パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『躁うつ病の原因はあのハッピーホルモン!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

躁うつ病という病気が教科書に記載されています。

 

 

 

私は残念ながら、20年以上臨床をやっていて、典型的な躁うつ病を見たことがありません・・・

 

 

 

気分の変動というかエネルギーの変動で躁(そう)になったり、うつになったりするだけで、このような病気は存在しないのではないかと思っています(#^.^#)。

 

 

 

では何が気分やエネルギーの変動を起こすのでしょうか?

 

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

一般の健康本にハッピーホルモンと書いているセロトニンという物質。

 

 



 

最新の研究で、躁うつ病の原因はズバリ、セロトニン過剰であることが報告されています(Mol Psychiatry. 2018 Sep 13)。

 

 

 

 

ミトコンドリア病といわれる病態があります。

 

 

 

 

全身のミトコンドリアの機能が低下した病態ですが、この病態では躁うつ病が20%もみられるといいます。

 

 

 

また、セロトニン過剰では、ミトコンドリアの機能が低下することも分かったといいます。

 

 

 

 

これはある意味当然ですね。

 

 

 

セロトニンは冬眠物質でもあり、代謝を落とすからですね(#^.^#)。

 

 

 

セロトニンがハッピ―ホルモンであるという歪曲にとどめを刺す論文でした(#^.^#)。

『ナノテクの危険性!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

みなさんも携帯だけではなく、ノート型パソコンやデスクトップ型なども含めたたくさんの電子機器をお持ちになっていると思います。

 

 

 

マックやウインドウズはすぐにOSをバージョンアップさせますので、数年でパソコンを買い替えないといけません・・・・

 

 

 

最近はこのような電子機器の廃棄が過剰になり、ナノテクによって使用されたナノ粒子が環境中に漏れ出していることが問題視されています。

 

 

 

最新の研究でナノ粒子が私たちの体内に入った場合にどういった反応を引き起こすかというシミュレーション実験が報告されました( Chem, 2018)。

 

 

 

ゴールドのナノ粒子はコーティングされているのは、電荷がプラスの物質(アンモニウムイオン)です。

 

 

 

このナノ粒子は脂肪のマイナスの電荷と結合して脂肪をぐるぐる巻いていったようです。

 

 

 

つまり、このゴールドのナノ粒子は電子を奪う性質を持っているということです。

 

 

 

私たちの体の中でマイナスの電荷をもっている重要な物質がたくさんあります。

 

 

 

例をあげると、DNAやタンパク質(アルブミンなど)。

 

 

 

これらの物質とナノ粒子はアルデヒドと同じように結合する可能性があるということです。

 

 

 

これが遺伝子変異につながります。。。。

 

 

 

恐ろしいですね~

 

 

 

生命の電子のフローが滞ります。

 

 

 

こうも次々と新しいテクノロジーといっては、人体に多大な悪影響を与えるものばかり登場します(5Gはその最たるものですね(#^.^#))。

 

 

 

人間は肥大した大脳をかくも有効に使えない動物なのだと改めて感じました(^○^)。

『体罰がないと暴力が減る!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

私は、昔は素行が悪くてよく先生に殴られていました。

 

 

 

 

中学校のときは、本当に熱血教師が担任になって、ほぼ毎日といって良いほど、何か悪事がバレて往復ビンタの嵐でした・・・・

 

 

 

一度は口腔内が切れてかなり出血しましたが、先生はお構いなしでした・・・・

 

 

 

しかし、とても愛のある先生で私の一番の恩師でもあります。

 

 

 

母親もいつも「とことん殴ってください」と先生のことを応援していたことを思い出します(^○^)。

 

 

 

この担任の先生は極貧で育ち、小さい頃から毎朝早朝から牛乳配達をしておられました。

 

 

 

それでとにかく図体がデカく、力も強かったのです(*^。^*)。ただ、ハートはすごく優しくて繊細な方だったと思いjます。

 

 

 

殴られてばかりでしたが、その他は非常に可愛がって頂き、行事はなんでも私が率先して任命されました。

 

 

 

たしか音楽の指揮者までやらされました(まったくいい加減な指揮でしたが・・・(笑))。

 



高校になって、その体罰はまだありましたが、今度は最低の教師でした。

 

 

愛がないばかりか、自分の権威を見せつけるだけのパフォーマンスだったのは明白でした。

 

 

 

さて、今回はその体罰の話です。

 

 

 

体罰を学校や家庭で完全に禁止ししている国はそうでない国に比べて、若者(男女とも)の暴力がより低い傾向にあることが最新の調査で報告されました(BMJ Open, 2018 )。

 

 

 

私は先に例を挙げた私の恩師のような体をはってその子供のことを思う体罰は相手に通じることを実体験として持っています。

 



しかし、ほとんどは権威主義からくる体罰です。

 

 

 

 

そのような体罰は虐待と同じ作用を子供の心身にもたらします。

 

 




 

 

権威主義のはびこる現代社会は完全なシックネス・フィールド(病気が病気を呼ぶ負の連鎖社会)です。

 

 

 

そのような社会での体罰という暴力は、必ず伝染していきます。

 

 

 

これがその人が成長したあとに、動物やより弱いもの(特に小さな子供)の虐待につながります。

 

 

異常な小児愛がこの500年以上もある宗教(世界を統治している)で盛んなことが、最近になって明るみにされました。

 

 

本当に憤りを超えてしまうくらいですが、これも完全な負の連鎖です。

 

 

 

体罰云々より、愛の循環している社会であるかどうかなのです(^○^)。

 

『なぜ妊婦は血糖値が高くなるのか?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

最近は産婦人科で妊婦の高血糖を糖尿病として扱うようです・・・・・(^_^;)。

 

 

 

糖尿病の女性が妊婦になったならまだ話は分かりますが、そうでない女性が妊娠しても血糖値は高くなります。

 

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

 

 

これは『続・免疫革命』に書いた内容ですが、ストレス時や感染した場合などと同じく血糖値が高くなります。

 

 

 

 

妊娠時の血糖が高くなるのと実は同じ仕組みになっています。

 

 



これは糖依存の脳、赤血球、性腺組織、活動する筋肉などに糖を振り分けるために、他の臓器が犠牲になるからです。

 

 

 

 

他の臓器の犠牲というは、いわゆる「インシュリン抵抗性」です。

 

 

 

他の臓器が、インシュリンがないと糖が利用できなくなるシステム(インシュリン抵抗性)を緊急時には使用するのです。

 

 

 

 

それでは妊婦さんの場合はどうなるのでしょう?

 

 

 

 

それは、もちろん胎児へ糖を振り分けるためです(^○^)。

 

 

 

 

 

胎児の脳の成長には大量の糖を必要とします。

 



 

 

 

人類の大脳は糖の大食い器官ですから、デンプン質を分解する酵素が人間に備わっている訳です(Am J Clin Nutr. 2018 Oct 1;108(4):737-748)。

 

 

 

妊娠時に血糖値を下げるとどうなるか・・・・・(『糖尿病は砂糖で治す』に詳述しています!(^^)!)

 

 

 

 

 

 

 

妊娠時には血糖が高くなる仕組みを私たちが持っていることを一般の医師にも知って頂きたいですね(*^。^*)。

 

 

『アレルギーの原因と病気の代謝』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

昼夜の寒暖差が激しいですね。

 

 

 

みなさんはこの時期体調は如何でしょうか?

 

 

 

この寒暖差の激しい時期は、私もまだアレルギ―症状が出るときがあります。

 

 

 

特にストレスがかかったり、睡眠不足が続いたりするとアレルギ―症(鼻水、クシャミ)がでます。

 

 

 

これは季節性アレルギーと呼ばれています。

 

 

 

 

母親も同じだったので、母親を妊娠したときの飢餓状態が影響しているのかも知れません・・・・

 

 

 

しかし、それが昔のように継続して起こらなくなったは、プーファ・フリーが効果を出していると思います(^○^)。

 

 

 

 

さて、そのアレルギ―症状を出す張本人はなんといってもヒスタミン。シックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質の一つ)の代表選手です(#^.^#)。

 

 

 

最新の研究でファスティングすると、腸内でヒスタミンが遊離されて、それが肝臓でケトン体を合成することが明らかになりました(Cell Metabolism, 2018)。

 

 

 



 

肝臓がケトン体を作らなければならない場面は、ファスティングの他にも高プーファ食(『続・免疫革命』に詳述しています(^○^))があります。

 

 

 

いずれも病的な場面。これが慢性化すると病気の代謝です。

 

 

 

あくまでも肝臓のケトン体産生は低血糖の一時しのぎにすぎません。

 

 

 

この状態が続くと大変なことになります。

 

 

 

そうです。

 

 

 

まず脳がやられてしまいます。

 

 

 

ケトン体が血液中で高くなると意識障害を起こします(この詳しい機序は『続・免疫革命』に掲載しています(^○^))。

 

 

 

 

ヒスタミンは自らが病気の場を作るのですが、間接的に病気の代謝を促進するのです。

 

 

 

アレルギーと病気の代謝が関連しているというのは興味深い発見ですね(^○^)。

 

 

 

クシャミや鼻水が出るときは、さらに糖をしっかり摂取しないといけまないと改めて思いました!(^^)!。

 

 

 

 

『筋肉の大敵はあのホルモン!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

医学の教科書を読むと、病気の原因はほとんどが不明と書いています。

 

 

 

よく外科手術の対象になる病態でさえ、原因不明とされています。

 

 

 

今回、なんと脱腸(鼠径(そけい)ヘルニア)の原因があのホルモンだったいう嬉しい研究論文が発表されました(PNAS, 2018; 201807765)。



 

 

 

なぜ嬉しいかというと、ほとんどの慢性病に絡んでいるだけでなく、物理的な病態と考えられている手術対象となる変性疾患(椎間板ヘルニアなど)もこのホルモンが関係していることをずっとお伝えしてきたからです。

 

 

 

鼠径(そけい)ヘルニアとは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てきます。

 

 

通常は「脱腸」と呼ばれているものです。

 

 

 

男性の高齢者に多く、腸が圧迫されて壊死することもあります。

 

 

 

 

さて、そのホルモンですが・・・・

 

 

 

男性が加齢とともに少なくなるホルモンは、テストステロンです。

 

 

 

なぜテストステロンが少なくなるのでしょうか?

 

 

 

これはプーファなどのシックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質)が蓄積することによって、テストステロンをエストロゲンに変換するストレス酵素がアップするからです(^○^)。

 

 

 

そうです。

 

 

 

脱腸の犯人はエストロゲンです!]]

 

 

 

エストロゲンは組織の線維化を起こすということを『新・免疫革命』で詳述しました。

 

 

 

 

 

この線維化(せんいか)というのは、正常の組織が死滅し、そこを機能のない線維で埋め尽くされるということを意味します。

 

 

 

 

腹部の筋肉(筋膜)が弱くなり、そこが線維化を起こすことで腸が飛び出してきます。

 

 

 

 

このテストステロンをエストロゲンに変換するストレス酵素をマウスに与えるとヒトと同じ脱腸を作ることができます。

 

 

 

逆にこのストレス酵素ブロックする薬剤をマウスに与えると脱腸が止まります。

 

 

 

脂肪が増えて筋肉が弱る原因。

 

 

 

 

それも原因がこの研究から分かりますね(^○^)。

『あなたは人生をギブアップすることで死を迎える』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

「絶対にあきらめるな!」

 

 

 

というフレーズを「ネバー・ギブアップ!」と日本語で表現しますが、これは和製英語ですね(^○^)。

 

 

 

正確には Don’t give up.

 

 

 

肉体的な死とは別に心が死に至る状態を「give-up-itis」とよばれています。

 

 

 

心の死とは、希望がなくなる絶望の状況において生きる意志をなくす状態です。

 

 

 

 

闘う意志だけでなく、生きることまであきらめるという意味で「give-up-itis」とよばれているのです。

 



 

 

 

この「ギブアップ」が死に直結するという研究で、ビクター・フランクルさんの『夜と霧』を思い出しました。

 

 

ナチスの収容所で生き延びたフランクルさんは最後まで望みを捨てませんでした。

 

 

 

その一方で状況をあきらめた、つまりギブアップした人たちは、バタバタと倒れていきました。

 

 

 

 

いかなる状況でも希望を持てる人と持てない人。

 

 

 

その違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

最新の研究で、このような絶望で心の死を迎えている人は、パーキンソン病と同じ歩容や動きを見せることから、脳内ドーパミンの減少がこころの死の原因になっていることが突き止められました(Med Hypotheses. 2018 Nov;120:14-21)(ホルモンの真実3の講義でお伝えしている内容です!(^^)!)。

 

 

 

 

ドーパミンの減少の原因はやはりプーファなどのシックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質)です。

 

 

 

慢性的なストレスや慢性的な社会的敗北感が心の死の引き金となっていますが、このストレスがセロトニンなどのシックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質)を活性化させて、ドーパミンを減少させます。

 

 

 

 

プーファ・フリーくらいでこの世は変わらないと揶揄(やゆ)されることがありますが、そんなことはありません。

 

 

 

 

 

心の死でさえ、こういったシックネス・サブスタンス(病気の場を作る物質)が直接の原因となっているのですから、糖のエネルギ―代謝を回すことで人間は変わることができるのです!(^^)!。

 

 

 

 

プーファ・フリーを甘く見ている(というか理解していないと言った方が適切かも知れません(*^。^*))のでしょうね(^○^)。

 

 

 

 

 

 

もちろん、人間一人一人が変化すると、社会構造も変わる訳ですから、社会システムによる慢性ストレスや慢性の社会敗北感もなくなっていくのです(^○^)。