パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『歯のフッ素症(dental fluorosis)の蔓延』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

米国などでは、塩素の代わりにフッ素を水道水に混入しています。

 

 

 

 

もちろん市販の歯磨き粉にも漏れなくフッ素を混入させています。

 

 

 

 

なんと米国民の1/4 がフッ素過剰で歯のフッ素症(dental fluorosis)になっていることが報告されました(Science Signaling, 2020; 13 (619): eaay0086)。

 

 

 

 

 

これは調査可能な範囲だけの話で、実際はもっと多いでしょう。

 

 

 

 

 

歯のフッ素症は、フッ素によって歯のエナメル質歯に褐色の斑点や染みができる症状を指します。 進行すると、エナメル質にいくつかの小さな孔ができ、脆弱になります。

 

 

 



 

これは歯のミネラルの沈着が低下することが原因です。

 

 

 

 

 

子供が9歳までにフッ素に過剰に暴露すると、歯の発達障害が起き、虫歯のリスクが高まります(そのほか、脳の発達も障害される!)。

 

 

 

 

 

 

 

今回の研究では、フッ素はエナメル質の細胞の小胞体にストレスを与える(→慢性炎症を引き起こす)、あるいはミトコンドリアにダメージを与えることが判明しています。

 

 

 

 

フッ素と同じ性質を持つ塩素でも同じことが起こるでしょう。

 

 

 

 

 

日本の子供だけでなく、成人にも虫歯が多いのは、糖質制限、プーファだけでなく、塩素・フッ素過剰による糖のエネルギー代謝の低下が原因となっているのです。

 

 

 

 

 

日本の水道水を塩素除去せずに飲むのは、心身および歯の健康にとっても危険なのです。

 

 

 

塩素を抜いて、どうやって消毒するのか?


 

バクテリアを除去するのに、塩素などの猛毒を使用しなくても可能なのこと(昔の知恵)を知らないだけです(^_−)−☆。

PS: 3/25大阪の「コロナウイルスの真実」講演はすぐに定員に
達しましたので、増席いたしましたのでご確認よろしくお願いいたします。

https://kokucheese.com/s/event/index/592260/?fbclid=IwAR2RSaS_3ok14ziF-4P0DkNZO-UiWOOvigl4-SXuLZgdRRVkqmxedjChIi8
 
 




『コロナウイルスに消毒は有効か?:家庭用クリーナー(消毒)と喘息・アトピー』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

新型コロナウイルス対策として、アルコール消毒などを奨励する自称“評論家”“専門家”たちが後を絶ちません。

 

 

 

消毒薬、抗生剤、抗ウイルス薬といった、「病原体を叩く」思想がまだ医学では当然の様に考えられているのです。

 

 

 

 

 

これらの「病原体を叩く」思想(サイエンスではない)は、必ずその耐性微生物を作るだけに終わってしまいます。

 

 

 

 

耐性微生物には、もう手段がなくなるのにも関わらず・・・・・

 

 

 

 

 

さらに、消毒薬や医薬品そのものの副作用という心身への負担も得ることになるため、シックネス・パターンへの一石二鳥が、この「病原体を叩く」思想です(^_−)−☆。

 

 

 

 

 

コロナウイルスは怖くない」というと、“楽観論者”(非国民(^_−)−☆)として叩かれる始末ですが、それは本当のサイエンスの基礎を勉強していないからに過ぎません。

 

 

 

 

コロナウイルスの真実については、今後、非公開のオンラインや講義などを開催する予定です。

 

 

 

 

 

 

さて、現代社会では、家庭でも消毒薬と同じケミカルを配合した、クリーナー(家庭用洗剤、household cleaning products)を多用しています。

 

 

 

 

 

 

この家庭用クリーナーと幼児の喘息やアトピーの関係を調べた最新の研究が報告されています(Canadian Medical Association Journal, 2020; 192 (7): E154)。

 

 

 

 

 

この研究では、26種類の家庭用クリーナー(皿洗い洗剤、洗濯洗剤、消毒薬、消臭スプレーなど)と乳児の暴露が3歳児の時点での喘息・アトピーの発症に及ぼす影響を調べています。

 

 

 

 

その結果、乳児の時に消毒薬を含めた家庭用クリーナーの暴露が多いほど、喘息あるいは喘息とアトピーの合併が起こりやすいことが判明しています。

 

 

 

 

 

この様に、発達の重要な時期に、消毒薬やクリーナーに含まれる化学物質が、その子供の心身を変化させてしまうのです(エピジェネティクス)。

 

 

 

 

 

 

 

“消毒”という行為はかなり遅れた思想(人類の一過性の熱病)であることは、白痴化した現代では時間が証明(time will tell)してくれるとしか言いようがないですね(^_−)−☆。

 

『防カビ剤は安全か?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

穀物の避けて通れない問題は、長期保存に伴うカビ毒でした。

 

 



 

日本の夏場のように、湿気が多く、気温が高いとカビの繁殖は避けられません。

 

 

 

 

その対策として、穀物には収穫前後(pre- and post harvested)に防カビ剤が噴霧されます。

 

 

 

 

よく頻用されている防カビ剤に「エチレン・サイオユーリア(Ethylene thiourea (ETU))」があります(中国は主要な生産国)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この防カビ剤は、甲状腺ホルモン産生をブロックし、甲状腺機能を低下させます。

 

 

 

 

さらに保護ホルモンであるディハイドロテストステロン(dihydrotestosterone (DHT))の合成を低下させます(Genes Nutr. 2017 Feb 16;12:6)。

 

 

 

 

 

これはハゲ・脱毛の特効薬の「フィナステライド(Finasteride):商品名プロペシア」と同じ作用を持っているのです。

 

 

 

 

 

このように防カビ剤そのものが、糖のエネルギー代謝を低下(=免疫抑制、炎症)させる原因となるのです。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染も、このような人工的な環境汚染による免疫抑制という下地があって初めて成立するのです。

 

 

 

 

 

カビ毒および防カビ剤の悪影響を考えると、やはり長期保存・遠隔地への輸送など大量生産・大量消費というシステムそのものを見直す必要がありそうです。

 

 

 

 

食品のカビの問題に最も効果があるのは、地産地消であることは間違いありません(^_−)−☆。

 

 

 

『世界で最も消費されている食用油』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

 

世界で最も食用として使用されている油は何でしょうか?

 

 

 

 

 

調理油、加工食品、医薬品など幅広く使用されている遺伝子組換え作物から搾り取る油です。

 

 

 

 

それは大豆油。

 

 

 

 

 

米国では食用油としては、最大の60%を占めています。

 

 

 

 

この大豆油がどれだけ心身の健康を害するかを比較検討した実験が報告されています(Scientific Reports volume 7, Article number: 12488 (2017))。

 

 

 

 

比較対象となったのは、コーン油、オリーブオイル、ココナッツオイル、高フルクトース。





このうちオリーブオイルについては、以前ご紹介した「Plenish」(デュポン)という、遺伝子組み換え大豆をさらに操作(遺伝子編集)してオリーブオイル(オレイン酸)の油を産生するようにしたモンスター植物の油を使用しています。

 

 

 

 

 

これらが、肥満(体重増加)、糖尿病、脂肪肝に与える影響を調べています。

 

 

 

 

その結果、大豆油とコーン油は、肥満、糖尿病、脂肪肝のいずれをも引き起こしました。

 

 

 

 

遺伝子編集大豆油の成分は、オリーヴオイルと同じでしたが、観察期間中に糖尿病を引き起こすことがなかったものの、脂肪肝を引き起こしました(長期では糖尿病を引き起こすでしょう)。

 

 

 

 

ココナッツオイルと高フルクトースでは、いずれの病態も引き起こしませんでした。

 

 

 

 

やはり、不飽和脂肪酸、特にプーファは、世界中でパンデミックとなっているメタボリック・シンドロームの最大の原因であることが再確認されたということです。

 

 

 

このプーファ過剰が免疫抑制を引き起こし、新型コロナ肺炎という病態に大きく関与していることは間違いないでしょう。

 

 

『群れると病原性が高まる!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

バクテリア感染で厄介なのは、一つ一つのバクテリアが群れをなす事です。

 

 

 

 

バクテリアが群れをなすと、いわゆるバイオフィルム(biofilm) を形成します。

 

 

 

 

一旦、バイオフィルムが形成されると、抗生物質などもバクテリアに届かなくなり、ますますバクテリアの繁殖を許してしまいます。

 

 

 

 

また群生になると、バクテリアは相互に病原性の高い物質を産生し始めます(バッタも同じでしたね(基礎医学場の理論』)参)。

 

 

 

 

 

さて、このようなバクテリアの群れの形成(swarming)を人為的に作ることができます。

 

 

 

 

 

ミラビリス変形菌(proteus mirabilis)を使った実験で、不飽和脂肪酸オレイン酸)を外部から与えると、見事に群生するようになります。

 

 

 

 

 

その一方で、飽和脂肪酸(パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸など)は、バクテリアの群生をブロックしました(Infect Immun. 2004 Dec;72(12):6836-45)。

 

 

 

 

 

 

 

不飽和脂肪酸は、バクテリアの個体に群れを作り、より敵意(病原性)を高めるということです。

 

 

 

 

これは以前お伝えした、死のフェロモンが不飽和脂肪酸アルデヒド)であることとも一致しています。

 

 

 

 

死のフェロモンに匂いを嗅ぐと、生命体はそれを忌避し、敵意まで抱くようになります。

 

 

 

 

これは人間社会にもヒントになる現象です。

 

 

 

 

 

貧しい国、社会では、プーファまみれのGMO食品(by UNISEF)しか手に入りません。

 

 

 

貧しい家庭ほど、子沢山になり、群生するようになります。

 

 

 

 

貧困は心身のストレスをもたらしますが、食事中のプーファはストレスをさらに増強します。

 

 

 

 

 

そして、そのストレスでさらに群生が強まり、さらに貧困に・・・・

 

 

 

 

このスラム化からモラルのない暴力や殺戮・略奪が発生します。

 

 

 

 

生命体は同種の密度が高くなることを事前に避ける能力があります。

 

 

 

 

これは、エネルギー源となる環境資源が枯渇するからです。

 

 

 

 

そのセンサーが鈍り、制御不能の密度まで群生するようになるのは、まさにプーファがもたらすものなのです。

 

 

 

 

プーファは拙著『オメガ3の真実』にも詳述したように、あらゆるセンサーを「シャットダウン」する物質です。

 

 

 

 

 

プーファが群生をもたらし、それが貧困をもたらす。

 

 

 

 

 

そこから数々の悲劇が生み出されている現実を私たち人類はもう幾度と経験しているはずです。

 

 

 

 

昆虫もエサが枯渇し、環境が厳しくなると変態し、群生し、攻撃的になります(基礎医学の「場の理論」)。

 

 

 

 

 

現代社会では、単なる貧困だけでなく、そこにプーファが追加されるため、自然界よりもより破壊的な結果を招くことになるのです。

 

 

『死のフェロモン:ネクロモン(Necromone)』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ—崎谷です。

 

 

 

私たちは腐敗したものを避ける行動が備わっています。

 

 

 

 

これは食品だけでなく、ヒトの死体に対しても同じです。

 

 

 

 

実は、私たち哺乳類だけでなく、植物や昆虫なども同じく死亡した(=腐敗した)同種のものを避けることが分かっています。

 

 

 

 

これは腐敗した死体(dead body)に近寄ると、腐敗の過程で発生する様々な有機揮発物(VOC)でエネルギー代謝がダメージを受けるからです。

 

 

 

 

 

 

さて、腐敗した死体から何をシグナル(Necromone)として感じ取っているのでしょうか?

 

 

 

 

ゴキブリ、アリ、コオロギ、毛虫などの昆虫やワラジムシ(甲殻類)では、同種の死体から発生するオレイン酸リノール酸(プーファ)に反応して死体を避けることが報告されています(Evolutionary Biology 36(3):267-281 · September 2009)(Journal of Insect Behavior 30(3):1-14 · May 2017)。

 

 

 

 

ミツバチでも、仲間の死体から発生するオレイン酸が死体を除去するシグナルになるようです(Sci Rep. 2018; 8: 5719)。

 

 

 

 

このように昆虫などでは不飽和脂肪酸が死の匂いのシグナルになっています。

 

 

 

 

 

それでは私たちにとっての死の匂い(death smell)は何なのでしょうか?

 

 

 

 

 

それは、死体をバクテリアが分解するときに発生するある物質の匂いが該当するようです(PLoS Comput Biol. 2018 Jan; 14(1): e1005945)。

 

 

 

 

基礎医学シリーズのタンパク質のパートでも詳述した、「ポリアミン」と呼ばれる物質です(具体的には、putrescine とcadaverine)。

 

 

 

 

これは死体のタンパク質にあるリジン、オルニチンといったアミノ酸バクテリアが分解してできた物質です。

 

 

 

 

 

実際のこのポリアミンの匂いを嗅がせた臨床実験では、

 

●警戒心が高まる

●匂い物質から遠ざかる

●脅威を感じる

●他者への攻撃性が高まる

 

などの行動変化が現れました(Front Psychol. 2015; 6: 1274)。

 

 

 

 

このポリアミンはさらに代謝されてアルデヒドとなるので、結局はプーファやオレイン酸などの不飽和脂肪酸と運命は同じです(^_−)−☆。

 

 

 

 

腐敗したものを“魚臭い”と言うのも、魚のオメガ3がアルデヒドを発生させるからに他なりません。

 

 

 

 

興味深いのは、私たちの死体の腐敗臭(ポリアミン、アルデヒド)は、ネズミ、金魚や死体に卵を植え付けるハエなどにとっては、寄せ付ける吸引物質になることです(J Exp Biol. 2003 May; 206(Pt 10):1683-96)(Brain Res. 1996 Mar 18; 712(2):213-2)(J Biochem. 1984 Apr; 95(4):1105-10)。

 

 

 

 

私たちにとっての死のフェロモンは、他種にとっての惹きつけるフェロモンとなっているのですね(^_−)−☆。