パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『慢性疲労と乳酸の関係!』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

 

みなさんは疲れやすいと感じたことはないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

他者と自分を比較しがちなタイプの人では、他の人はなぜ元気なのかと思いがちです・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

日本では慢性疲労症候群CFSChronic Fatigue Syndrome)と呼ばれている病態があります。

 

 

 

 

 

 

北米・ヨーロッパでは、筋痛性脳脊髄炎(MEMyalgic Encephalomyelitis)と呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

現在は、この両方を足して「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS))」と呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性疲労、全身痛、不眠、認知障害、感覚過敏、起立性低血圧、胃腸障害などが主症状です。

 

 

 

 

 

 

 

その他にも・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

特徴的な症状があります。

 

 

 

 

 

 

 

それは、「運動後の体調不良(postexertional malaise (PEM))」です。

 

 

 

 

 

 

 

最新の研究で、この運動後の体調不良の原因が明らかにされています(Physiol Rep. 2019 Jun; 7(11): e14138)。

 

 

 

 

 

 

 

 

一般に、1回目の運動後よりも、後日の2回目の運動後の方が血液中の乳酸の濃度は低下していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、1回目の運動によって筋肉の乳酸処理能が高まるからです(『自然治癒からハチミツから』参)。

 

 

 

 

 

 

糖のエネルギー代謝が高い人では、これに加えて肝臓での乳酸処理能も高まることで、さらに乳酸の血液濃度は低下します。

 

 



 

 

 

 

 

「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (ME/CFS)」の人では、前回の運動後よりも、2回目の運動後にはさらに血液中の乳酸が蓄積することが分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (ME/CFS)」の人は、運動すればするほど”疲れやすく”なるということです。

 

 

 

 

この原因としては、

 

「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (ME/CFS)」の人は、よりエンドトキシン濃度が高い(=SIBO、リーキーガット)

 

●筋肉、肝臓でのミトコンドリアの機能低下(甲状腺機能低下)

 

の2つがあります。

 

 

 

 

 

血液中のエンドトキシンが増加すると、細胞は解糖系に傾き、乳酸が細胞内に蓄積してきます(これが血液中に移動する)(『リーキーガット総集編』参)。

 

 



 

 

 

 

疲れやすい人の特徴も、乳酸の発生量の多さとその乳酸処理能が低いことが原因であることが今回の研究からも明らかになりまいした(^_-)-☆。

『誰も知らない加工食品のシークレット原材料』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

みなさんの毎日食べているものを思い出してみましょう。

 

 

 

 

 

 

ほとんどが何等かの加工が施されているものではないでしょうか?

 

 

 

 

 

原材料表示を見たら、比較的マシなものを使っているから大丈夫か・・・・

 

 

 

 

 

 

 

いやいや。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

ここに落とし穴があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

米国食品医薬品局 FDA) が認定した食品安全表示に、「GRAS」というものがあります。

 

 

 

 

 

 

これは、日本語に訳すと、「一般に安全と認められる(食品)、安全食品認定(generally recognized as safe, GRAS)」になります。

 

 

 

 

 

 

 

1938年の米国食品医薬品医薬品化粧品法は、様々な添加物の健康被害が噴出したため、1958年に改正されました(Food Additives Amendment of 1958, The Delaney Clause)。

 

 

 

 

 

 

 

1958年の食品添加物改正法で「安全食品認定(GRAS)」を受けた添加物は、それ以降サイエンスで検証されることなく、現代に至ってもきちんとした毒性試験がなされていません。。。。。( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、すでに半世紀以上前に決定された安全と推定された添加物は、現在の規制を免れて、フリーで使用されているのです。

 

 

 

 

 

 

 

実は、1960年後半に、「安全食品認定(GRAS)」を受けたチクロ(cyclamate salts)という人工甘味料に発がん作用があることが問題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときに、ニクソン大統領は、チクロの使用を禁止し、他の「安全食品認定(GRAS)」を受けた添加物を調べるように規制当局に要請しましたが、これもあいまいなまま現代に至っています(事実上、FDAは精密検査を放棄している)。

 

 

 

 

 

 

 

食品会社(ほとんどは多国籍企業とその傘下にある)は当然、新しい添加物をいちいち規制当局に申請して、許可をもらうより、昔から事実上いくら使用しても良い「安全食品認定(GRAS)」の添加物をてんこ盛りにしています。

 

 

 

 

 

 

 

さらに原材表示には、すべての人工香料などの添加物を記載する必要はありません。

 

 

 

 

 

 

したがって、食品会社がどのような添加物を使用しているのかは、”企業秘密”なのです。

 

 

 

 

 

 

1958年以来、きちんと毒性試験で評価されていない3,700を超える「安全食品認定(GRAS)」の添加物が使用されています(

Navigating the U.S. food additive regulatory program. Compr Rev Food Sci Food Saf 106342368.2011)。

 

 

 

 

 

 

3,700。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

途方もない数ですね( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人は、このような規制局の杜撰なシステム(抜け道)を知りません。

 

 

 

 

 

 

ちなみに遺伝子組み換え(GMO)、遺伝子編集(GE)による食物も、ニッポンでは「安全食品認定(GRAS)」です!

 

 

 

 

 

 

ナノ化した物質の危険を以前のニューズレターでお伝えしてきましたが、バクテリア予防の人工ナノ化バイオフィルムなども、規制当局の評価を受けることなく、「安全食品認定(GRAS)」として食品のパッケージに使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、これらのナノ原料は食品に移行し、全身に炎症を引き起こします。

 

 

 

 

 

 

加工食品のパッケージも危険であることは、またの機会に詳しくお伝えいたしますね(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

このように加工食品のシークレット添加物(アジュバント)は、私たちの健康にとっては大きな脅威となっていることを繰り返し喚起しておきたいと思います。

『糖質制限、鉄剤、オメガ3:免疫抑制がガンを作る!』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

みなさんご無事でしょうか?

 

 

 

 

台風による被害が少しでも治まることを祈っております。

 

 

 

 

 

 

さて、現在、私にご相談されるガンをはじめとした難病といわれる状態で苦しんでいる方に共通した特徴があります。

 

 

 

 

 

 

それは、鉄剤、オメガ3の常用と糖質制限やマクロビ(ベジタリアン、ビーガン)をしているということです。

 

 

 

 

 

 

昨日もある方からメッセージを頂きました。ご本人のご了解を得ましたので、その内容をシェアしたいと思います。

 

 

 

 

 

(転載開始)

 

 

 

初めまして。

 

 

 

 

ご著書を続けざまに4冊拝読させて頂きました。青天の霹靂のような理論に23度と読み直すうちに、確かに私自身が癌になる前に、オメガ3のサプリと鉄剤を飲んでおりました。

 

 

 

 

 

世の中に流布されている情報が如何にいい加減で根拠のない、間違った情報が多いのか今更ながらに思い知らされました。

 

 

 

 

 

また今、闘病中も間違った糖質制限でフラフラして懐疑的になっていて、自分の感覚的には午前中にフルーツを食べると体調は良いと感じていたのですが、糖質制限論者の先生方は糖質は110グラムまでにしないと効果がないと言われ実践してみた3週間は一旦下がった腫瘍マーカーが上がってしまう始末です。

 

 

 

 

まだ闘病歴3ヶ月の無知な人間ですが、地道に健康を取り戻す為に『癌は安心させてあげない』の理論に則って毎日過ごしてみたいと思っています!!貴重な知見、情報、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

まだご著書を読んで間もないのですが、間違いなく発ガンするタイミングと、オメガ3のサプリと鉄剤を毎日飲み始めた10ヶ月ぐらいがリンクします。おまけに糖質制限もしました。

 

 

 

10年以上前に漢方で寛解していた潰瘍性大腸炎が再燃したのでそのようなサプリを飲んだ経緯がありました。

 

 

 

 

今、CRP0.02と炎症反応はないのですが、キャンサーフィールドを作ってしまうキッカケを作ってしまったのだと思います。

 

 

 

今になって間違っていたとつくづく無知な自分を感じます。

 

 

 

 

食事が体調に及ぼす影響を軽く考えず真剣に慎重に生活を改めて参りたいと思います!!



(転載終了)

 

 

これが真実なのです。

 

 

 

まだシェアはしていませんが、がんや関節リウマチなどの自己免疫疾患になられた他の方たちからも同じ御体験が寄せられています。

 




オメガ3や鉄剤などで発がんした場合、糖質制限を行うとさらにがんは増大・転移していきます。

 

 

 

 

 

 

基礎医学シリーズ等でお伝えしたしましたが、糖質制限ステロイド治療の食事バージョンです。免疫が抑制されるためにがんが増大するのは、当然の成り行きです。

 

 

 

 

 

 

 

現代医療の医師でさえ、ステロイドなどの免疫抑制剤の長期投与によってがんが発生することは知っています(知っていると信じたいですが・・・・・)。

 

 

 

 

 

 

 

それでも長期的あるいは総合的な判断ができないために、刹那的にステロイドを使用してしまいます(患者さんもそれを望む場合もある)。

 

 

 

 

 

糖質制限、オメガ3、および鉄過剰のいずれもが、ステロイドと同じく強力に免疫を抑制します。

 

 



 

 

 

免疫が抑制されると、”炎症ゴミ(『新・免疫革命』)”が蓄積するため、難病といわれる自己免疫疾患や癌は必発なのです(^_-)-

 

 

 

 

『ドラッグストアーに行かない理由:胃薬おまえもか?』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは、胃がもたれたり、胃がきりきりするとすぐに薬局で胃薬を買って飲んでいないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

いまや処方なしで薬局やドラッグストアーで買える胃薬。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラッグストアーでは、胸やけ(逆流性食道炎)にも勧めていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これにも以前お伝えした大きな落とし穴が待ち構えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

多国籍大手製薬会社「グラスコスミスクラインGlaxoSmithKline Plc)」のオリジナルブランドである胃薬のザンタック(Zantac)(一般名:ranitidine)。

 

 

 

 

 

 

 

このジェネリックバージョンが世界各国で販売されていますが、この度、世界同時にリコールの騒ぎがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、ご存知だったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

以前降圧剤で許容量を超えて添加されていた「発がん物質(N-nitrosodimethylamine, NDMA )」がこの胃薬にも許容量を超えて添加されていることが発覚しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、この胃薬のジェネリックはインドの2つの会社で製造していたものだったようです(降圧剤のときは、中国とインドでした(^-^))。

 

 

 

 

 

 

みなさんのお手元にこの胃薬はないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

降圧剤のときもそうでしたが、ジェネリックだけでなくオリジナルももはやインドや中国で製造しています。

 

 

 

 

 

 

 

病院やクリニックでは、この注射剤タイプもあります。

 

 

 

 

 

 

発がん物質のダイレクトの注射です・・・・・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

このような危険は、昨年の降圧剤の問題のときから、大手製薬会社は薄々気づいているはずです(最初から知っていた可能性もありますが・・・・・)。

 

 

 

 

 

 

今回は世界的にマーケット規模が大きい胃薬の問題がようやく表面化しましたが、賢明なみなさんはもうお分かりですよね。

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

ほとんどの医薬品やドラッグストアーで販売されているものに、この危険性があるということです。

 

 

 

 



 

 

これを欧米や日本の規制当局(FDA, EMA,厚生省)は野放しにしているということです(回転ドアだから当たり前(^^♪)。

 

 

 

 

 

 

いつもお伝えしているように医薬品は加工品の最たるものですから、当然の結果といえるでしょう。

 

 

 

 

そして、添加物、いやアジュバント”と言った方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

これらの複数のアジュバントが引き起こす化学反応や相互作用は、予測不可能な恐ろしいものなのです。

 

 

 

 

 

 

これは、戦争、パンデミック地震・台風などの人工災害(shock doctrine)を引き起こした場合、計画した自分たちの足元も危なくなることとまったく同じ。

 

 

 

 

 

いくらコンピュータシュミレーションを行っても、予測不可能かつ制御不可能な事態を招くことに一部の権力者たちもようやく気付き始めています。

 

 

 

 

ワクチンや医薬品だけでなく、加工食品もこれをまったく同じです。

 

 

 

 

 

 

 

数十種類のアジュバント(添加物というような生易しいものではない(^^♪)を混ぜこんだ物質は、実際はどのような物質に変化して、どのような作用を中長期的に引き起こすかなんて、誰も確かめもしてなければ、予測も不可能なのです。

 

 

 

 

 

 

 

『腸内細菌の増殖と癌の関係!』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

 

今のところ、現代医学では、腸内細菌の話題には事欠きませんね。。。。

 

 

 

 

 

 

よほど本質的な研究が行き詰っているのでしょう(^^

 

 

 

 

 

 

 

最近は、ようやく腸内微生物の増殖そのものが危険なのではないかと指摘する研究も少数ながら発表されるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

今回、最新の研究で腸内微生物の増殖とがんの関係が明らかにされました(Nature. 2019 Oct 2)。

 

 

 

 

 

 

 

腸内微生物でも真菌(カビ)の一種(Malassezia fungi etc.)が、膵臓にまで浸潤して、膵臓ガンのリスクを高めることが分かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

マウスおよびヒトの膵がん組織において、この真菌の増殖が認めれています。

 

 

 

 

 

 

 

この真菌は、いわゆる湿疹は頭髪のふけの原因にもなっていますが、最近では皮膚がんや大腸がんとの関連も報告されています。

 

 

 

 

 

 

この真菌を抗真菌剤で減少させると、膵がんの前がん病変(ductal dysplasia)が20~30%減少したようです。

 

 

 

 

 

 

さて、肝心の真菌とがんの発生の因果関係については・・・・

 

 

 

 

 

 

 

真菌に対する免疫系の過剰刺激によって、慢性炎症が起こり、「がんの場(がん細胞が発生する環境)」(拙著『ガンは安心させなさい』)を形成するということです。

 

 

 

 

 

 

 

真菌やバクテリアなどの成分は、「マンプス(MAMPs)」と拙著『真・免疫革命』で詳述した”炎症ゴミ”になります。

 

 

 

 

 

これが慢性炎症を引き起こし、やがて「がんの場」を形成するのです。

 

 

 

 

 

 

 

腸内細菌を含め、腸内微生物の過剰増殖はこのように百害あって一利ありません(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

プロバイト、プレバイオの過剰摂取だけが問題でなく、糖のエネルギー代謝が低下しているからこそ、腸内微生物も過剰増殖することは論を待ちません(^_-)-☆。

 

 

『洗剤と芳香剤:ケミカルのコンビネーション』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

 

みなさんは、お部屋の掃除やトイレなどの汚れ落としにホームセンターで売っているような洗剤を使っていないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

あるいは香りのする洗剤などのグッズや芳香剤がお部屋にあるでしょうか?

 

 

 

 

 

日本は塩素大国です。

 

 

 

 

 

水道水、農薬はもちろんのこと、洗剤はすべて高濃度の塩素入り。

 

 

 

 

 

 

給食の野菜やカットフルーツなども・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

さて、洗剤に含まれる次亜塩素酸(hypochlorous acid)、塩素ガス(Cl2)などは気密性の高い(高密度)日本の住宅の屋内では蓄積しています。

 

 

 

 

 

 

これらの塩素あるいは塩素化合物は容易に他の物質と結合して、[炎症ゴミ(炎症を引き起こす抗原)」となります。

 

 

 

 

 

さらには・・・・・

 

 

 

 

 

 

蛍光灯や太陽の光と反応して、ハイドロキシラジカルという最も反応性の高いフリーラジカルを形成します。

 

 

 

 

 

 

 

 

柑橘類に含まれる代表的な単環式モノテルペンに「リモネン (limonene) 」があります。

 

 

 

 

 

 

柑橘系の香りがするために、今や大量に化学合成されて、洗剤、汚れ落とし,芳香剤やシールはがし用のスプレー等に含まれています。

 

 

 

 

 

 

このリモネン。

 

 

 

 

 

 

プーファと同じく炭素の二重結合が2つ(プーファは2個以上(^^)あるために、容易に酸化されます。

 

 

 

 

 

 

 

このリモネンが屋内で塩素やハイドロキシラジカルと反応すると、まさに「有機エアロゾルsecondary organic aerosols (SOAs)」と呼ばれる”炎症ゴミ”になることが報告されました(Environmental Science & Technology, 2019)。

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにリモネンが酸化された物質は、喘息や皮膚炎などの炎症ゴミになることが報告されています(Contact Dermatitis. 1992 May;26(5):332-40)(Contact Dermatitis. 2016 May;74(5):273-80)。

 

 

 

 

 

 

私は長い間、病院勤めをしていたので病院内で毎日大量に使用される塩素系洗剤や消毒液、さらにはお部屋の芳香剤の混じった臭いで気分が悪くなっていました。

 

 

 

 

 

 

このような私たちの思いもよらない化学反応が起きて、私たちの健康を蝕んでいることが今回の報告からもよく理解できますね(^^♪。

 

 

 

 

 

 

 

大量生産の石油化学工業は、人類だけでなく生命体を破壊するトロイの木馬なのです(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

大量生産・大量消費・大量流通の時代はもう限界を超えてしまっていることがあらゆるところで表面化していますね。

 

 

 

『あなたの思考能力の低下の原因は?』

心身のダイエット・パーソナルコーチのパレオドクターです。

 

 

 

 

 

 

みなさんは、私たちの体で最もエネルギーを消費する器官をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

それは・・・・・

 

 

 

 

 

 

みなさんの「脳」です(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

思考・判断力・俯瞰力・創造性・感情のコントロール・慈悲(思いやり)・そして愛情まで、すべての脳の糖のエネルギー代謝に依存しています(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

 

脳の糖のエネルギー代謝が低下すると、このような人間にとって大切な機能が失われてます。

 

 

 

 

 

 

思考停止(洗脳のされやすさ)、キレやすさ(忍耐力のなさ)、無慈悲、事かなれ主義・・・・・

 

 

 

 

 

 

「今だけ、金だけ、自分だけ」という現代日本社会を覆う特権階級の行動様式はまさに脳のエネルギー代謝の低下が招いたものです。

 

 

 

 

 

さて・・・・本題。

 

 

 

 

 

 

 

現代食は、「高プーファ(多価不飽和脂肪酸)」食です。

 

 

 

 

 

 

みなさんも、普段の食事を見直して頂ければ、そのいかにプーファまみれのものを食べているかを御実感できると思います。

 

 

 

 

 

 

現代医学の研究では、わざと高プーファ食を「高脂肪食」と名前を置き換えています(『慢性病は現代食から』参)。

 

 

 

 

 

 

「高脂肪食が体に悪い」というイメージを大衆に植え付ければ、バタ、チーズなどの乳製品を自分たち(権力者)が確保できるからですね(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

さて、最新の研究で「高脂肪食が脳にダメージを与えて、肥満を加速する」という論文が発表されました(Cell Metabolism 30, 111 November 5, 2019)。

 

 

 

 

 

 

この研究で使用されていた脂肪は、お決まりのラードと大豆油のプーファのコンビネーションです。

 

 

 

 

 

 

 

ラードは、近年ではGM穀物(プーファ)やプーファまみれの残飯をエサとして与えていますので、プーファの塊になっています(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

 

それにも関わらず、現代医学はいまだに「ラード=飽和脂肪酸」と位置付けています・・・・・・( ;∀;)

 

 

 

 

プーファは、脳の摂食中枢のある視床下部の脳細胞にダメージを与えます。

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、脳神経細胞ミトコンドリアにダメージを与えることで、より食欲が高まることで肥満を招くとしています。

 

 

 

 

 

(本論文ではUCP-2という脂肪のエネルギー代謝にスイッチしたときに、活性化するタンパク質をその原因にしていますが、これは結果です(^_-)-☆)

 

 

 

 

 

今回は、プーファの悪影響(糖尿病、肥満などのメタボ)が、肝臓、脂肪組織、筋肉組織だけでなく、脳神経細胞においても認められることを明確に示しています。

 

 

 

 

 

 

プーファで心身がやられるのは当然なのです(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

 

みなさんの思考力が低下している最大の原因がもう分かりましたよね(^^♪。