パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『その食物繊維は大丈夫?〜リアルサイエンスシリーズ』

 

現代医療だけでなく、健康産業(ビジネスです(^_−)−☆)でも食物繊維のサプリメントが大流行しています。

 



 

ほとんどは植物から抽出して、化学合成したものが使用されています。

 

 

 

拙著『慢性病は現代食から』で詳述しましたが、これらの食物繊維は、糖尿病、ガン、自己免疫疾患などあらゆる病態を招く大きな原因になります。

 

 

 

現代医療や健康業界が推奨する食物繊維とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

それは、私たちヒトが消化できないが、腸内細菌のエサになる代物を言います。

 

 

 

「可溶性食物繊維(難消化性デンプン)」と呼ばれるものです。

 

 

 

健康業界では、イヌリンなどの食物繊維がサプリメントとして販売されています。

 

 

 

 

近年では、病院のチューブ栄養にも多用されています。

 

 

 

イヌリンは、ゴボウ、菊科の芋類、ニラ、ニンニク、タマネギなどに含まれている食物繊維ですが、現在では加工食品(蒲鉾、チクワ、菓子類、パン)、加工飲料(乳酸菌飲料、加工お茶、加工コーヒー)にも含まれています。

 

 

 

さて、最新のマウスの研究において、肝臓の機能が低下している場合、イヌリンを投与すると100%肝臓ガンを発症することが報告されました(Enterohepatic Shunt-Driven Cholemia Predisposes to Liver Cancer. Gastroenterology. 2022 Aug 18;S0016-5085(22)00959-3)。

 

 



 

肝臓の機能が弱っているというのは、食物を吸収した腸から血液が肝臓を通過しないタイプの異常をもっているもので、肝臓のデトックス機能が低下している状態と考えてもらえれば良いです(腸からの血液が肝臓を通らずに、心臓→全身へ向かう)。

 

 

 

現代人は、すでにプーファ、エストロゲンや無数のナノ粒子で肝臓機能が低下している状態です。

 

 

 

 

したがって、現代人がイヌリンなどの腸内バクテリアのエサになる食物繊維を摂取すると、発ガンするリスクが高まるということです。

 

 

 

この研究論文では、イヌリンの発ガン作用をバクテリアが発酵して作り出す短鎖脂肪酸や胆汁酸の上昇が、「免疫抑制作用(オメガ3、鉄やステロイドの主作用)」をするためだと推論しています。

 

 

 

これはまったくリアルサイエンスを理解していないことから起こる誤解です。

 

 

 

真実は、腸内バクテリアの過剰増殖(SIBO)によるエンドトキシン(内毒素)の上昇によるものです。

 

 

 

エンドトキシンは腸内バクテリアの細胞成分ですが、強い炎症・発ガン性を持っています。

 

 

 

 

エンドトキシンも肝臓である程度無害化されますが、肝臓機能が弱っている現代人では、このマウスと同じことが起こります。

 

 

 

食物繊維についての健康常識も真逆であることを再確認しておきましょう(^_−)−☆。

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

オメガ3神話の真実』

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

 

 

 

 

『クッキングオイルはあなたの遺伝子を変える!〜リアルサイエンスシリーズ』

 

 

オメガ3と並んで生命体に深刻な悪影響を与えるプーファ(多価不飽和脂肪酸、PUFA)の植物油脂(オメガ6)。

 

 

 

日本のコンビニやスーパーの食品の原材料表示には、必ず「植物油脂」という文字が記載されています。

 

 

 

その植物油脂の中でも、特に遺伝子組み換え(GM)の大豆油は、加工食品、クッキングオイル(調理油)、家畜の餌などに広く汎用されています。

 

 

 

この大豆油に代表されるプーファが糖尿病などのメタボリックシンドロームの原因であることを拙著でも繰り返しお伝えしてきました(もちろんプーファは、ガン、自己免疫疾患などあらゆる慢性病の主因となっています)。

 

 

 

しかし、まだ「糖質の過剰摂取が糖尿病の原因だ!」とフェイクサイエンスを信じて、糖質制限に拘泥している人が多いのが現状です。

 

 

 

 

さて、この大豆に含まれるプーファ(リノール酸)が脳の遺伝子にも影響を与えることが報告されています(Dysregulation of Hypothalamic Gene Expression and the Oxytocinergic System by Soybean Oil Diets in Male Mice. Endocrinology. 2020 Feb; 161(2): bqz044)。

 

 



 

食という環境が遺伝子を変化させる良い例です(遺伝子が運命を決定するのではなく、環境が決定する(^_−)−☆)。

 

 

 

この研究では、大豆油の投与によって、糖尿病などのメタボリック・シンドロームの発症に関する遺伝子のスイッチがオンになっています。

 

 

 

さらに、統合失調症うつ病自閉症、不安障害、疼痛過敏、アルツハイマー病などに関する遺伝子も活性化していることが分かりました。

 

 



 

これらの問題の一部は、大豆油によって、脳からオキシトシンというストレスホルモンの産生・放出が高まった結果を示されています。

 

 

 

例えば、オキシトシンの血液濃度が高いほど、血糖値が高くなった結果が出ています。

 

 

 

オキシトシンは抗利尿ホルモン作用を持つストレスホルモンであり、絆ホルモンというのはメインストリームの現代医学でのフェイクに他なりません。

 

 

 

プーファの深刻な悪影響については、一連の拙著や次作の『オメガ3神話の真実』に詳述していますが、私たち生命体にストレスを与えることで、脳の遺伝子変化をもたらすことが今回ご紹介した研究でも明らかになっています。

 



 

クッキングオイルは、みなさんの遺伝子を変えてしまうのです(^_−)−☆。

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

🌟老化・病の根本原因はオメガ3にあり!オメガ3神話崩壊の決定版

『オメガ3神話の真実』

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

 

 

 

 

『砂糖の代替にはならない“人工甘味料”〜リアルサイエンスシリーズ』

 

 

日本では今でも「糖質をとってはいけない」という深い刷り込み(罪悪感)が効をなしています。

 

 

 

高校や大学で、生物や生化学という分野を勉強された方であれば、誰でも細胞のエネルギーおよびミラクルホルモンである二酸化炭素の産生は、糖の分解(glycolysis)から始まることを習っているはずです。

 

 

 

本来、脂肪やタンパク質は、飢餓などの緊急時にしか、その代替ができないことも記載してあります。

 

 

 

それにも関わらず、生命の基本をおざなりにして、商業的にも糖質制限を流行させています(本当は隠された目的があることは私の読者であれば理解されています)。

 

 

 



 

その糖質の代替として、グローバル企業は“人工甘味料”なる化学物質を開発し、市場に大量にばらまきました。

 

 

 

 

この化学物質は、飲料や加工食品は当然のこと、最近は乳製品にまで紛れ込ませています。

 

 

 

さて、この人工甘味料の副作用については、過去記事でも何度もお伝えしてきました。

 

 

 

今回、最新の疫学的調査(前向きコホート研究)において、人工甘味料と血管障害の相関関係が改めて証明されています(Artificial sweeteners and risk of cardiovascular diseases: results from the prospective NutriNet-Santé cohort. BMJ 2022; 378)。

 

 

 

フランスの10万人以上を対象にして、あらゆる食事由来の人工甘味料アスパルテームアセスルファムカリウムスクラロース)と、脳・心臓血管疾患(脳血管疾患、冠動脈性心疾患)の関連を調べています。

 

 

 

その結果、人工甘味料の総摂取量の増加に伴い、脳・心臓血管疾患のリスクが有意に上昇しました。その中でも、脳血管疾患リスクと強い関連が認められました。

 

 

 

 

人工甘味料の中では、アスパルテームの摂取が脳血管疾患リスクの増加と関連が認められています。これは、過去記事でもお伝えしたとおり、アスパルテームの分解で、発ガン物質のアルデヒドが発生するからです。

 

 



 

 

アセスルファムカリウムスクラロースは、心臓の冠動脈性心疾患のリスクの増加と関連していました。

 

 

 

 

このように疫学的調査においても、人工甘味料は「血管障害(動脈硬化)」という重篤な副作用のリスク上昇と関連していることが示されています。

 

 

 

 

一方、良質の糖質(単糖類、二糖類)を含むハチミツやフルーツは、血管障害(動脈硬化)を防ぐ作用があります(Cardioprotective Effects of Honey and Its Constituent: An Evidence-Based Review of Laboratory Studies and Clinical Trial. Int J Environ Res Public Health. 2020 May; 17(10): 3613)(Honey and Its Role in Relieving Multiple Facets of Atherosclerosis. Nutrients. 2019 Jan; 11(1): 167)(Consumption of fruit and berries is inversely associated with carotid atherosclerosis in elderly men. Br J Nutr. 2008 Mar;99(3):674-81)(Baccaurea angulata fruit juice reduces atherosclerotic lesions in diet-induced Hypercholesterolemic rabbits. Lipids Health Dis. 2017 Jul 7;16(1):134)。

 



 

人工甘味料が本物の糖質の代替などできる訳がないのです(^_−)−☆。

 

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

 

 

 

『母乳によるシェディング〜リアルサイエンスシリーズ』

 

ファクトチェックなどによって執拗に否定されている遺伝子ワクチンシェディング。

 

 

 

今回、メインストリームのメジャー医学誌JAMA(米国医師会(American Medical Association:AMA)が発行する臨床雑誌)に、否定され続けている「ワクチンシェディング現象」が報告されました(Detection of Messenger RNA COVID-19 Vaccines in Human Breast Milk. JAMA Pediatr. Published online September 26, 2022. doi:10.1001/jamapediatrics.2022.3581)。

 

 

 

遺伝子ワクチン(ファイザー6名、モデルナ5名)を出産後6ヶ月の間に接種した母親の母乳を調べた研究です。

 

 

 

その結果、11名のうち7名の母乳に、ワクチンの遺伝子ナノ粒子(mRNA nanoparticles)が検出されたのです。

 

 



 

これは、遺伝子ワクチン接種によって、細胞内に侵入した遺伝子ナノ粒子(毒物)が、「エクソソーム(細胞外小胞)」として細胞外に排出されたもので、母乳はその排出経路の一形態です(拙著『ウイルスは存在しない』参照)。

 

 

 

乳腺細胞そのものに入り込んだ遺伝子ナノ粒子(毒物)がエクソソームとして乳汁に排出されたものだけでなく、全身の細胞から排出された遺伝子ナノ粒子(毒物)を含んだエクソソームが乳汁を介して体外へ排出されたものも含まれます。

 

 



 

今や誰もが忘れている当初の遺伝子ワクチンの臨床実験(途中で事実上の廃止に追い込まれた=安全性が確立されていない!)では、子供や妊婦、出産婦などは実験の対象からは外れていました。

 

 

しかし、ファイザーの市場後調査においては、遺伝子ワクチンを接種した母親の母乳によって、17症例の乳児への副作用が報告されています(『5.3.6 CUMULATIVE ANALYSIS OF POST-AUTHORIZATION ADVERSE EVENT REPORTS OF PF-07302048 (BNT162B2) RECEIVED THROUGH 28-FEB-2021』Pfizer)。

 



これは、母親の母乳からシェディングを受けた結果であることを証明しています。

 

 



 

シェディング(遺伝子ワクチンだけでなく、あらゆる毒物を含むエクソソーム)は、密室の環境下では、空気中からでも感染します。

 

 

 

 

血液の一部である母乳からダイレクトにエクソソームに感染するのは当然の結果といえるでしょう。

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

 

 

 

『現代医療のインセンティブは?〜俯瞰シリーズ』

 

 

コビット詐欺だけでなく、現代医学を含めたサイエンスが教えることの中に、真実はありません。

 

 

 

世の中に“常識”として流布されている理論や仮説には、権力者たちのある隠された目的があります。

 

 

 

残念ながら、医師も含めた専門家は、この目的に気づくことがなく、権力者の広告塔になっています。

 

 



 

最近はビッグピクチャーに少しは気づく医師も出ていますが、ほとんどは保身のために、声を大にして異を唱えることはありません。

 

 

 

先日、私の知人が拙著を読み、ご家族親族一同に遺伝子ワクチン接種を思いとどめています。

 

 

 

 

知人の母親が、持病の定期検診に大学病院を受診したときに、担当医師に、「なぜ新型コロナ遺伝子ワクチンを接種しないのか?」と尋ねられたといいます。

 

 

 

そのときに、正直に「この遺伝子ワクチンは、人口削減のために開発されたもので、息子が決して接種してはいけない」と回答したということでした。

 

 

 

その時、担当医師は、

「その息子さんはすごいですね。私も新型コロナパンデミックは存在しないと思っていますが、それを表明すると医師として仕事していくことができなくなるので、黙っています。」

と話されたそうです。

 

 

 

 

このように肌感でおかしいと理解している医師や政治家も稀にいますが、いわゆる日本の上級階層と呼ばれているほとんどの人(フリーメーソンに所属する日本人も含める)も、権力者のナレーションを信じ込んでいます(当然、日本人の上層階級レベルでは、権力者のプロットや情報を教えてもらえない)。

 

 

 

 

ティーブ・キュリシュ(Steve Kirsch)の医師へのインタヴューでも、現代医療にどっぷり浸かっている医師たちの立場が赤裸々になっています(『Paul Marik speaks about the silencing of doctors who want to speak out about the COVID vaccines』Rumble.com, September 25, 2022)。

 

 



 

この医師(Paul Marik)は、当初は新型コロナ遺伝子ワクチンを安全と考えていた人です。

 

 



この医師が安全性に疑問を呈する発言を公にすると、現代医療ムラからの嫌がらせを受けるようになりました。

 

 

 

 

彼もインタヴューで答えているように、「病院の報酬は、権力者の意に沿うことで確保される、つまり権力者の意を汲むことがインセンティブ出来高)になっている」と正直に答えています。

 

 

 

そもそも現代医療というものは、患者の命を救うことがインセンティブになっていないのです。

 

 



 

この現状をよく腑に落とした上で、現代医療と付き合う(付き合わないのがベスト(^_−)−☆)ことが必要です。

 

 

 

コビット詐欺は世界ですでに幕を閉じていますが、このプロットが始まった当初から、リアルサイエンスで読み解くとすぐにその詐欺の本質が理解できました(当初は、私もかなり攻撃を受けました)。

 

 

 

これを単なる陰謀論で論じてしまうと、足をすくわれます(無数のcontrolled oppositionに誘導される)。

 

 

 

 

リアルサイエンスで、あらゆる目に目えない構造(既得利権)を白日のもとにさらすことによってはじめて、堕落したヒトという種は他の生命体に近づける存在になります。

 

 

 

権力者がいくら情報を秘匿(人類の歴史そのもの)しても、彼らの手札は決まっています。

 

 

 

彼らの情報にあずかることが未来永劫ない私たちは、これから何が起きても右往左往しないように、リアルサイエンスを礎にどっしりと構えておきましょう(^_−)−☆。

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹


👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』こちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

 

 

 

『自閉症スペクトラムの治療〜リアルサイエンスシリーズ』

 

自閉症スペクトラム(Autism spectrum disorder (ASD))は、周囲とのコミュニケーションがとれないメインの問題(the main core symptom)を抱えていますが、それ以外にも不穏、多動、自傷行為、攻撃性、抑うつ、不安などの書状も認められる状態です。

 

 


不穏、多動、自傷行為、攻撃性、抑うつ、不安などは、いつもお伝えしているセロトニンエストロゲン過剰がもたらす典型的症状です。

 



自閉症のこれらの症状がある作用によって軽減したという興味深い研究が報告されています(Koch E and Demontis D (2022), Drug repurposing candidates to treat core symptoms in autism spectrum disorder. Front. Pharmacol. 13:995439. doi: 10.3389/fphar.2022.995439)。

 


自閉症の中核兆候であるコニュニケーション問題を改善した物質は、下痢止めのロペラマイド(ロペミン)、ブロモクリプチンなどの抗セロトニン作用を持つもの。

 

 


そして、プロゲステロンでした。

 


プロゲステロンは最強の抗エストロゲン物質です。

 

 

もちろん、このような薬剤を用いるまでもなく、糖質はセロトニンエストロゲンの両方を低下させてくれます。

 

 


したがって、自閉症に顕著に認められる社会性の問題も、セロトニンエストロゲン過剰によって引き起こされていることがこの最新の研究からも裏づけられています。

 

 


自閉症の急増の原因の一つに、子供の複数回に及ぶワクチン接種にあることを拙著でお伝えしました。

 

 


このワクチンによる脳の炎症も、最終的にはセロトニンエストロゲンが過剰産生されることで、自閉症スペクトラムと呼ばれている諸症状を引き起こすのです。

 

 

 


もちろん、子供だけでなく、成人でも不安、焦燥、攻撃性、うつなどの一連の症状は、ほとんどの現代人が抱えている問題です。

 

 

 

 


これもコミュニティ、そして人間の間の信頼関係を損なう結果につながるため、権力者たちの「分断・統治(divide and conquer)」に用いられています。

 

 


なぜ現代医学で、オメガ3などのプーファだけでなく、セロトニンエストロゲンの礼賛が止まないのかがお分かりになると思います(^_−)−☆。

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

 

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

 

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹

 

 

 

👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

 

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

 

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?』

 

 

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

 

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから

 

 

『ストレスと遺伝子の関係〜リアルサイエンスシリーズ』

 

権力者が開発した現代医学では、この100年間唱え続けられている中心的なドグマがあります。

 

 


それは何でしょうか?

 

 


「あなたの人生(知能、健康、運命など)は遺伝子で決定されている」

 


とするドグマです。

 


これを「遺伝子決定論」といいます。

 

 


もちろん、このドグマに反対した良識のあるサイエンティストも存在しています。

 

 

 


しかし、彼らは「変わり者」という烙印を押されて、歴史の中に埋没されました。

 


真実は彼らのドグマとは真逆で、環境が遺伝子を変化させます。

 

 


生命体は、環境に適合していくには、柔軟に遺伝子という設計図を変更して対応しなければならないからです。

 

 


さて、遺伝子ワクチンというストレスが遺伝子に与える影響を調べた研究が報告されています(Four cases of cytokine storm after COVID-19 vaccination: Case report. Front Immunol. 2022 Aug 15;13:967226)。

 

 


遺伝子ワクチン未接種者と比較して、遺伝子ワクチンというストレスによって、390の遺伝子が活性化される一方、115の遺伝子が不活性化されていることが判明しました。

 

 


活性化されている遺伝子の中には、炎症、サイトカインストームを加速させるものが含まれていました。

 

 


つまり、遺伝子ワクチンというストレス物質が、炎症を加速させる遺伝子を活性化させて、全身に炎症を引き起こすことが明らかになっているのです。

 

 


これは、体内に入った強力な毒性物質を排除するために、炎症というメカニズムを使用しているのです。

 

 


このように環境の変化こそが、遺伝子(の発現)を左右しています。

 

 


「遺伝子決定論」は、彼ら権力者の“思想”(妄想)にすぎないことがリアルサイエンスで証明されています(^_−)−☆。

 

=====================================

🌟希少の本物のハチミツ
食べれば食べるほど心身が健全になる
農薬、重金属、GMシロップフリーの本物の純粋ハチミツ

 

 

🌟シェディング対策に!
体調不良やシェディング対策には、あらゆる病態の中心にある鉄のキレートが有効です。

 

 

👉パレオドッグ(インスタグラム)
原始人食ですくすく育つパレオ犬の2匹

 

 

👉エネルギー量子医学会(TUEET)(インスタグラム)

ベーシックサイエンスから基礎医学まで全てを網羅

 

 

🌟お知らせです。
クラブハウスに参加します。
隔週(火曜日)で一般的に疑問に思われる様なトピックを中心に有馬陽子先生と雑談形式でお話しする予定です。
ご興味のある方は、覗いてみてください。

 

 

🌟健康に不思議の健康あり、病気に不思議の病気なし
『慢性病の原因は「メタボリック・スイッチ」にあった!病はなぜ治らないのか?』

 

 

🌟ポスト総ワクチン時代の処方箋

 

 

🌟『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

●アマゾン予約の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』上巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『ウイルスは存在しない』下巻

●アマゾン予約の方はこちらから

●アマゾン不買運動の方はこちらから

 

 

🌟『今こそ知るべき!ワクチンの真実』はこちらから
 

🌟現代人の必須の知識!

『現代医学と優生思想』講義はこちらから