says Dumping Fukushima Radioactive Water in Pacific Ocean is Now “Unavoidable”』The Mind Unleashed, Apr 7, 2021)。

 

f:id:gempathy:20210410111754j:plain

 


福島の放射能汚染は、実際はまったく打つ手なしの未解決のまま放置されていたということです。

 

 


原発爆破の10年後も、まだ放射性物質は環境中に持続的に放出されています。

 

 


汚染水を収容するタンクが無限にあるわけではないので、いずれ海洋投棄になることは目にみえていました。

 

 

 

f:id:gempathy:20210410111818j:plain


日本政府のこの姿勢に対して、グリーンピースというR財団の団体が、「放射能汚染水の海洋投棄は、ヒトのDNAに突然変異を引き起こす」と昨年から批判しています(『Fukushima water release could change human DNA, Greenpeace warns』 CNN, October 24, 2020)。

 

 

 

f:id:gempathy:20210410112024j:plain

 

 


米国などの他の原発を抱える国では、使用済み核燃料は海洋投棄されていることは、ウエルネスラジオ等でもお伝えしてきました。

 

 


世界中の使用済み核燃料の投棄場所を日本(青森)に押し付けておいて、よく分かったような口がきけるものです。

 

f:id:gempathy:20210410112051j:plain


人類が発狂し始めてから2千年あまり、海はヒトの生み出す大量の毒性物質の最終投棄場所になってきました。

 

 

 


マスクに含まれるフッ素化合物、マイクロ・ナノプラスチック、重金属、放射性物質、医薬品(糞尿に含まれる)などの毒性物質のスープとなっているのです。

 

 

f:id:gempathy:20210410112109j:plain


プーファの問題以外に、私が海産物の摂取を勧めない大きな理由です。

 

 

 


ゴジラが激怒して、海に廃棄した毒性物質をヒトに浴びせることになるのは、そう遠くない未来に起こるでしょう(^_−)−☆。

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから

 


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから



『ワクチンパスポート誘導の前のそもそも論』

 

ニューヨーク州が発行する電子ワクチン・パスポート「エクセルシオール・パス(Excelsior Pass)」は劇場、イベント会場、大規模な結婚式などへの参加を許可する際に使われています。

 

f:id:gempathy:20210409124102j:plain


過去記事でお伝えしたようにイスラエルでは、すでにワクチン接種を受けた住民に「グリーンパス」を発行し、ホテル、ジム、レストラン、劇場、音楽会場など、入場制限が行われている場への立ち入りを許可する際に使われています。

 

 


ワクチンパスポートは、政策・法律の問題であり、サイエンスではありません。

 

f:id:gempathy:20210409124120j:plain

 


それにも関わらず、今や御用新聞と化した有名医学雑誌(拙著『ワクチンの真実』に詳述した4大雑誌)には、ワクチンパスポートについての洗脳記事が掲載れています(もちろん、医師向けの洗脳とそこからマスコミへの誘導です)。

 

 

3月31日に『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に、掲載されたワクチンパスポート論文は知的退行としか言いようのない内容でした
("Vaccine Passport" Certification - Policy and Ethical Considerations, N Engl J Med 2021 Mar 31. doi: 10.1056/NEJMp2104289)。

 

 


結論は、「ワクチンパスポートによる職業差別などに注意を払うべきであるが、新型コロナウイルスに対するワクチンパスポートを禁止するに値する異論はない」ということになっています。

 

f:id:gempathy:20210409124140j:plain


そもそも何のために、そのような許可書が必要なのでしょうか?

 

 


もし新型コロナウイルス感染なる感染症が存在し、それが、人が1m以内に近づけば、確実に感染し、そしてかなりの高い確率で死亡させるというものであれば、人が密集する場所での検討はあっても良いかも知れません。

 

 


しかし、新型コロナウイルスなるものが無症候性の人から人へ感染することを証明する確固たるエビデンスもなければ、感染致死率に至っては、インフルエンザと呼ばれる感染症よりも低い0.15%(子供ではほぼゼロ)程度です。

 

 


さらに・・・・・・

 

 


現行のワクチンの効果は、リンパ球の作用で代用しています。中和抗体やT細胞活性などがあれば、ワクチンは効果がある・・・・(これもリアルサイエンスではないことを『ウイルスは存在しない』下巻に詳述(^_−)−☆)。

 

 

f:id:gempathy:20210409124204j:plain


それであれば、ワクチン接種を証明しなくても、これらのリンパ球の作用があることを血液検査などで証明できれば良いだけのことです。ワクチンでもこれらのリンパ球の作用が高まらない場合があるのですから、血液検査の方がよほどリーゾナブルです。

 

 


なにもワクチン接種の証明書など必要ありません。

 

 


「何のためのワクチンですか?」の質問ひとつで、この政策は瓦解していきます(^_−)−☆。

 

 

f:id:gempathy:20210409124801j:plain


そもそもワクチンがリスクを上回る有効性があることなど、人類の歴史上で証明されたことは一度ですらないのです(『ワクチンの真実』参照)。

 

 


これに異論のある人は、ワクチンの設計およびワクチンに何が含まれているのかを真摯に学んでください。

 

 

f:id:gempathy:20210409124820j:plain


このようにワクチンパスポートをサイエンスで論じると、すぐにシュレッターでゴミ箱行きになります。

 

 


その一方で、ワクチンパスポートやワクチン義務化に反対する米国の州が増えています(『Idaho Becomes 3rd State to Ban COVID-19 'Vaccine Passports', Iowa Could Be Next』Newsweek, APRIL 07, 2021)。

 

 


そして当然のことながら、国際航空運送協会International Air Transport Association)のトップが指摘しているように、新型コロナウイルス感染症なるものが低下している場合、旅行に関してのPCR検査なども中止すべきであることは言うまでもありません(『Proof of Covid-19 vaccination, tests should only be temporary travel requirements, industry group says』CNBC, APR 7 2021)。

 

f:id:gempathy:20210409124844j:plain

 

 


職場が労働者にワクチン接種強制することも法的にはできません
(『SC Senate approves proposal barring mandatory COVID vaccines』 News Observer, APRIL 07, 2021)。

 

 


ワクチンパスポートの話題が計画的にこれからもマスコミで取り上げられて、持ち上げられますので、そもそも論というのをリアルサイエンスで再検討してみてください(^_−)−☆。

 

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから



『今なら“旅行許可キャンペーン”実施中』

 

今日は遊び人の方たちやビジネスでどうしても国境をまたがないといけない人たちに吉報です。

 

 


2021年4月2日、米国疾病予防センター(CDC)はガイドラインを更新しました(『CDC Issues Updated Guidance on Travel for Fully Vaccinated People』 CDC, April 2, 2021)。

 

f:id:gempathy:20210408113842j:plain


なんと、これまでのガイドラインではワクチン接種者であっても国内外の旅行を控えるよう呼びかけていましたが、新型コロナワクチン接種を完了した人は、PCR検査の陰性証明や隔離期間なしに以下のように米国内を旅行できるとしています。

 

f:id:gempathy:20210408113907j:plain

 


・ワクチン接種完了者は、海外の目的地で必要とされない限り、旅行前に検査を受ける必要はなく、帰国後の隔離の必要もない。

 

・ワクチン接種完了者は、米国へのフライトの搭乗前に新型コロナウイルス検査を受けて陰性である必要があり、帰国後3~5日以内に再度検査を受ける必要がある。

 

・ワクチン接種完了者は、海外旅行中もマスクやソーシャルディスタンスの確保といった感染予防策をとる必要がある。

 

 


ワクチン接種による副作用が隠せなくなってきた現在、キャンペーンを実施してワクチン接種をブーストしているようです(そもそもなぜ、CDCという公的一機関が人権を制限できるのでしょうか?)。

 

f:id:gempathy:20210408113926j:plain


ちなみに、ワクチン接種完了とは、二回目の接種を受けてから2週間経過後と定義しています。

 


キャンペーンの内容は、帰国後の隔離がないというだけで、あとは何も変わりません。

 

 

f:id:gempathy:20210408113945j:plain


最初にロックダウン政策で厳しく行動制限したのも、後日になって繰り広げるワクチン接種によってそのいくつかを緩めるという計画に沿っているだけであるということが明白です。

 

 


そして、その次にワクチンパスポートを慣例化(違法)させていくオペレーションです。

 

 

f:id:gempathy:20210408114002j:plain


浅はかですね・・・・・・

 

 


軍や諜報機関が資金を出して数々の社会心理実験(ミリグラム、セリグマン・・・・)を行なってきましたが、今回のフェイクパンデミックで、その集大成を行なっているということです(^_−)−☆。

 

f:id:gempathy:20210408114016j:plain


このような浅はかな心理操作にホイホイと乗る大衆が存在する限り、この狂った現代社会システムが維持されていく、つまり大半の市民の生活は破綻していくことは間違いありません(^_−)−☆。

 

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから

 


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから

『コーヒーカップ1杯の唾液を浴びないと感染しない??』

 

ある公園の街灯の下で、何かを探している男がいた。そこに通りかかった人が、その男に「何を探しているのか」と尋ねた。

 


すると、その男は、「家の鍵を失くしたので探している」と言った。通りかかりの人は、それを気の毒に思って、しばらく一緒に探したが、鍵は見つからなかった。

 


そこで、通りかかりの人は、男に「本当にここで鍵を失くしたのか」と訊いた。すると、男は、平然としてこう応えた。「いや、鍵を失くしたのは、あっちの暗いほうなんですが、あそこは暗くて何も見えないから、光の当たっているこっちを探しているんです」

 

f:id:gempathy:20210407125853j:plain


この逸話は、「街灯の下で鍵を探す」というヒトという種のバイアス(自分の都合の良い情報ばかりを収集する“確証バイアス”もこの一つ(^_−)−☆)をよく言い当てています。

 

 


さて、日本は唾液で新型コロナウイルスに対するPCR検査を行なっている数少ない国です。

 

 


PCR検査自体が、新型コロナウイルスだけでなく、あらゆるウイルス診断に使用できないことは、4月末リリース予定の『ウイルスは存在しない・下巻』に詳述しています。

 

f:id:gempathy:20210407125913j:plain


そのことを脇に置いて、現在のPCR議論を見ていきましょう(馬鹿馬鹿しいですが、お付き合いください(^_−)−☆)。

 

 

 


日本の慶応大学の研究で、PCR検査の増幅サイクル、いわゆるCt 値(Cycle Threshold value)についての見解が出ていました(RT-PCR Screening Tests for SARS-CoV-2 with Saliva Samples in Asymptomatic People: Strategy to Maintain Social and Economic Activities while Reducing the Risk of Spreading the Virus, Keio J Med,. 2021 Mar 19. doi: 10.2302/kjm.2021-0003-OA)。

 

 

 


Ct値は、少ない量の遺伝子(ウイルス核酸)を検出可能な閾値に達するまで、PCRで何回増幅を行ったかを示すものです。

 

f:id:gempathy:20210407125941j:plain


一般的に増幅回数の数値が小さいほど検体のウイルス量が多く、大きいほどウイルス量は少ないとされています。

 

 


さらに、増幅回数の高いPCRでは、関係のない遺伝子の破片を拾って増幅することもあるため、信頼性が著しく落ちることが指摘されています。

 

 


今回、この研究では、増幅回数を35回(Ct=35)とした場合、感染を成立させうるウイルス量は100万粒子とした場合、コーヒーカップ1杯程度(125mL)の唾液を浴びないと感染しない試算になるといいます。

 

f:id:gempathy:20210407130006j:plain


日常生活においてこれだけの唾液を一度に浴びることは非現実的であるため、他者への感染性は相当低いとし、増幅回数35回(Ct=35)を検査閾値として妥当とするという内容になっています。

 

 


???????

 

 


すでにこのPCRのCt値で新型コロナウイルス感染症の感染性は測れないことが報告されています(Ct value is not enough to discriminate patients harbouring infective virus, J Infect. 2021 Mar;82(3):e35-e37.)

 

f:id:gempathy:20210407130033p:plain


さらに、次作でも述べていますが、すでにこのPCRのCt値と新型コロナウイルス感染症の重症度や死亡率とは、何の相関関係もないことが報告されています(No correlation between Ct values and severity of disease or mortality in patients with COVID 19 disease, Indian J Med Microbiol. 2021 Jan; 39(1): 116–117)。

 

f:id:gempathy:20210407130047p:plain


つまり、いくらウイルス量が高く(仮に正確にPCRが目的とする遺伝子だけを増幅した場合)でも、新型コロナウイルスが感染することや重症化あるいは死亡率が高まることは証明されていないということです。

 

 


これは、PCR検査そのものが、信頼に値するウイルス感染診断のツールではないことを示しています。

 

 


同時に、仮にPCR検査をウイルス感染の確定診断とした場合には、病原体仮説(germ theory) が成立しないことを意味します。

 

f:id:gempathy:20210407130128j:plain


感染を成立させうるウイルス量は100万粒子というのも細胞実験などによるものであり、それを現実の生命体に当てはめることができなかった(臨床実験で感染させることはできない)ことは、拙著でもお伝えしたとおりです。

 

 


糖のエネルギー代謝が回っていれば、コーヒーカップ10杯の唾液を浴びても感染症という病態(さまざまな毒性物質で引き起こされる体内炎症)にはなりません(^_−)−☆。

 

 

f:id:gempathy:20210407130114j:plain


PCR検査も、「街灯の下で鍵を探す」のと同じだということが、後世の良識ある人たちから失笑をかうことは必至です(^_−)−☆。

 

======================================

 🌟第一回エネルギー量子医学会(TUEET)総会

(2021年5月16日)

磁場、宇宙線と健康」講義はこちらから


🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

 


●アマゾン不買運動の方はこちらから

 


🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

 

🌟現代人の必須の知識!

現代医学と優生思想』講義はこちらから