パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『ステロイドとガン』

心身のダイエットパーソナルコーチのパレオドクタ―崎谷です。

 

 

今でも現在医学の最終兵器はステロイドコルチゾール)です。

 

 

 

私が脳外科の大学院時代に、脳腫瘍の増大で頭痛・吐き気で大学の緊急外来に来院された方がおられます。



私は取り急ぎ、脳内の圧力を低下させるために、糖液(グリセロール)を投与していました。

 

 

 

しばらくして、指導医が来て、ステロイドを増量して処方していました。

 

 

そのときは、本当に不思議でした。。。。。

 

 

 

 

ステロイドは免疫を抑えるので、ガンを産生し、増大させるはずです(コルチゾールは免疫細胞を含めたすべての細胞の糖のエネルギー代謝を低下させる)。

 

 

 

 

 

なぜステロイドがガンで使用されるかというと、ガンの増大によって、ガン細胞周囲に浮腫みをとる(炎症をとる)ために、一時的に脳の腫れが止まるからなのです。

 

 

 

 

 

最新の研究で、ガンの治療にステロイドを使用すると、ガン細胞自然死が激減し、ガンが治療抵抗性になることに注意喚起されまさした(BMC Cancer. 2006 Mar 15;6:61)。

 

 

 

 

やはり、一時的に症状をごまかす対処療法は時には必要になるときはあると思いますが(苦痛が病態を悪化させるため)、長期的影響、つまり治癒ゴールからは「対症療法の常用を避けるべき」であるというのは、鉄則ですね(#^.^#)

 

 

 

 

これは~中毒とメカニズムはまったく同じです。

 

 

 

 

苦痛を手っ取り早く取り去るために(ステロイド使用)、さらに大きな苦痛(がん、うつ病などの慢性病)を抱えてしまう。

 

 

 

 

 

人生にもステロイドコルチゾール)という落とし穴があるかも知れません(#^.^#)