パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『昆虫も計算ができる:ミツバチの能力!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

 

一般に脳の大きさと脳力(認知、計算、創造性など)は比例します。

 

 

 

 

しかし・・・・

 

 

 

 

最近になって、人間よりも脳が小さいサル、オランウータン、オウム、鳩、さらにはクモのような昆虫でも計算能力があることが示されています。

 

 

 

 

 

まだ言語を話さないヒトの赤ちゃんでも計算能力があることも分かっています。

 

 

 

 

これは言語を持たない、あるいは複雑な数字の概念を持たないブラジルの原住民でも計算能力があることも知られています。

 

 

 

 

 

 

さて、今回はミツバチにその計算能力があるかどうかを調べた興味深い実験結果が報告されました(Science Advances, 2019; 5 (2): eaav0961)。

 

 

 

 

 

その結果は、簡単な数字(1~5)の範囲では、少なくともトレーニングによって足し算、引き算ができることが示されました。

 

 

 

 

今まで、ミツバチには空間認知に加えて、右/左、上/下、同じ/違う、大きい/小さいなどの概念があることも分かっています。

 

 

 

 

 

今回の研究で、ミツバチにはさらに簡単な計算能力もあることが付け加えられました(^_-)-☆。

 

 

 

紀元前2000年に古代エジプトバビロニアで数字による計算が使われ始めたとされています。



 

 

 

しかし、今回の研究からは、計算には昔から言われていた高度の脳(大きな脳)が必要という訳ではないことが明確にされました。

 

 

 

ミツバチに複雑な計算が可能かどうかはまだテストされていませんが、実生活においては簡単な計算ができれば事足ります。

 

 

 

生命体は人間に特有と思われていた様々な能力をすでに持っている。

 

 

 

 

シュタイナーは無生物~哺乳動物まですべて意識があるが、そのレベル(階層)が違うだけと言っています。

 

 

 

 

 

 

しかし、そのレベルさえも変わらない可能性があるのではないでしょうか(すべて潜在能力がある)。

 

 

 

 

 

 

人間がただそれに気づかないだけかも知れません(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

『抗がん剤耐性とは?-がんは安心させてあげなさい』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

現代医学のガン治療は、いまだに三大治療(⊕免疫療法)が中心になっています。

 

 

 

 

三大治療とは、手術・抗がん剤(免疫修復剤も含まれる)・放射線治療のことです。

 

 

 

 

 

これらの三大治療では、ガンをむしろ増大させたり、遠隔転移あるいは再発させる真相やメカニズムをお伝えしてきました。

 

 

 

このことは、拙著『ガンは安心させてあげなさい』あるいは『ガン安心療法』DVDで詳述しています。

 

 

 

今回、マウスの乳がんモデルにおいて、抗がん剤(パリタキセル、ドキソルービシン)が他臓器に遠隔転移を引き起こすことが報告されました(Nat Cell Biol. 2018 Dec 31)。

 

 

 

 

OMG!

 

 

 

 

放射線治療が将来がんを作ることは、流石に医師でさえも知っています(このことは非常に重要なので、著作にしたいと思います(#^.^#))。

 

 

 

 

俯瞰力のある外科医であれば、手術と遠隔転移の関係についても薄々気づいている人がいるかも知れません(手術すると数年後に転移がんが見つかる)

 

 

 

 

さらに抗がん剤で転移が引き起こされると聞くと、医療従事者の方が真っ青になるかも知れません。

 

 

 

乳がん細胞が抗がん剤というストレスを与えられると、細胞外小胞(エキソソーム)という小さな袋を血液中に大量に放出します。

 

 

 

 

 

この小胞のなかにガンを引き起こす物質が含まれていて、血液を循環して肺や骨などの多臓器に取り込まれることによって、そこにがんを形成されることが今回の研究で示されたのです。

 

 

 

 

 

 

次作の『オメガ3の真実』にも書きましたが、この細胞外小胞には、遺伝子、タンパク質、さらにはアルデヒドさまざまなストレス物質が含まれます。

 

 



 

 

このような小胞が他の臓器によって取り込まれると、遠隔臓器にもがんを発生させるのです。

 

 

 

 

 

つまり、ガンの転移とは、イメージでは原発のがんが血管やリンパをつたって遠隔臓器に移動(転移)するというものですね(^_-)-☆。

 

 



それに加えて、このようなストレス物質が放出されることによっても、多臓器にガンが発生するということです。

 

 

 

 

 

 

昨日もお伝えしたように、ガンにストレスを与えるとリンパなどに移動(避難)するか、ストレス物質を大量に放出して遠隔臓器にがんを作るのです。

 

 

 

 

 

 

抗がん剤耐性(抗がん剤が効かない)」という言葉がありますが、これは認識の間違いですね。

 

 

 

 

抗がん剤が効かないのではなく、抗がん剤によって、むしろ転移が促進して死期を早めるということなのです。

 

 

 

 

 

これは医療行為が作った病気、つまり医原病(いげんびょう)に他なりません。

 

 

 

 

 

 

こういう話をすると、「いや、手術して抗がん剤治療をして20年も生きている人がいる」と反論されることがあります。

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

 

このような稀なケースは、元々がんではなかったか、あるいはよほど糖のエネルギー代謝が回っている人(たまたま検診でガンと認定された)だからです。

 

 

 

 

 

かつ低用量(濃度が低い)の抗ガン剤を服用している場合に限ります。

 

 

 

元々、糖のエネルギー代謝が高いので、毒(低用量の抗がん剤)やゴミ(抗がん剤で死滅した細胞など)を速やかに処理できているのです。

 

 

 

 

しかし、それでもその人の血液中にはたくさんの毒性物質やストレス物質が循環しているでしょう。

 

 

 

 

なんとか発症しないギリギリの状態であるだけです。

 

 

 

 

それでも抗がん剤の量を増やすと耐えられなくなるでしょう。

 

 

 

がんこそは「安心させてあげない」といけないのです(^_-)-☆。

 

『ガンのリンパ節転移の秘密!』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

私の持論に「がんで死亡することはない」といものがあります。

 

 

 

 

 

私の臨床経験でも、実際に原発のがんで亡くなった事例はなく、手術、抗ガン剤、放射線療法やモルヒネなどの薬剤によって死亡しています。

 

 

 

これらの現代医学のガン治療はガンの悪性化・転移を促すからです。

 

 

 

 

 

 

あるいはがん悪液質といって、低血糖状態が原因となって、体の脂肪とタンパク質を分解して衰弱していくことで感染症や心臓・脳血管疾患で亡くなります。

 

 

 

 

脂肪組織から遊離脂肪酸アミノ酸が血液中に出ると、ガンはさらに増殖します。

 

 

 

 

 

悪液質では、わざわざ自分の体の組織を砕いて、ガンにエサを供給しているのですね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに糖質制限を厳格に行うと同じメカニズムで同じ結果を招きます。

 

 

 

 

 

このことはがんを専門にして、俯瞰力のある医師なら分かっていると思います(と思いたいです(^_-)-☆)。

 

 

 

 

 

いわゆる三大療法で死亡することの大きな原因として、がん転移を促進させる作用があることを拙著『ガンは安心させてあげなさい』『ガン安心療法』DVDでも詳しくお伝えしました。

 

 

 

 

がんが全身に転移したものは増殖が速く、転移した臓器の機能・

構造を破壊していきます。

 

 

 

 

 

 

今回、がんの死亡の原因となるリンパ節転移を起こしやすい乳がん悪性黒色腫を調べた研究が報告されました(Science, 2019; 363 (6427): 644)。

 

 

 

 

 

 

リンパ節転移を起こしたガンの特徴として、脂肪をエネルギー源にしていることが遺伝子レベルでも証明されたのです。

 

 

 

がんは糖ではなく脂肪中毒であるということを拙著『ガンは安心させてあげなさい』でも詳述しました。

 

 

 

 

転移をする増殖の速い(=悪性度が高い)がんは特に”脂肪中毒”なのです。

 

 

 




興味深かったのは、転移したがん細胞そのものが胆汁酸を作って、脂肪を分解しやすい形で取り込んでいるのではないかという内容でした。

 

 

 

 

 

リンパは小腸から吸収した脂肪の通り道ですから、脂肪リッチです。

 

 

 

 

 

リンパ節にはがんが大好きなエサ(脂肪)がたさくんある訳ですから、がんにストレス(三大療法や飢餓療法)を与えるとすぐにリンパ節に避難(転移)します。

 

 

 

 

がン細胞にストレスを与えることがリンパ節転移の真の原因でということです(^_-)-☆。

 

 

 

『学習、知識、スキル上達の鍵は”楽しむ”こと』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

私は大学卒業後に大学内で最も厳しいと言われていた脳神経外科を選択しました。

 

 

 

 

 

まず入局して感じたのは、ものすごい競争社会で当時の私のエネルギーでは対処不可能なほどのストレスだったいうことです。

 

 

 

 

私が入局する前はもっと状況が苛烈で、「寝るな、食うな、風呂に入るな」というような事がまことしやかに規律になっていました。

 

 

 

 

 

パンツも前後、表裏をチェンジすれば、風呂に入って着替えなくても4回はもつ・・・・・・

 

 

 

 

 

実は現代医学の最先端といわれる米国でも状況は似たり寄ったりです(ただし日本のような理不尽な負荷は少ない)。

 

 

 

 

 

レジデントといって、まだ修行の身であるときには、同僚との激しい競争があります。それによって医師の将来が決定されます。

 

 

 

競争があまりにも過激なので、米国の外科系や循環器系の医師を中心にいわゆる「燃え尽き症候群(バーンナウト)」が問題になっています。

 

 

 

 

 

日本も昔から丁稚奉公というものがありますよね。

 

 

 

 

 

さて、このような過酷な競争のなかで、本当にスキルや知識が向上するのでしょうか?

 

 

 

 

最新の研究では、これが明確に否定される論文が報告されています(Scientific Reportsvolume 9, Article number: 1747 (2019))。

 

 

 

 

 

競争を煽るような厳しいプログラム(レジデンシープログラム)や辛辣な生活環境を改善してストレスを減らすほど、より高い外科のスキルが身についたのです。

 

 



外科系のレジデントは常に高いストレスにさらされています。

 

 

 

 

この高い慢性ストレスは、コルチゾール、アドレナリンなどのストレスホルモンを常時分泌させます。

 

 

 

一般に言われる「闘争か逃避か」といわれるストレスモードを引き起こします。

 

 

 

 

これによって学習能力が低下し、ミスが目立ってくるのです。

 

 

 

 

その反対に、リラックスできる環境だと学習能力やスキルが向上します。

 

 

 

 

 

まるで好きなこと(趣味)をするような気持ちであると、益々学習能力が向上するのです。

 

 

 

「好きこそものの上手なれ」

 

 

 

 

これは、一般社会にも通用する原理ですね。

 

 

 

 

生命体は競争や苛烈な環境におかれると、パフォーマンスが著明に低下していきます。

 

 

 

 

 

これは、ストレスホルモンによって糖のエネルギー代謝が低下するからですね(#^.^#)

 

 

 

 

 

競争や峻烈な環境を課す現代社会システムは明らかに、生命体の”生きる”エネルギーを奪ってしまうのです(^_-)-☆。

 

 

『大腸メラノーシスって危ないの?』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

パレオ協会の会員さまから最近ご質問があった内容ですが、重要な内容を含みますので、ここに回答をシェアしたいと思います(^_-)-☆。

 

 

 

 

腸の状態を良くする物質の歴史も紆余曲折があります(『ホルモンの真実3』DVDで詳述)。

 

 

 

以前、セロトニンというストレス物質を腸内で増やす医薬品が開発され、下剤としても使用されていました。

 

 

 

 

私がこの事実を知ったのは、すでにこの薬が市場から回収されてなくなった後でしたが・・・・・

 

 

 

 

もちろん、この医薬品はセロトニンを増やしますから、腸のダメージだけでなく、全身の炎症およびガン化を引き起こすため、甚大な副作用を引き起こしました。

 

 

 

 

この医薬品がビッグファーマによって発売されたときから、盛んにメディアに垂れ流されたのが、センナなどのクワイノン系のハーブの摂取するとメラノーシス(色素沈着)が起こるということでした。

 

 

 

大腸メラノーシスは主に下剤としてセンナ末(クワイノン系)を1日テーブルスプーン1杯程度の経口摂取を長期間継続(平均9か月)すると起こる大腸粘膜の着色です。

 

 

 

 

この着色は使用をやめると1年以内に元に戻ります。

 

 

 

 

また、この大腸粘膜の着色は、大腸がんとは関係がありません(Prz Gastroenterol. 2017;12(1):22-27)(Clin Med Insights Gastroenterol. 2018;11:1179552218817321)。

 

 

 

しかい、当時は「大腸メラノーシス」という言葉だけで、印象操作されて、クワイノン系のハーブは避けられるようになったのです。

 

 



クワイノンはがんの特効薬であることは拙著『ガンは安心させなさい』でお伝えしてきました。

 

 

 

 

 

この事実も20世紀初頭に激しく攻撃されて、メインストリームの医学から姿を完全に消したという歴史があります。

 

 

 

 

 

 

さて、なぜこの着色ができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

がんや糖尿病などの慢性病は、細胞内がアルカリ性(還元状態)になっていることが病態悪化の原因になっています。

 

 

 

 

 

クワイノンはその酸化作用によって、細胞内のアルカリ性を初期状態(糖のエネルギー代謝が回っている状態)の弱酸性に戻してくれるのです。

 

 

そうです。

 

 

酸化ではなく、還元(アルカリ化)こそ病気の根本原因でした(^-^)。

 

 

 

問題が起こるのは、プーファや鉄の摂取量が多い現代人が、大量にセンナなどのクワイノンを経口摂取したときです。

 

 

 

この場合、クワイノンの酸化作用によって、プーファと鉄の反応で大腸粘膜内に「リポファッシン」という老人斑が形成されやすくなります(クワイノンがなくても、鉄とプーファがあれば老人斑ができる)。

 

 

 

 

肝斑(かんぱん)といわれる皮膚のシミと同じものです。

 

 

 

 

 

この老人斑が腸の粘膜に大量に出現した状態がメラノーシスといわれる着色と考えられています。

 

 




老人斑は顔の皮膚がんを引き起こさないのと同じように、大腸メラノーシスも通常は大腸がんを引き起こしません。

 

 

 

 

これは皮膚や大腸粘膜の新陳代謝が高く、老人斑ができた細胞はすぐに脱落するからです(ただし皮膚のシミはプーファ摂取が多い現代人は残存しやすい)

 

 

 

 

しかし、粘膜や皮膚といった新陳代謝の高い組織以外の他の臓器、組織に大量に老人斑ができると、組織障害だけでなく、長期にはがんを引き起こします。

 

 

 

 

これは老人斑自体がミトコンドリアにダメージを与え、糖のエネルギー代謝を低下させるからです。

 

 

 

 

 

この場合は、興味深いことにクワイノンは逆に老人斑の形成をブロックします(クワイノンの古くから知られている抗ガン作用のひとつ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめると、

 

 

・大量のクワイノンを慢性摂取しない限り、メラノーシスは起こらない(通常の下剤量では起こらない)

 

・現代食(プーファや鉄強化食品)との相互作用で起こる。プーファを避ければメラノーシスは起こりにくい。

 

・メラノーシスが問題になるのは、皮膚や粘膜などの外界と接する体表を覆う組織(しかし、変性した組織は脱落するか死滅してなくなる)。体内の組織に老人斑ができた場合は、クワイノンはむしろそれをブロックする。

 

 

 

もちろん経皮吸収型のクワイノンでは大腸にメラノーシスは起こり得ませんのでご安心ください(^_-)-☆。

 

 

 

 

『タバコを吸っている人がガンになりにく理由』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

がんのリスク因子として必ず喫煙があがります。

 

 

 

 

とくに肺がんや消化器系のガンでは喫煙はリスク因子のトップにあがります。

 

 

 

 

しかし、沖縄に多い100歳を超える人に喫煙者も含まれることは見落とされています。

 

 

 

 

一方でタバコを吸わない人が肺がんになったりします。

 

 

 

 

これをどう解釈したらよいのでしょうか?

 

 

 

 

妊婦が喫煙していると、胎児にニコチンが移行します。

 

 

 

 

このニコチンによって、胎児の脳、とくに脳のオーガナイザーとして創造性や判断力など重要な働きをする前頭前野ドーパミンが著明に増加するこが最新の研究で分かりました(Sci Rep. 2019 Jan 24;9(1):445)。

 

 

 

ドーパミンは生命体の生きる意欲と創造性の泉です。

 

 

 

また糖のエネルギー代謝を回す物質でもあります。

 

 

 

 

 

タバコを吸うひとは、このニコチンのドーパミン産生増加の恩恵を受けることになります。

 

 

 

 

一方で、タバコを吸わない人が、喫煙者の近くにいると(喫煙者の夫と非喫煙者の妻や子供)、喫煙者のタバコの煙を吸い込むことになります。

 

 

 

 

この場合は、ニコチンの恩恵を受けない(喫煙者のみ)ばかりか、煙に含まれるダイオキシンなどの発がん性物質に暴露することになります。

 

 

 

 

これが副流煙やサードハンドの問題の本質です。

 

 

 

 

もちろん、喫煙者でもヘビーな人(特に閉鎖空間で吸う場合)は、自分で吐いた煙を自分で吸い込むことになります。

 

 

 

 

 

 

煙の発癌物質がニコチンで相殺できない場合は、喫煙者も発がんすることになります。

 

 

 

 

 

 

私の脳外科の恩師は、手術前に必ず一服してから手術に臨んでいました。

 

 

 

 

 

これは、脳のドーパミンを増やして、ストレスを軽減し、集中力を高めるためだったと今では分かります(^_-)-☆。

 

 

 

 

 

私はタバコに臭いがするだけでノックアウトされますが・・・・・

 

 

 

 

喫煙する場合は、他の人の迷惑にならないよう(副流煙にならないよう)にすることが最低限のマナーですね(^_-)-☆。

 

 

『オメガ3の真実:続プーファ・フリーであなたはよみがえる』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

 

 

ようやく新刊『オメガ3の真実:続プーファ・フリーであなたはよみがえる』がアマゾンに掲載されました(^^♪。

 

 

 

 

元々は少なくとも自分が生きている間は現代医学はおろか、一般にも受け入れられることはないと遺作のつもりで書き始めた「健康常識パラダイムシフトシリーズ」も第7作目になりました。

 

 

 

 

既得権益にぶら下がっている人たちや不勉強で誠実でない健康情報発信者からは当初はかなりの感情的反発と無視を受けました。

 

 

 

しかし、皆様のおかげで徐々に真実を受け入れられる人が増えてきたという実感を得ています。

 

 

 

 

皆様の厚いご支援には深く感謝いたします。

 

 

 

今回の新刊もかなり苦虫を噛み潰している人が多いでしょう。

 

 

 

 

本著ではなぜフィッシュオイルのような危険な物質が、一般のポップカルチャー(医者の健康本やテレビショッピングも含める)だけでなく、メインストリームの現代医学でさえ推奨してきたのかという経緯についても斬り込んでいます。

 

 

 

 

 

あと何十年かかるかは分かりませんが、「オメガ3健康仮説」も必ず現代医学(およびポップカルチャー<一般健康本>)後世での大きな汚点となるのは間違いありません。

 

 

 

 

 

嘘をついて他人に迷惑をかけても、現世では上手に生き延びられるかも知れません。

 

 

 

 

しかし、来世では必ずその行為に対して”報い”が来ます。

 




この単純な因果律を理解できないという現代人の恐るべきイマジネーションの欠乏(真の教育の欠乏)の典型例がオメガ3にも表れています。

 

 

 

 

このことをたくさんのエビデンスを元に本著で記しました。

 

 

 

 

 

今回の新刊も他の健康常識パラダイムシフトシリーズを併せてお読み頂くと、生命の本質がいっそうご理解が深まると思います(^_-)-☆。

 


またたくさんの読後のご感想を頂ければ幸いです!(^^)!。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4860617177/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_8gtzCb118140A