パレオドクター・ヒロのブログ

ダイエット:引き締まった心身を創る

『子供への遺伝子ワクチンの悪影響はない??〜再検討シリーズ』

米国疾病予防管理センター(CDC)の所長(Director Dr. Rochelle Walensky)は、「すでに5百万人の子供に接種しているが、安全性の問題はこれまでない」と主張しています(『With nearly 5 million children getting COVID vaccines, no safety problems ha…

 『各国の遺伝子ワクチン接種率って本当??〜再検討シリーズ』

各国政府当局は、新型コロナ感染や感染関連死亡などのデータを操作していたことを繰り返しお伝えしてきました。 そして、私がずっと懸念していたことがニュース記事としてようやく掲載されました。 それは、各国の遺伝子ワクチン接種率のデータについてです…

『免疫はブーストしてはいけない〜リアルサイエンスシリーズ』

「病原体に打ち勝つためには、免疫をブーストしなければならない・・・・」 まるでお昼のワイドショーの会話のようです(^_−)−☆。 しかし、ワクチンという空想に取り憑かれた専門家たちは、本当にそう信じ込んでいます(もちろん一部のズル賢い人間は、ちっぽ…

『遺伝子ワクチンとガンの関係〜リアルサイエンスシリーズ』

すでに多くの方がご覧になっていると思いますが、米国の病理鑑定医(病理組織検査で最終的な診断名をつける)が、「遺伝子ワクチン開始後に子宮ガンの診断が20倍に増えた」事実を動画で公開しています(『Dr. Cole Concerns about COVID Mandates』URLは投稿…

『やはりパンデミックはなかった〜再検証シリーズ』

オミクロン変異株で死亡などというニュース記事が流れています(『First Omicron death confirmed in U.K. as PM warns of "tidal wave" of infections』 CBS news, DECEMBER 13, 2021)。 遺伝子ワクチン接種直後の死亡さえも「因果関係不明」なのに、どうの…

『日本:遺伝子ワクチン添付文書に注意書き追加〜予測シリーズ』

日本の厚生労働省が、現行のファイザーの遺伝子ワクチンについて、添付文書に追加の注意書きをしたことが話題となっています(『Japan Places Warning on COVID ‘Vaccines』The Exposé, DECEMBER 12, 2021)。 これは2021年12月3日にファイザーの遺伝子ワク…

『アスリートにはなぜ遺伝子ワクチンが危険なのか?』

今回の新型コロナ遺伝子ワクチンを接種した方はご存知だと思いますが、接種後数日は運動を控えるように伝えられていると思います。 最新のデータが転載されているサイトでも、判明しているだけで遺伝子ワクチンによってアスリート305人に心停止(cardiac arr…

『ドクターからのファイザーの文書についてのご質問の回答をシェアします』

『ファイザー遺伝子ワクチンの販売後調査データの驚くべき内容』の記事でワクチン接種者数についてのご質問がありました。おそらく皆さんも疑問に思われていたところかも知れませんので、私の回答をシェアいたします。 (転載開始) (医師)ファイザーのテ…

『遺伝子ワクチン接種後の副作用は新型コロナ感染??』

頭痛、悪寒、筋肉痛、発熱、めまい、アレルギー性のくしゃみ(sneezing)、嘔気、皮膚症状、鼻水、目の痛み、食欲不振、胸痛、喉の痛み、集中力の低下(brain fog)、嗄声(hoarse voice)、嗅覚障害、腹痛、下痢、耳痛、動悸、精神錯乱・・・・(精神錯乱の症…

『ワクチンは基本的に感染症を増強する〜リアルサイエンスシリーズ』

オミクロンを含めた新型コロナワクチンが効かない変異型の発生は、少なくともヨーロッパやアジアにおいては、ワクチン接種率拡大と強い相関関係があると最新の研究報告がなされています(Mechanisms of SARS-CoV-2 Evolution Revealing Vaccine-Resistant Mu…

『遺伝子ワクチン接種後の心筋炎も“こころ”の問題に??』

イギリスの医師たちは、今回のフェイクパンデミックによるストレスで、イギリス国内の30万人は心臓疾患を患っている可能性があると警鐘する記事が出ています(『Up to 300,000 people facing heart-related illnesses due to post-pandemic stress disorder,…

『ファイザー遺伝子ワクチンの販売後調査データの驚くべき内容』

先週末にファイザーがFDAに提出した新型コロナ遺伝子ワクチンのデータを55年以上かかって公開するというふざけた提案は裁判所によって否認されました。 それで仕方なくFDAが裁判所に提出した一部のデータ(2021年2月28日までの市場販売後(FDAが承認した後)…

『法律には2つあるシリーズ〜その1』

オーストリアに続いてドイツも遺伝子ワクチン未接種者にロックダウンを適応することを発表しました(『Germany targets unvaccinated ahead of push for mandatory COVID jabs』EURONEWS, 02/12/2021)。 次は刑務所か強制収容所(concentration camp)か・…

『遺伝子ワクチン対策:糖のエネルギー代謝を高めること〜エビデンスシリーズ』

日本では、新型コロナ以前に「糖悪玉説」や「糖質制限」に深く洗脳されているため、今回の遺伝子ワクチンについても的外れな意見ばかりが席巻しています。 「抗酸化物質」「オメガ3」神話も然りです。 これらも新型コロナ同様の権力者たちによるナレーショ…

『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』

『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』 オミクロン騒ぎの最中、『ポスト総ワクチン時代の処方箋〜ハチミツ自然治療の最前線』(秀和システム)が本日からアマゾンで予約開始となりました。 これが現時点での、「遺伝子ワクチンアリ地…

『遺伝子ワクチンは3ヶ月毎に接種??』

オミクロンという幻の存在を持ち出して、各国が続々とロックダウン政策を強化しています。 先日までは、シンガポールと中国という実験国だけの厳しい圧政が、世界中にパンデミックとして感染しています。 さて、イギリスはオミクロンを利用してブースターシ…

『オミクロン変異型が原因という証拠はゼロ〜検証シリーズ』

現在のところ、マスコミが計ったように騒ぎ出したオミクロン変異型による症状は軽度で、全身倦怠感、筋肉痛、頭痛などであると南アフリカの医師が回答しています(『South African doctor who first spotted the Covid omicron variant says symptoms seem ‘…

『ブースターショットとオミクロン変異型〜予測シリーズ』

すでにブースターショットの有害事象報告が出始めています(A Case of Idiopathic Thrombocytopenic Purpura After Booster Dose of BNT162b2 (Pfizer-Biontech) COVID-19 Vaccine. Cureus 13(10): e18985. DOI 10.7759/cureus.18985)。 ブースターは、市井…

『新薬や遺伝子ワクチンに重大な副作用がないとされる仕組み〜再検討シリーズ』

アストラゼネカーオックスフォードの新型コロナ遺伝子ワクチンのフェーズ3の臨床試験の結果が『ニュー・イングランド・ジャーナル』誌に掲載されています(Phase 3 Safety and Efficacy of AZD1222 (ChAdOx1 nCoV-19) Covid-19 Vaccine. N Engl J Med. 2021 …

『デルタ変異型は自殺した?〜サイエンスの袋小路シリーズ』

新型コロナ遺伝子ワクチン実験国ジブラルタルでは、ワクチン接種率は140%!を超えているにも関わらず、またまたブースターショットが開始された2021年10月11日からデルタ変異型による新規感染が爆発しています。クリスマスはキャンセルになるようです(『Chri…

『遺伝子ワクチン接種を拒んだ医師の自殺』

ドイツで痛ましい悲劇が起きました。 ドイツのクリニック(Chemnitz Clinic)の責任者を務めていたトーマス・ジェンジズ(Dr Thomas Jendges)医師が昨日(2021年11月23日)クリニックのビルから飛び降り自殺したことが確認されました(『Germany | Dr Thoma…

『新型コロナ遺伝子ワクチンの副作用には乳製品も効く』

最近は、新型コロナ遺伝子ワクチン接種後に体調不良を訴えている人が増えています。 検閲の極まっている現在でさえも、遺伝子ワクチン接種後の体調不良の書き込みをよく見かけます(ほとんどは削除されています)。 これらの体調不良はよほどのことがない限…

『フェイクパンデミックの本性が露(あらわ)に〜全体主義の到来』

週末からオーストリアの話題で持ちきりです。 遺伝子ワクチン未接種の人のみにロックダウンを施行することを決定しましたが、今度は国民全員に強制接種を2022年2月から予定しているといいます(『Austria plans compulsory Covid vaccination for all』The Gu…

『ネクスト・パンデミックはバイオテロ??』

ゲイツ君がインタヴューに出演しては、ネクスト・パンデミックと連呼しています。 先日も、バイオテロの可能性として天然痘(smallpox)が使用される可能性があるため、パンデミックを予防するために皆さんの税金が必要だと訴えています。(「Bill Gates war…

『現代社会には2つの階層がある〜俯瞰シリーズ』

ヨーロッパや米国ではなかなか新型コロナ遺伝子ワクチン接種率が60%を超えたところで足止まりし、それ以上上がりません。 オーストリアでは、新型コロナ遺伝子ワクチンの未接種者(12歳以上)だけにロックダウン政策(lockdown measures)を施行すると発表し…

『「ハイブリット免疫」という虚構:遺伝子ワクチンの効果は思ったほどではない??』

今回のフェイクパンデミックの表舞台の立役者であるアンソニー・ファウチとゲイツ君が、示し合わせたように「遺伝子ワクチンの効果は思ったほどではない」とインタビューで答えています(「Bill Gates speaks to Rt Hon Jeremy Hunt MP in exclusive Policy …

『集団精神病(マス・サイコーシス)とコヴィット〜再検討シリーズ』

先日、出版社の編集長とのやり取りで、新型コロナ遺伝子ワクチンを接種したり、推奨したりしている人間とは会話ができない(説得できない)という話がありました。また学歴が高い人ほど催眠術に罹っているという現状は今に始まったことではありません。 その…

『消毒トンネルが出現:消毒は百害あって一利なし〜再検討シリーズ』

日本人は、自らお店やデパートに入る時には、入り口に配置している消毒液を手指に噴霧しています。 手指消毒に使用される毒性物質によって、むしろ感染症になりやすくなることを拙著『ウイルスは存在しない』或いは『ワクチンの真実』で述べました。 しかし…

『子供への遺伝子ワクチン接種を止めよ』

台湾の当局は、ファイザーの12-17歳の子供に対する二回目の接種を延期する決定をしています(『Taiwan halts 2nd-dose BioNTech vaccinations for ages 12-17 amid concerns of myocarditis』Taiwan News, 2021/11/10)。 これは、一回目よりも二回目の接種…

『5-11歳の子供への遺伝子ワクチン:1人救うのに117人の命が失われる』

ファイザーは、日本国内の新型コロナワクチンの接種の対象に5歳から11歳までの子どもを加えるよう厚生労働省に承認申請しました。12歳未満を対象とした遺伝子ワクチンの承認申請が行われるのは初めてです(『ファイザー“5歳から11歳もワクチン対象に” 厚…